元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








宝塚な大晦日


2007年大晦日。
私にとっては宝塚と出会った大きな意味のある年でした
ふと振り返れば、私が悠河さんと出会ったあの宝塚の舞台から4ヶ月。
まさかこんなにどっぷりと宝塚の世界にハマるだろうとは想像もしていませんでしたが
宝塚に出会ってから、本当に毎日を楽しく過ごすことができました
凹んだり行き詰まったりした時でさえ、
悠河さんの姿を思ってはパワーをもらって頑張れる術も知りました。
また、勢いで始めてしまったこのブログですが、
悠河さんが好き宝塚が好きというそれだけでつながることができたお友達とも出会えました
私の周りには宝塚ファンのお友達がいないので、
コメント欄やブログ拍手にて声をかけてもらえると、とても嬉しい気持ちになりました
宝塚というと、なんだか特別な世界があるようなクローズな世界であるような気がしていましたが
それが杞憂であることもわかったし
悠河さんを、宝塚を好きになって本当に良かったな~と思っています。
こちらに遊びに来ていただいた皆様、本当にありがとうございますm(_ _)m
コメントやブログ拍手をいただいた皆様、
すごく嬉しい気持ちでいっぱいです ・:*:・(*´ー`喜)。・:*:・
どうぞ2008年も変わらずに宜しくお願いいたします
皆様の2008年が素敵に幕開いて、
毎日を楽しくHappyに過ごすことができますように・・・ m(゜- ゜ )

▽read more


スポンサーサイト


ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄31 23:59 カテゴリー:かしちゃん☆貴城けい comment(0) trackback(0)
▲pagetop








「バレンシアの熱い花」をケーキに


「クロニクル2007 SP宙組編」「バレンシアの熱い花」を観たら、
無性にフェルナンドが恋しくなりました。
ケーキ作りが趣味の私。
「バレンシアの熱い花」フェルナンドをイメージしてケーキを作りました

「バレンシアの熱い花」なケーキ

全体は、悠河さんをイメージして白に仕上げてあります。
最近の"大和悠河"のイメージは、ゴールドやらシルバーやらメタリックなイメージもありますが、
やっぱり悠河さんの根底は、この白だと思うのです。
ケーキ全体を覆うように、粉糖をふりかけ、
さらに悠河さんのキラキラな感じにあわせて、銀粉シュガーをふりかけました。
トップの部分には、花&花びらをイメージして、
ホワイトチョコレートスミレの砂糖漬けで飾りつけ。
本当は、エディブルフラワー:食用花でデコレーションしてみようと思ったのですが、
見た目はキレイだけど、実際あまり美味しいものでもないので・・・
ケーキの中心部分にはダークチェリーを沈めて、
ルカノールへの復讐心を表現してみました。
そして、ケーキのカット部分は赤と白のマーブル状にしてあります
赤はラズベリーのピュレを使って。白い部分はプレーンのババロア生地です。
イサベラへの想いを赤、マルガリータへの優しさを白という感じでイメージしてみたのですが、
もしかしたらこの赤と白はマーブル状に絡み合わないものなのかもしれません
フェルナンドの中で、この二つの想いはキレイに二層に分かれているものなのかも・・・。

ケーキ:カット面




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄28 23:59 カテゴリー:作品イメージSweets comment(0) trackback(0)
▲pagetop








「クロニクル2007 SP宙組編」と「大和悠河:トップスター・ロングインタビュー」


CGの放送「クロニクル2007」が始まり、宙組の放送を見ました。
2007年1月から12ヶ月の宙組の軌跡を追った番組。
私がまだ宝塚の世界を知る以前の宙組がそこに。
私の2007年の4分の3は、宝塚とは接せずに過ごしてましたから、とても新鮮な思いで見ていました
宙組トップコンビのお披露目公演として始まった宝塚大劇場での「バレンシアの熱い花」
その初日の舞台の様子も放送されていましたが、
私が見た東京宝塚劇場公演全国ツアー公演の舞台とは全く違う姿がそこに
すごくフレッシュな勢いがみなぎっているけど、なんだか荒削りな感じの舞台。
とってもキラキラと美しいけど、まだまだ未熟な感じさえする舞台。
このスタートから、11月に全国ツアーの千秋楽を迎えるまでの半年
悠河さんをはじめとした宙組の大きな変化に、改めて大きな感動を覚えました。
TVのドラマや映画では、こうやって変化していくことなんてあり得ません
生の舞台だからこそ、日々進化していくんだなぁ~って。
同じ演目でも、決して同じものなんてあり得ない舞台の世界。
だからこそ、何度も足を運びたくなるんだ・・・
年末に、改めて宙組を振り返ることで、宝塚の醍醐味を知った気がします。

