元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








2/28 雪組「ミロワール」18:30公演


ショーの方は、もうすごいキンキラのキラッキラ
目がやられちゃうっって思うくらいにゴールドしてました
とってもゴージャスで宝塚らしくて良かったです
2F席からの観劇でしたが、この作品は2F席から見ると隊形とか楽しめてイイかも。
・・・でも、ジェンヌさんたちの客席降りがあるから、
そこが見れないのは寂しいかな・・・

▽read more


スポンサーサイト


ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄28 21:30 カテゴリー:君を愛してる/ミロワール comment(0) trackback(0)
▲pagetop








2/28 雪組「君を愛してる」18:30公演


宝塚大劇場では、宙組さんが頑張っている最中ではありますが
さすがにそうなんども宝塚まで足を伸ばすことが難しいので・・・
東京公演中雪組さんを観にいってきました
"初"雪組さん公演です
自分の踊りの公演を週末に控え、ジェンヌさんにパワーをもらいに行ってきました

開演前の放送から、水さん節って感じでワクワク。
ちょっぴり早口で、チャキチャキした感じが水さんらしい~っていう印象
それにしても雪組さん公演。
とにかく底抜けに明るい作品で
ノーテンキ具合が楽しい
ザ・ピンクな世界だし。
宙組作品の扱っているテーマが重めである故に、全然違ったタイプの作品に若干の戸惑いも
でも、素直に楽しんでこれたので良かったです

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄28 20:00 カテゴリー:君を愛してる/ミロワール comment(0) trackback(0)
▲pagetop








NOW ON STAGE:宝塚大劇場公演「Passion 愛の旅」


「えー、今回はショーでも轟さんに出ていただいて、ホントに"Passion 愛の旅"ですので、
 色んな国に行って、色んな愛を表現しているんですけれども。」

ショーのお話は、まず悠河さんが口火を切って始まりました。
「オープニングがまず、イシさんのあの燕尾を着て、
 あそこがすっごい舞台稽古を見ていて格好良くって。」

悠河さんが、轟理事イシさんって呼んでる~
なんか、すっかり馴染んだ感じでファンとしても嬉しいな~

お話はまずオープニングの場面から
お衣装がとってもきれいで、
特に女役さんのえんじの衣装は、近くで見るより客席から見るとよりきれいらしい
確かに、初日の映像をTVで見たときは、ちょっと地味なイメージがあったけど
実際に舞台で観たら、すごくキレイだなぁ~って思いました。

耳残りの良い主題歌「Passion愛の旅」は4回登場
その話題になって、ちょっぴりお口がへの字になるみっちゃん
「どうしたの?」
という蘭とむさんに、
「色んな歌詞の種類を知ってて・・・」
と言い訳顔のみっちゃん
全部の歌詞を歌っているのは、みっちゃん轟理事だけなんだとか
みんなの倍量の歌詞を覚えているみっちゃん轟理事は、
歌詞"てにをは"間違えると大変なんですって
「今まで作詞したことはないんですか?」
とちゃっかり轟理事に突っ込みモードの蘭とむさん
そこに追い討ちをかけるように悠河さんの発言
「結構ね~、イシさんはちょっとね♪」
と、いたずらっ子みたいな顔で突っ込む悠河さんに、
"それは言っちゃダメだよ~"的な轟理事がちょっと可愛い

「Passion 愛の旅」


その後に、悠河さんしっかり仕返しされます
「でも、でも。プロローグの歌に限らず、今回の矢部先生から、
 "轟さんと大和さん、歌詞覚えて下さい"って。」

いきなりバラされて、頭抱えてガックリ Σ( ̄ロ ̄ll) の悠河さんがさらに可愛い

Passion 愛の旅

「アタシ、あれどーしても覚えれなくて・・・
という悠河さん
"帰りこぬ青春"の部分で歌詞が何度やっても同じところで間違えて・・・。」
今度、ここは悠河さんが苦労したとこなんだ~って思いながら見れるわ
頑張れ~って思っちゃうかも

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄18 23:59 カテゴリー:CS:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








NOW ON STAGE:宝塚大劇場公演「黎明の風」


「黎明の風」NOW ON STAGEは、男役さんばかりが勢ぞろい
ようこちゃんがお休みなので、こういう顔ぶれになったのかどうかはわかりませんが、
これもまた新鮮な感じで面白いです
センターに轟理事
その右サイドに悠河さん、左サイドに蘭とむさん
一番右サイドにともちん、一番左サイドにみっちゃん
悠河さんは、いつものスーツルック。
ベージュのスーツに黒シャツをあわせています
ベルトは、DCのロゴ入りのヤツ
悠河さんにはおなじみです
マッカーサーモードの悠河さんは、もちろん金髪
フワリとした感じにセットされた髪型は、マッカーサーとはまた全然違った雰囲気で素敵

NOW ON STAGE「黎明の風」

でも・・・。
やっぱり宙組トップの悠河さんには、センターに座って、座談会を仕切って欲しかったなぁ~
まぁ、轟理事がいらっしゃれば、その座を譲るのが当たり前なんですけども・・・
この「黎明の風」お稽古が始まった当初のスカイレポートでは、
轟理事まりえ組長さんを前にすっかり下級生モードだった悠河さんですが
このNOW ON STAGEでは、ずいぶん和やかに柔らかい雰囲気
お稽古、そして公演を通して、
轟理事を交えた宙組が良いムードの中進んでいる様子が伺えました

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄17 23:59 カテゴリー:CS:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








NHK HV放送:「バレンシアの熱い花」「宙FANTASISTA!!」


NHKのHV放送となった「バレンシアの熱い花」「宙FANTASISTA!!」
ここ最近、すっかりマッカーサーモードになっていたの、すごーく新鮮
だって、あのビジュアル系トップコンビがハイビジョンで堪能できるって、すごい嬉しい
そして、何よりも「黎明の風」でお姿を見ることができないでいるようこちゃんの姿に涙
悠河さんようこちゃんのデュエットダンスに、知らない間に涙が流れてました。
あぁ~、私はこんなにもこの二人のコンビが好きなんだって実感。
ようこちゃんにはじっくりと時間をかけて、しっかりとケガを直して欲しいけど、
早く彼女の元気一杯の姿を見たい気持ちも本音
ファン心理とは複雑なものです
画像が美しく、キレイな宙ジェンヌさんたちが見れるというのはもちろん
このNHKが撮影をするカメラワークが楽しくて、
いつもと違った作品の楽しみ方ができました
銀橋の真下あたりからあおりで撮っている場面などは、
きっとスカイステージやDVDではなかなかないんじゃないかなぁ

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄16 23:59 カテゴリー:その他 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








行ってよかった♪


初めての宝塚遠征を済ませ、
日帰り往復にちょっとハードさを感じながらも、
あのハッピーな気持ちを思い出しながら、余韻にひたっています
宝塚って、深いなぁ~って
日々進化しながらも、変わらないものが根底にあって
舞台に立つ端から端のすべての人たちが自身で舞台を楽しみながら、
客席を楽しませるために精一杯のエネルギーを使ってくれる
悠河さんの、宙組のキラキラに輝いたパワーをいっぱいに浴びてきました
自分の踊りの公演を半月後に控え、
スケジュール的宝塚まで行くのは厳しい状況でもありながら、
それでも行ってきて良かった
とっても大きなパワーをもらって帰ってきました。
このパワーを活かして、あとは自分のことに集中して頑張ろう
規模もレベルも全然違うけど
同じ"舞台"というものに爪の先っぽをちょこっと乗っけている身
自分自身で舞台を楽しみながら、
舞台に向けて精一杯のエネルギーを注げるように





2008⁄02⁄15 23:59 カテゴリー:Dance comment(0) trackback(0)
▲pagetop








2/14 宙組「Passion 愛の旅」15:00公演


2回の公演を終えて、宝塚大劇場を出たとき
ちょうどバウホールで公演をしていた真野すがたさんが、
公演を終えて楽屋出をしてきたところでした
バレンタインだったこの日、
ファンに囲まれて小さなプレゼントを受け取りながら、
穏やかな笑顔で応えていたのが印象的