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄27 23:59 カテゴリー:CS:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








組替えとか異動とか。


宝塚歌劇の公式HP
スターファイルのページ花組さんが変更になってるのかなぁ?って思って見に行ったら、
ありゃりゃりゃ おいおい、ガラッとリニューアル
ちょっとちょっと~ 変わりすぎですよ~
しかも各組トップコンビの写真しか載ってないって、ひどいではないか・・・
トップさんの掲載写真が大きくなって嬉しいけど、
二番手・三番手のジェンヌさんたちの掲載写真がなくなってしまったのはショックだわ。
・・・って、これって組替えなどの影響もあるってことか
うーん、慌しい年末を迎えている宝塚です。
でも、でも。
この宙組のトップ二人の写真は好き~
「宝塚おとめ」の写真が使われているということですが、
私は「宝塚おとめ」を購入していないので、このお写真は初見
ブルーとピンクの組み合わせがペアルックみたいじゃないですか~
しかも
悠河さんの襟元にはレースのフリル
男役さんですよ男役トップさんですよ
それでいて、こういうお洋服をサラリとセレクトしてしまうあたりが悠河さん的と申しましょうか
だって、よくよく見れば、ようこちゃんの方が凛々しくさえ思えます
だからなんだかやっぱりそんな"大和悠河"がとっても好きなのです

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄26 23:59 カテゴリー:宝塚全般 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








2007年も、もうカウントダウン・・・。


もう12月もカウントダウン
そういえばこの一年、私の部屋にカレンダーってなかったなぁ~。
手帳や携帯のカレンダーでコト足りちゃうんですよね・・・
だ・か・ら。
手元にあるこの悠河さんのパソカレなるものを、いったいどうしたらイイんだろう・・・
なかなかですね、家に貼るには勇気がいるというか
周りにあまり公言していないものですから (・・・そのためのこの場所なので
それに、カレンダーとして貼ってしまうと、
お気に入りのページがなかなか見れないというデメリットも
引き出しにでもしまっておいて、元気のない時にペラペラとめくって眺める方が効率的?
それにしても、このパーソナルカレンダー
悠河さん、かなりイイですよね~
何度ペラペラめくっても見飽きない。

パーソナルカレンダー

<表紙>
全身ゴールドの悠河さん
これでもかっていうくらいの足の長さを強調でございます
FNSの時のお衣装ですね
このちょっと挑戦的なお顔が、なんともたまりません
首のラインがセクシーなのですわ。
そして、このインナーのブラックブラウス
よく見れば、ちょい透け感のあるシフォン生地じゃぁございませんか
こちら、少々ドキッとしてしまいます

<3月&4月>
えっと、えっと どうなのよ~、これ
もうどの写真よりこの一枚が一番お気に入りなわけですが
誰もがみな、この胸元に釘付けになったに違いありませんわ
ちょっとちょっとぉ~ 開き過ぎですよ~~~~っ
しかもシャツ自体までストライプに透け感たっぷり。
悠河さんの自己プロデュース能力って、すごいなぁ~って思います
だいたい、男役トップさんで、
ここまでピンクやらイエローやらパステル調の色彩に溶け込める人っていないんじゃないの?
セクシーでいてキュート
パステル的であってポップ
こういう無限大∞的なところを突き進んでくれる悠河さんが、とても嬉しい

<9月&10月>
ぬいぐるみと一緒にプレゼントBOXに収まっている悠河さんが、なんともフィギュアのようで
こんなフィギュアがあったら、買うわ
・・・って、なんかヤバい方向に行きそうなので、やっぱり買わないわ
それにしても、どれもこれも悠河さん、やってくれますね~
豹柄を、ここまで可愛らしく嫌味なく着れるって、さすがです
まっすぐしっかりこちらを見つめているんだけど、鋭くない
むしろぬいぐるみを抱く表情が可愛らしいというか、子供のように愛しいというか

貼らないカレンダーなんていらないよなぁ~と思いつつ購入した悠河さんのパソカレ
良かったわよ、買って
っていうか。
悠河さんって、ホント策士だわ
こんな悠河さんを見たら、みーんなポッとなっちゃうに決まってる
どれひとつ取ったって同じニュアンスの表情がない。
次から次へと新しい悠河さんに会いたくなる
そんな風に思わせる仕上がりのカレンダーです。
さぁ、これを見ながら、2008年も楽しく行こう

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄25 23:59 カテゴリー:グッズ comment(0) trackback(0)
▲pagetop








イブなのにぃ~~~~っ!


折角のクリスマスイブ
なんとベッドの中で過ごしています
23日の「チャングムの誓い」を見に行った際、
いきなりの腹痛に襲われ、救急車で運ばれるという騒動。
一応最後まで観劇できたものの、なんともシンドイ観劇となりました
幸い、入院をするほどの重症ではなかったので、自宅療養
折角のイブなのに・・・。
すべての約束をキャンセルして、お家で両親&祖母と過ごすクリスマス
「CHRISTMAS PRESENT」悠河さん、何度も何度も聴いて元気をもらっています
そういえば、最後に収録されている「Silent Night」
悠河さん、2フレーズ唄ってる?
うーーん、聴けば聴くほどわからなくなっていく
まだまだ悠河さんファンを名乗るのは甘いか・・・

タカラヅカスカイステージから、嬉しいポストカードが届きました。
ペリッと中を見ると、いっぱいのジェンヌさんたちの色んなお顔~
それぞれは小さいカットだけど、悠河さんだけでも10カットくらいある~
CSの放送でのワンカットで、見たことのある悠河さんもいるけど、
この秋に私が加入する以前の放送のものなどもあって、盛りだくさんで嬉しい。

クリスマスカード

しかも、年末のCS放送の中で抽選企画があるそうで、
葉書に記載されているナンバーで抽選会が行われるんですって
何があたるかは記されてないけど 抽選で200名に何かが当たるらしい。
宝くじも買ったけど、それと同じくらい当たってほしいな~
・・・欲をかいちゃいけないか・・・
えーーー、でもどちらかなんて選べない。(・・・って、当たる気でいる・・・
だって、宝くじが当たったら、いっぱい舞台を見に行く資金に当てられるしぃ
まぁ、抽選にハズれたとしても、
このクリスマスカードはちょっと嬉しいプレゼントとなりました。
お布団かぶってダウンしていた私も少し元気になりました

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄24 23:59 カテゴリー:宝塚全般 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








貴城けいさん「チャングムの誓い」


4代目宙組トップ大和悠河さん
その一代前の3代目宙組トップを務めた貴城けいさん
お披露目公演が退団公演になってしまったという衝撃の歴史を最近知って、
かしちゃんファンの方たちはどれだけ悲しい思いをしただろうかと胸を痛めます
かしちゃん舞台は、先日CS放送のあった「コパカバーナ」を見たのですが、
スラリ長身で超美人さん&格好イイ男役さんでした
そのかしちゃんの新作舞台「チャングムの誓い」を観に、日生劇場まで

チャングムの誓い

「チャングムの誓い」は、NHKの放送で超人気が出た韓国ドラマ。
全54話という長編ドラマを、どうやって舞台にするのだろう?と興味津々
そして、さすが
舞台も3時間半という長尺舞台に仕上がっていました
ストーリーは、若干(・・・若干)TV版と違っているのですが、
まぁハイライトをよくまぁここまでまとめたなという感じ
しかしとにかく舞台転換が多く、大道具の移動が多いこと多いこと
観ているこちら側の気持ちがブツブツ切れちゃうのね・・・
粗を探せばキリのない演出ではあるものの、総体的には楽しめた舞台です
さて、先代の宙組トップのかしちゃん
男役さんが娘を演じると、どうなのかしらなんて思ってドキドキワクワク
役どころとして敵役なので、総じて笑顔の少ない役ではあったものの、
かしちゃんはとっても美しくなーーーんの違和感もなく、とっても素敵な女性でした
思いを寄せるジョンホに対しての柔らかにはにかむ笑顔大好きです。
相対するチャングムたちに見せる悔しさや不安の表情も見事に演じておられました
特にこの作品は、宮廷での儀礼に乗っ取って、
女性たちは衣裳の下にが手を隠しているので、体の表現に制限があるため、
かしちゃんのように表情豊かな役者さんが特に際立って見えました
そして何よりもさすが宝塚なのは、その姿勢。
周りの誰と比べてもスッとした姿の美しさは必見モノでした。
男役かしちゃんが、娘役として最期に愛するジョンホの胸の中で息を引き取るあの表情の美しさは、
特に印象深く残っています
こんな風に退団後も活躍を続けていく卒業生の姿を見ると、
何かとても安心した気持ちになるものです
カーテンコールで最後に舞台を降りてこないかしちゃんというのも、
なんか変な感じがするものですが、
美しい笑顔で深々とおじぎをするかしちゃんに、なんだか胸がじーん
素敵な舞台をありがとうございましたm(*‥*)m