真野すがたsan

すごく名残惜しい気持ちを抱えながらも ハッピーな気持ちに包まれての帰京です
以下は、「Passion 愛の旅」2回目観劇の感想など


宙組 「Passion 愛の旅」11:00公演 宝塚大劇場 1階4列3番にて

宙組をこんな前の席で観るの、初めてだから
私の宝塚デビューの「バレンシア~」の時も、良席だなぁって嬉しくなってたけど。
それでも7列目だった
端席だけど。
端席だから。
舞台に立つ、特に花道を通る宙ジェンヌたちの息遣いも聞こえてくる
幸せだ~
銀橋を渡ってくる悠河さんの姿があまりにもキラキラとまぶしすぎて、
このまま失神しちゃうんじゃないかって

このショーは、悠河さんのPassion轟理事のPassionの対比が面白くて、
一緒の舞台に立つからといって、
そのお互いのカラーをあえて混じり合わせない演出がいいなって思いました。
一言にPassionといっても、色々な形のPassionがあるんだなぁ~
静かに燃えるPassion
はじけるようなPassion
穏やかに優しいPassion
華やかに熱いPassion
一回目の観劇の時は、なんとなく全体の感じがブツ切れのように感じちゃったけど、
悠河さんのPassionと轟理事のPassionが少しずつ重なりながら
でも、決して完全には交じり合わなくて。
宙ジェンヌたちの色で初めてキレイな色彩で統一されていくような感じ

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄14 18:30 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








2/14 宙組「黎明の風」15:00公演


午前の部を見終えて興奮気味の私
東京宝塚劇場よりウンと広い宝塚大劇場
東京からはるばるここまでやってきたという感慨深い思いを抱えながら一回り
そうそう、この階段
悠河さんようこちゃんがCMの撮影で降りてきたトコだ
悠河さん、ここ歩いてるんだよね~
そう思いながら一段一段踏みしめてみたり

階段

続いて。
午前のお芝居&ショーでヒートアップした気持ちを抑えるためにも外の空気を吸ってこようと、
花の道を散策
そうこうしている間に、結局アッという間に午後の部までの1時間なんて過ぎてしまって
ホントに感心してしまいますが、
たったこの1時間で衣装替えしてメイク替えして、少しのブレイクを入れて。
ジェンヌさんのタフさ・器用さには心底驚かされます


宙組 「黎明の風」11:00公演 宝塚大劇場 1階4列3番にて

2回目の観劇は、少しは落ち着いて見れるかなと思っていたのですが。
この2回目の公演は、端席といえど前から4列目
花道を出入りする色んな人に目を奪われ、
1回目とはまた違った意味で大興奮の観劇となりました
1回目よりも2回目
腰をすえて見れば見るほど、悠河さんの大人ぶり・落ち着きぶりにハッとさせられます。
決して臭すぎず、淡白すぎず
(・・・悠河さんに関して言えば、淡白になることはないだろうけど
悠河さんの作り上げたマッカーサー像がしっかりとそこに存在しているのがわかります。
ジーンと向き合うときの甘い表情も
フィリピンを脱出するように言われる時の苦渋の表情も
テレビャンコに対する威圧的な態度も
朝鮮戦争において白州さんに対して激昂する態度も
悠河さん自身がもともと持っている輝きと、
悠河さんが今回しっかりと研究して仕上げたマッカーサー像が見事に組み合わさって、
非常にリアルなものに感じられます
「黎明の風」におけるマッカーサーにしっかりと命を吹き込んで
カリスマ性の高いマッカーサーを非常に安定した形で見せてくれているその姿に涙します
悠河さん、本当に格好イイよ
以前のCS放送轟理事まりえ組長さん3人での対談番組では、
すっかり可愛い下級生モードだった悠河さんが。
ひとたび舞台に立てば、微塵もそれを感じさせない気迫
舞台人たるものというのを見せてもらっています

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄14 18:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








2/14 宙組「Passion 愛の旅」11:00公演


私が初めて見た宙組のショー 「宙 FANTASISTA!!」があまりにも好きなショーだったので、
今回の新しいショーが一体どういうものなのか、正直不安だったりもしました