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:観劇
2007⁄12⁄23 23:59 カテゴリー:かしちゃん☆貴城けい comment(0) trackback(0)
▲pagetop








組長さんの退団・・・。


宙組さんの新作品「黎明の風」の集合日
年末押し迫った中だけど、悠河さん頑張れ~
専科:轟さんとの共演は緊張なのかな~?ファイトー
なんて、ただただ無邪気思っていた私
宝塚若葉マークの私にとっては、集合日がこんなビックリな日であることを初めて知りました
退団者の発表って、こんな風に突然知らされるものなんですね・・・

>宙組 退団者のお知らせ
>下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。
> (宙組) 
>  美郷真也
>  音乃いづみ
>  彩羽真矢
>     2008年5月18日(宙組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団


そうなんだぁ・・・
まりえさんは、勝手に専科に行くんだろうなぁ~的に考えていたのでビックリです
助演として、とても素敵にお芝居にスパイスを加えてくれるキーマンでした。
千秋楽では、いつも非常に温かい言葉で幕を閉めてくれていたまりえさん
まりえ組長さんの優しい雰囲気で宙組は温かく包まれていたように感じていました。
卒業後はどのようにされるのでしょう。
味わい深い演技力を持つ彼女のことですから、舞台役者さんなどになられて活躍して欲しいです
といっても、あと半年。
最後まで宙組を引っ張っていって欲しいです。
そして、宙組ファンの一人として「黎明の風」では、一生懸命応援して行きたいと思います

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄22 23:59 カテゴリー:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








「GRAPH」の続きと「とくばん」のAQUA5


あまりにも見所満載な「GRAPH1月号」
こちらではトップスターさんたちのポートレートのお話だけで終わっちゃったので
他のコーナーについてもちょっぴり

「もしもし交流館」
新しく始まった「もしもし交流館」というコーナーも楽しくてイイ
他のトップさんから届いたメッセージに対して、
一人のターゲットトップさんがお返事するというコーナーですが、
トップさん同士の関係性が見えるようで面白い
今回のターゲットは、水さんでした。
掲載の会話口調がナチュラルな感じなので、想像しやすくて
このコーナー、各組持ちまわりなんだろうなぁ~
今後が楽しみ
悠河さん、なんか腰低そうなイメージが

「Up date」
蘭とむさん「Up date」も嬉しい~。
公演でのポートレートもキレイで素敵です
ある日の一日のスケジュールとか、ちょっとでも垣間見れるのって嬉しいなぁ
舞台では超格好良くキメてくれる蘭とむさんですが、
このコーナーのあちらこちらに散りばめられた蘭とむさんの切り抜きPhotoが、
なんとも女性らしい愛らしい表情がたくさんで魅力的です

「次号予告」
来月号は、表紙に蘭とむさんようこちゃん登場
きゃぁ~ん、嬉しい
そして、「Up date」のコーナーには悠河さん登場
もう待ち遠しいったらありゃしない
来月も、発売日にしっかり本屋さんに行かなければ


▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄21 23:59 カテゴリー:書籍 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








GRAPH1月号


あちらこちらで話題に上っているGRAPH1月号
やっとこさ私もGETしました
お正月のトップスターたちのポートレート
華やかでうふふふ~
まだクリスマスも来ていないのに、お正月が来ちゃった~
それぞれ見開き1ページっていうのはかなり嬉しいヽ(。´▽`。)ノ
お着物を飾ったり、羽織ったり、着こなしたりと色々なアレンジ。
で。
悠河さんは~
ひゃぁ~~~~
噂には聞いていたけど、すごぉ~い 完全に悠河さんに釘付け
シルバーですっ
っていうか、メタリックですっ
シルバージャケット&シルバーパンツ&シルバーベルト&シルバーシューズ。
ディズニーランドのスペースマウンテンあたりで登場しそうな
後ろに飾られたお着物が、なんだかお着物に見えないくらい、スペーシーな世界です。
悠河ワールドっていうのかしら
確実に他の組とは方向性は違っているようですが
それでもドカーンッとやってくれちゃうのが、我らが悠河さんです
ホント、こういうのは絶対に悠河さんしかできません
他の人がやっても、ただの消防服になっちゃいますから(笑
いやぁ、しかしどこで買うのこういう服・・・。
ちゃっかりと衿元がおリボンなのが可愛い~
サイドを後ろに流して、ハラリと前髪が降りてるこの髪型も好き~
襟の高いお洋服のせいかしら?少し頬周りが柔らかくなった感じでホッとしました
「悠河(優雅)に宝塚」のyugani_takarazukaさんが、ご自身のBlogでもお話されていましたが、
大和悠河の文字って、キレイな文字バランスですよね~
特に和文字で書くと、すごい趣のある感じになります

大和悠河

そして、我らが姫、ようこちゃん
やっぱり悠河さんの隣にいられるのは、貴女しかいません
ぜーんぜん宝塚の娘役っぽくないこのお写真
この帯、好き~
このままモード系ファッション誌に登場させたいくらいです
ネイルだってゴールド
こうやって"普通"の枠から飛び出しちゃう無限な感じが、やっぱりこの二人なんです~

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄20 23:59 カテゴリー:書籍 comment(4) trackback(0)
▲pagetop








星組さん「エル・アルコン」千秋楽に☆


サーフボードに乗っていろいろとネットサーフィンをしていたら、
先日の星組さん「エル・アルコン」の千秋楽では、
卒業の彩愛ひかるさんへのお花お渡し悠河さんだったとのこと。
スカステのOAを見ていたら、宝塚大劇場の千秋楽の様子が放送されました
今にも泣き出してしまいそうな彩愛ひかるさん
視線を向けた下手からサッと登場は我らが悠河さん
ブラックのパンツ&ジャケットにインナーは白シャツ。
スリムなマニッシュなデザインは悠河さんならでは
ジャケットの下の部分はカマーバンドみたいにサテン生地になっていて、
一筋縄ではいかない(←褒めてます) デザイン性の高いファッションも悠河さんならでは
同期の彩愛ひかるさんへ優しくお花を手渡す悠河さんは、
持ち手部分のリボンを直してあげて。
こういう優しい気遣いはとっても悠河さんらしい
マイクに通らない声で、彩愛ひかるさんに声をかける悠河さん
「頑張って」って言ったのかな? 「かわいいよ」って言ったのかな?
私に読唇術があったらなぁ~
大切な同期:彩愛ひかるさんを見る温かいお顔は、
「頑張れよ」って背中を押してあげるお兄ちゃんのようで
宝塚という上級生・下級生の関係性の厳しい世界では、特に同期の存在って大きいんだと思います。
そんな同期が一人二人と卒業していっちゃうのは、
悠河さんにとっても寂しいことだと思うけど、悠河さんは、長く長く頑張って欲しいなぁ~


▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄17 23:59 カテゴリー:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








チケット購入&六甲のおいしい水


『黎明の風』宝塚大劇場のチケット一般発売日
"ぴあの窓口でチケットを買う"という経験がなかった私。
ちょっとドキドキしながら発売開始時間の20分前に行ったものの、整理番号24番llllll(- _ -;)llllll
うぅ~、そうなのかぁ、、、厳しいっ(×。x)
AM10:00を迎え、チケット入手できるのかドキドキしながら待つこと30分。
S席最後列の席ではありましたが、なんとか希望日のS席をGET
宝塚まで行くとなると、やっぱり平日は厳しいので、チケットが取れるかドキドキしていたんです。
よかった~ε-(^、^;

黎明の風:チケット

とはいっても、私が悠河さんに会えるのは3ヵ月後
自分自身の踊りの舞台が3月に行われるので、
どうしてもそれまではそちらに集中しなければならない状況です
一日も早く宝塚に行きたい気持ちを抑えて、私も自分のレッスンをしっかり頑張ろう
悠河さんに会えるのは、そのご褒美だいっ


▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄15 23:59 カテゴリー:宙組 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








友の会


やっぱり宝塚を好きになったら入っておいた方がいいのかなぁ~
なんて思って入会手続きを進めた「宝塚友の会」
ガイドブックに続き、「会員選考販売のお知らせ」の冊子が届きました。

友の会:ガイドブック

なんか、今後の公演案内がずら~っと出ていて、それを眺めているだけでも夢が膨らんで楽しい
あれも行きたいこれも行きたいって思うけど、
宝塚の公演って平日は18:30開演ということでちょっと早いんだよなぁ・・・
会社の定時が18:30までだから、通常では行けないし
かといって、土日のチケットはなかなか取れないし。
ジレンマだわ

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄13 23:59 カテゴリー:宝塚全般 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








スカイステージ:オリジナルスクリーンセーバー


ただ今タカラヅカ・スカイ・ステージのメルマガに登録していると、
「オリジナルスクリーンセーバー」をGETできるキャンペーン中です
12月19日まで受け付けているそうです。
コレ、ちょっとしたクリスマスプレゼントです
さすがに職場のPCに落とす度胸はないですが
さっそく自宅PCで使ってみました