やっぱりコレはコレで好きだぁ~
多少、思うところはあるけど
私の好みの箇所が多くて、これまた通えますっ
時系列順に追って感想など

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄14 14:30 カテゴリー:大劇場公演 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








2/14 宙組「黎明の風」11:00公演


バレンタイン・デー
世の中は沢山のハートがあちこちで飛び交っている中、
私も愛しのあのお方に会うべく、遠く足を運んでまいりました
私にとって、初の宝塚大劇場
朝6時台の新幹線に乗るべく、まだ空が白み始めた時間に家を出て、
ドキドキ&ワクワクな気持ちを抱えて、いざ大阪へ
新大阪から電車を乗り継いで目指した宝塚駅
劇場までの道に不安があったものの、なんとなくの人の流れに乗って歩き進むと、
きゃぁ~"花の道"

花の道

話でしか聞いたことのない"花の道"を目の前に、感慨もひとしお(゚ーÅ)
さぁ、いよいよ踏み入れる宝塚大劇場
カフェテリアやお土産屋さんなどが立ち並び、
劇場というよりも、どこかテーマパークのような印象さえ受けます
広々としたエントランスや高い天井などに気持ち高ぶりながらも、
刻々と迫り来る宙組の新作の公演
プログラムを手に入れて、客席に腰を落ち着けると、
もうそれだけで幸せな気分でいっぱいになりました
以下あらすじを追いながらの感想です。(注:ネタバレ満載)

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄14 14:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








星組千秋楽の模様


CSのニュースで、星組公演の千秋楽の様子が放送されました。
今回の星組エル・アルコン―鷹―」 「レビュー・オルキス―蘭の星―」は、
私にとって、宙組以外の組の初観劇となり、2度も観にいっちゃったから思い入れも深く
退団者さんたちのご挨拶には、やはり感慨深いものが
ゆかりさんのご挨拶は、ご本人も涙涙でしたね。
胸が熱くなりました
「本日は星組千秋楽に起し下さり、本当にありがとうございます。
 無事、こうして千秋楽が迎えられたことは本当に嬉しく思っております。」

全卒業生のご挨拶が終わって、瞳子さんのご挨拶です。
「今、5人の退団者の挨拶を聞いて、ホントに感動して、
 アタシが・・・今から挨拶するのが本当に・・・なんか泣けてきて・・・。」

そういって目元の涙をソッと拭う瞳子さん
「・・・ちょっと、イイ挨拶の後で辛いんですけども。」
グッときている瞳子さんの挨拶に、TV前で私もグッときてしまった・・・。
「ワタクシは今回『エル・アルコン-鷹-』で、
 宝塚には珍しいダーティヒーローに挑戦いたしました。
 東京に来てますます悪を追求し、追求・追求・追求していくうちに、
 私の内なる悪が目覚めてしまい。」

そういって、会場の笑いを誘うのは瞳子さんらしいご挨拶です
「ティリアンなのか私なのか、よくわからなくなってきました。
 それくらいティリアンは私の心に染みつき、本当に大好きな役となりました。」

ジェンヌさんたちの役にかける情熱は、誰においても素晴らしいなって思います。
トップさんはもちろん、きっと下級生たちにおいても、
自分の与えられた役をしっかり追求して行こうという姿勢は変らないものなのでしょう
「その分、ショーのラゲララおじいちゃんで発散させていただき、
 本当にこの二作品のバランスがいいなぁと感じました。
 このギャップの楽しさが、舞台を辞められない楽しさ。
 この楽しさを、これからも皆と味わいながら、舞台を作っていきたいと思います。」

確かに、ラゲララおじいちゃんでの毎回のアドリブは、
本当に客席を楽しませてくれていたと思うし
観ていても、瞳子さんあすかちゃんご自身も楽しんでいるように見えました。
「そして、大雪の中、滑らないように転ばないように気をつけながら、
 劇場に来てくださったお客様がいる限り、宝塚は不滅だな~と本当に感じました。
 その節はありがとうございました」

ニヤリッと笑ってお辞儀する瞳子さん
あぁ~、それそれ
2月3日のあの大雪の中
滑らないよう転ばないよう気をつけて劇場に行ったのは私です。
が・・・。
結局帰り道は、見事に劇場前で転びましたけどね
「私たちは、これからも、皆様の心に雪の代わりに愛を降らせ続けたいと思います。
 ですので、これからも宝塚、そして我らが星組をどうぞよろしくお願いいたします。
 本日はありがとうございました。」


▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄13 23:59 カテゴリー:CS:星組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








遠征準備完了!