2007.06:悠河さんお披露目特集

2002年の開局からの5年間の「TCA PRESS」の表紙がスクリーンセーバーになっています
思わず見入っちゃうんですよセーバーが立ち上がると
マウスを動かすとセーバーが切れちゃうので、(スクリーンセーバーだから当たり前
なかなか作業が進まなくなるというデメリットありです(笑

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄12 23:59 カテゴリー:宝塚全般 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








オリコンアルバムチャートイン


かなりのヘビーローテーションで『CHRISTMAS PRESENT』を聴いています
・・・っていうか、ローテーションも何も『CHRISTMAS PRESENT』しか聴いてない勢い
おかげでお仕事中もクリスマスモード(
朝は出勤までの時間を悠河さん「ラストクリスマス」で☆
「ら~すくりすます あいげいびゅーまいはー」
もう一日朝からイイ気分
通勤時間は「Song of X'smap」で。
ノリノリのテンションが通勤時間にはピッタリなのです~
ホントはココでも悠河さん「ラストクリスマス」で行きたいとこなんですが、
「Happy Christmas」のセリフみたいな部分で、ニマ~ッとしちゃいそうな自分が怖くて

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄10 23:59 カテゴリー:宝塚全般 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








阪急すみれ会パンジー賞


スカイステージのニュースで、「阪急すみれ会パンジー賞」の授賞式の様子が流れました。
大好きな宙組スッシ~さんが助演賞を受賞
ダンスがすごく上手なスッシ~さん
「バレンシアの熱い花」では味のある役を演じていて、目を引きました
受賞インタビューでは、
「これからも大好きな舞台を一生懸命頑張って参りたいと思いますので、
 どうぞ宜しくお願い致します。
 本当にありがとうございます」

とご挨拶されていました。
なんか胸元にフリルいっぱいの黒いお洋服がすごい
先日お見かけしたときのカジュアルな感じとはまた全然違う、
ドレッシーな感じが男役さんといえど女性らしく、こういう場に似合っていてステキです
助演賞って、ある意味では主演よりも難しいと思う
主演の様に立ってしまってはいけないし、味を出していかなければならないし
こういう脇固めがしっかりされているからこそ、
トップである悠河さんも『悠河さんらしさ』を発揮して舞台に立てるんだよな~と改めて思いまた


▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄06 23:59 カテゴリー:CS:宝塚全般 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








FNS歌謡祭


どれだけのヅカファンたちが、この日TVの前に正座していたことでしょう
かく言う私はお仕事でリアルタイムでは見られませんでした
もう夕方ごろから、今頃品川のホテル会場でリハとかしてるのかなぁ?とか。
悠河さんの"きっと今頃・・・"を容易に想像できるこの日が嬉しかった
ここ数年はあまり見ることのなかったFNS歌謡祭。
以前は他のお気に入りのアーティスト目当てでチャンネルを合わせていたこともあったけど、
まさかジェンヌさん目当てで録画予約する日が来ることになるとは

FNS歌謡祭

リアルタイムで見れなかったのは残念だったけど、
「まだ出てこない、まだ登場しない・・・」のもどかしさにやきもきすることもなく。
見ない部分はビヨヨヨ~~~ンと早送りできちゃうし~。
と思ったら
CMに入る前や他のアーティストが歌っているときも、
テーブル席の様子がカメラカットで映るので、なんだか気が抜けません
「早送りなんかしちゃダメよ~」
「ちゃんとしっかり見ておきなさいよ~」
と言わんばかりに、チョコチョコとテーブル席のジェンヌさん達が映るじゃありませんか
まだ歌の登場じゃないのに、
「現役バリバリの宝塚の皆さんもいらっしゃいますね~」という剛君の方からの振りで
カメラのカットは悠河さん水san
アハハと笑うお二人の様子にキャァァ~~~~ン
あぁ、かっこいいわぁ~ステキだわぁ~
まぁね、そんなコト、はなからわかりきっているコトなんですけどね
だって、だって、それに
なんかホームじゃない感じのこの表情が新鮮なんです
しかもこの悠河さんのゴールドスーツパーソナルカレンダーのスーツだぁっ
ヒロミGOも顔負けですがな
こういう華やかな席であることを考えてのお洋服セレクト (・・・かどうかは存じませんが
もうサスガです
それにしても皆さん、最初からテーブル席で他のアーティストの方たちを見てたんですね
少しは楽しめたかな?
歌前のインタビューで、
「クラシックのアーティストとして、自分は縁のない世界だと思ってたんですけど」
と秋川さんが話してましたが、
宝塚のファンとして、FNS歌謡祭に宝塚は縁のない世界だと思ってました
ので、非常に嬉しいです

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄05 23:59 カテゴリー:その他 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








「CHRISTMAS PRESENT」~DVD~


珠玉のクリスマスソングCD&DVD。
は、一度見始めちゃうとついつい巻き戻したりしちゃってなかなか先に進みません
だって、久しく会えていない悠河さんが目の前にいるんですもの~
TVの前でものすご~く幸せ気分を味わいつつ

さて、そんな風に私を幸せ~にしてくれた悠河さんは、もうただただ『可愛いっ
男役さんなのに「可愛い」ってダメ
だけど、悠河さん絶対その辺り自分でわかってやってると思うんですよね~
シルバーのブラウスでしょ~。
なんかとってもクリスマス仕様で、衿元にフワフワのついた小さいボレロ(ベスト?)も着ちゃって
ホント、オシャレさんだなぁ
こういう悠河さんは、「悠河さん」っていうより「タニちゃん」って言いたくなる。
あぁ~、ダメだ。このDVDみてから、ちょっと壊れ気味の私です

歌詞カードPhoto

レコーディング
一生懸命唄ってる悠河さん、もうギュ~ッとしたくなるよぉ
いつも舞台を見ては、「こんな悠河さんにギュ~とされたいっ!」なんて思うけど(爆)
今回ばかりは立場逆転な感じ
悠河さんの良い表情を沢山収めてくれているカメラマンさんに拍手です
ちょっとアオリ気味で撮ってるカメラアングル、好き~
悠河さん、お顔が小さいから、ヘッドホンがやたら大きく感じます。
真剣に譜面&マイクに向かう悠河さん
ちょっと唇を尖らせる悠河さんのこういう表情が好きなんだよなぁ~
ヒョイヒョイと右足を踏んだり、右手で腿叩いたり、
左手でリズムを取ってるのも愛らしい。(この靴、可愛い~★)
「悠河に夢を見る」あいsanがBlogでも言ってたけど、
確かに悠河さんの手って、スラリと細いのに骨っぽいなんか愛しい手です~
スタジオに入ってくる時、カメラに向かって「ニヒッ♪」とするのもGoo
スタジオで一人譜面確認している自然体の感じもイイ。
食い入るように譜面を見つめて音取りしているところとか、譜面に書き込みしていく悠河さんとか。
そうそう、レコーディングスタジオって、
録音時には一人ぼっちになっちゃうから、ちょっと心細いんですよね~
歌の録音ではないですが、過去にナレーションの録音を何度かやったことのある私。
あの空間、無音状態のブースだし、
ヘッドホンとでしかスタッフさんと繋がってない状態が、こそばゆい感じになるんです。
まぁ、その辺はプロの悠河さんですから、そんなこともないでしょうけど
録音スタッフさんからキュー出しされるまでの悠河さんの表情に、
なんとなくそんなコトを感じたりしました

インタビュー:クリスマスの思い出
クリスマスの朝に隠れているプレゼントを探し当てるのが楽しみだったとのこと。
お兄ちゃんと二人でアッチだコッチだとお家の中を駆け回っている様子が目に浮かびました。
イブの夜は、「明日サンタさん来るよね~」なんて、
お兄ちゃんと話しながら眠ったのではないかしら。
・・・勝手な想像

インタビュー:クリスマスといえば
クリスマスツリーの飾りつけを家族みんなでしていたなんて、可愛い思い出だなぁ~
我が家の場合は、兄弟でツリーの飾りつけをしていると、よくケンカになってたなぁ
きっと悠河さんの家では、そんなこともなくステキなツリーが飾られたんだわ
し・七面鳥を買ってきてくれるお父様って
なんかスゴイ
・・・ケ○タッキーを買ってくるのが恒例だった我が家とは違うわ・・・

インタビュー:サンタクロースは信じていますか
この質問もまたスゴイな
「信じていましたか?」ならわかるけど(苦笑)
「サンタさんはいますねぇ~」とムギュ~ッとした笑顔になっちゃう悠河さん
いやぁ、その口ぶり、信じてないでしょぉ?(;¬_¬)
でも、子供のころ、真剣に信じてたんだろうなぁ~
私はいつごろまで信じてたかなぁ?忘れちゃったなぁ~
今は、悠河さんがサンタさんくらいな気持ちです

いつもじゃ見られない悠河さんがいっぱい映ってるのが嬉しい。
やっぱりDVD買って良かった~
イヤイヤイヤ
悠河さん
のことしか綴ってないのに、こんなに長くなっちゃった