宙組>「黎明の風」「Passion 愛の旅」の初日の幕があがり、
自分の観劇日を今か今かと楽しみにしている毎日
東京の人間である私からすると、宝塚大劇場といえば聖地みたいなもの
・・・って、大げさ?
でも、そのくらいの気持ちで宝塚へと向かうわけであります
さて、大阪までの交通ルート。
飛行機か、新幹線か。
なんと"特割"なるものを利用すると、飛行機も新幹線も金額的に変らない
といういことは、現地での交通の便の良さを考慮すべき?
とはいえ、大阪は過去1度しか訪れたことがない私。
向こうへ行ってからの交通ルートにも疎い
色々考えた結果、今回は新幹線を利用することにしました。
新幹線のチケットも手配できました
うっふふ~
新幹線のチケットと、公演のチケットを並べてはニマ~ッとしちゃう。
自分の踊りの公演も、実は来月に迫っていて
本当はそんなフラフラしている場合じゃないのですが・・・
この「黎明の風」「Passion 愛の旅」の公演日程が発表されたときは、
あぁ、2月中の大劇場公演は無理かなぁと若干凹み・・・。
それでも宙組の公演に気をとられて、自分のLessonが疎かになるくらいなら、
思い切って行ってしまおう
きっと悠河さんからパワーをもらったら、さらにLessonにも身が入るんじゃないかと?
というわけで、Lesson日の間を縫っての日帰り遠征決行です




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄12 23:59 カテゴリー:ワタクシごと comment(2) trackback(0)
▲pagetop








JURIのどんだけGOGO5!?


やっと見れました
「JURIのどんだけGOGO5!?」雪組さんバージョン。
もうホントに樹里さんのトークって面白すぎっ
一時間の番組笑いっぱなしだった~
樹里さん、可愛いチュニックを着て、髪の毛クルンとして
まさか昔バシーッと男役を決めていたとはねぇ
次回は宙組さんバージョンということで、収録番組への抽選受付も始まりました。
観にいきたいなぁ~
当たらないかなぁ当たって欲しいなぁ
悠河さん、ぜーったいいじられまくりだと思うもん
しかも会場は東京でしょ~。
あぁ~見たいっ
雪組さんの番組レポートは、スカイ・ステージのHP内のコーナーで見ることができます♪


▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄11 23:59 カテゴリー:CS:宝塚全般 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








月組の退団者発表


先日の月組主演娘役かなみんが退団を発表されました
まだ月組さんは未見の私は、
かなみんがどういう役者さんなのかあまり知らないのだけど
昨年末には悠河さんたちとTVへの出演もあったり、
「歌姫」と呼ばれるあの歌声が印象的です
柔らかい雰囲気の中に、強い母性を感じるような芯の強さをあわせもったような娘役さん
あさこさんを残しての退団なのですね
退団前に、是非一度は最後の舞台となる
「ME AND MY GIRL」の観劇を叶えたいと思います。
さらに、他の月組さんの退団者のお名前も発表されました
その中には、組長出雲綾さんのお名前も。

-------------------------------------------------------------------
月組 退団者のお知らせ
下記の生徒の退団発表がありましたのでお知らせいたします。

(月組) 
  出雲 綾
  北嶋麻実
  彩乃かなみ  ―すでに発表済み―
  姿樹えり緒

     2008年7月6日(月組 東京宝塚劇場公演千秋楽)付で退団
-------------------------------------------------------------------


我が宙組まりえ組長さんに続き、また組長さんがそこを去って行くのですね・・・
主演男役・娘役ももちろん大きな重責があると思いますが、
組長さんという立場は、またそれとは違った形の重責を背負っているのだと思います
組子一人一人にまで目をかけていくお父さん、あるいはお母さん役である組長さん
そういう人たちが、一人、また一人と卒業されていくのは、
やっぱり切ない気持ちでいっぱいになります
でも、何よりも、私たちファンが出来ることは、
最後の舞台のその瞬間まで、一生懸命拍手を送り続けること
卒業後のジェンヌさんたちの幸せを祈ることなのかもしれません。

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄10 23:59 カテゴリー:月組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








初日の模様がOA!