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄04 23:59 カテゴリー:グッズ comment(2) trackback(0)
▲pagetop








天海祐希さん「テイクフライト」


天海祐希さんが出演する「テイクフライト」を観にいってきました
宝塚時代の彼女のことは知らないけど
(・・・天海さん現役ジェンヌさんの時代は、まだ宝塚に興味がなかったので・・・
TVや映画などで活躍する彼女が大好きで、今回初めて天海さんの舞台を観てきました。
開幕直前にお父様を亡くされて大きな悲しみの中でのあの舞台。
辛さを乗り越えながら、舞台上であんなに明るく立ち振る舞う天海さんって、
本当に素晴らしい舞台人だと思います
そういえば、悠河さんって「天海祐希の再来」と注目を浴びてきたんだっけ
私がロックオンするタイプって、ぶれてないじゃない

「テイクフライト」パンフレット

ストーリーは、空への夢を思う3組の飛行パイオニアの夢・希望・苦悩を描いた物語。
世界初、飛行機を発明したライト兄弟(=池田成志橋本じゅん
大西洋単独無着陸飛行に初めて成功した飛行家リンドバーグ(=城田優)
女性として初めての大西洋単独横断飛行を成し遂げたアメリア・エアハート(=天海祐希)
この時間軸の違う3組のストーリーが舞台上で少しずつリンクしながら進みました。
この時代背景がちゃんと認識できていなかったので、若干ストーリーは難しかった・・・
もう何回か見てみたいな~と思うけど、叶わなそう(

以前TVのインタビューで見た時、
今回の舞台では「唄が難しい」と仰っていた天海さんですが、
気持ち良く伸びていく唄声にウットリ
お顔が小ちゃく、スラッとした天海さんなので、舞台でもそれはそれは美しい
もう彼女が舞台に出てくるだけでパーッとステージ上が華やぐからスゴイ
お衣装もどれも似合ってたし、あのショートボブの髪型もイイ
どのシーンも好きだけど、
特にジョージの事務所を初めて訪れた時、
機関銃のようにテンポよくしゃべる天海さんがすごくイイ~
快活なアメリアというキャラクターが天海さんにぴったりな感じで、
カッコかわいく、絶妙に演じられていました
出演者全員が出てのコーラスは、鳥肌が立つほどにステキでイイ曲
全体的に唄が多くて楽しめたけど、個人的にはダンスシーンもあったら良かったのになぁ
ちょっと残念な感じも・・・。

パンフレット☆天海さん

▽read more





2007⁄12⁄02 23:59 カテゴリー:ゆりちゃん☆天海祐希 comment(6) trackback(0)
▲pagetop








「CHRISTMAS PRESENT」~CD~


やってきましたサンタさん
16年ぶりという宝塚から発売されるクリスマスソングCD
「CHRISTMAS PRESENT」とはなんとピッタリなタイトルなのでしょう
ジャケットとかもすごいクリスマスらしくて、可愛い
ホントにこのシーズンに一番嬉しいプレゼントとなりました。

X'masプレゼント

初回限定版では、レコーディング風景などのDVD付きも販売。
どう転んだってDVD付き購入でしょう
というわけで、さっそく予約を入れたものの、
不在続きで受け取りできず、ようやく手に入れられたクリスマスプレゼント
さて、どちらから開けるか・・・
ちょっと悩んだけど、やっぱり舞台も終わってしまってちょっと悠河さんに会えてない寂しさから、
まずはDVDから再生。
そのキュートさにノックアウトされつつ
なんかと~っとも幸せ~になって
そのまま寝しなもお布団かぶりつつ悠河さんの声を聞きながらそのまま夢の中へ~
まずは全編聞く前に悠河さん「ラストクリスマス」
冒頭の「Ahh~、Woo~Oooo~」の声。
あぁ~悠河さんだぁ~
まぁ、「とてもお歌がお上手」というわけでは決してないのですが
(・・・こればかりは仕方ない
でも、とにかく悠河さんらしくて、非常に愛らしいのです
全部英語で歌い切る悠河さんに心いっぱいの拍手~
コンポで部屋中を悠河さんの声で満たすのもイイけど、
ヘッドホンで耳元で悠河さんを堪能するのも幸せ~
「Happy Christmas」のセリフっぽいトコロを存分に味わえるのです
ってな具合でもう本当にメロメロです


▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2007⁄12⁄01 23:59 カテゴリー:グッズ comment(2) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

カレンダー

11 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2007 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。