えらいぞ宝塚クリエイティブアーツ
初日の幕が開き、その翌日にCSのニュースで初日の模様が放映されました
編集作業もあるだろうから、きっとOAは月曜日だろうなぁ・・・と思っていたので、
これはすごい嬉しい

まずは「黎明の風」
これは幕開きシーンかな
悠河マッカーサー白州さんが向き合ってにらみ合うところ
そしていきなり殴られ(?)ちゃうのね
ここはプロローグなのかなぁ?
ガッ!とセリフを言い切って目を見開く轟理事には、さすがの迫力を感じます
轟理事の舞台は、生はもちろんVTRでも未チェックなので、
この舞台の様子がほぼ初見となったのですが、
非常に個性的な唄い方をされるのですね~
好き嫌いがありそうな唄い方ではあるけど
やっぱり安定している感じがあるのは、さすが専科さんだし、理事さんだし。
先日のスカイレポート"ネクタイのくんだりが面白く見もの"と、
悠河さんが話してましたけど、チラリと写った轟理事のこのシーンがその場面かしら
ちょっと笑いの要素が組み込まれてるみたい
さてさて、悠河さん登場
ん?白のタキシード
いやぁ~ね~、似合っちゃうのよね~、白が
最近はシルバーやらゴールドやらで登場の悠河さんばかりだったけど、
やっぱりコレ、いいわ
軍服姿の蘭とむさん、格好いいなぁ~
トムなのに、日本人軍人
あの熱さがやっぱり蘭とむさんの売りだと思うのです。
そして~♪
来ました、悠河さんの軍服姿
お顔が小さすぎるのか、帽子が大きすぎるのか
ちょっと気になるところではありますがこういう制服モノも格好イイなぁ~
が・・・
実はあのチラリと写った大きなサングラス姿は・・・、若干私の中でしっくり来ない
パイプもデカイし( -o-)y-~~~
帽子にしろサングラスにしろパイプにしろ
全部もう一回り小さくていいのよ
悠河さんの小顔サイズにあわせて衣装・小物を用意しなくちゃ。
そういう意味じゃ、普通じゃないんだから、あの顔のサイズ
・・・と思うのは私だけ
蘭とむさんの歌、やっぱり熱い
「この国の未来を~~~、作ること」
と唄う蘭とむさん
「未来を~~~」で声をひっくり返す
さすがだ
そして。
ラストシーンなのかな
悠河さんのお歌
「さよなら~、さよなら~、美しい国よ~」
軍服に羽織ったコートが渋く格好イイ
ダメだ、どれを見ても格好よく見える
そりゃそうか
ピンクの狐を背負ってようが 全身豹柄だろうが
全身ギラギラのシルバーだろうが 全身ピカピカのゴールドだろうが
どれもみーんな格好よく見えちゃう私の目だもの・・・

続く「Passion 愛の旅」
ショーの全体のトーンが
私のイメージしていたものと全然違ってて
赤かと思っていたのに・・・
まぁ、これも赤なんだけど
こんな渋い感じだと思ってなかったなぁ・・・
情熱の赤って、こういう色だっけ
まぁ、そんな中、オープニングの悠河さんの白い衣装はとっても映えて素敵ですけど
そして大空の場面でも、白いお衣装
士官学校の卒業式のイメージという部分ですよね。
お衣装も制服っぽくて、これがまた悠河さんに似合う
そして、皆踊っています 激しく、本当にパワフルに踊っています
お稽古場風景で見られた高~く蹴り上げるシーンが見れなかったのが残念
両手を広げてプロペラのようにクルリと回る振り付けは、
大空を飛んでいるような感じで気持ちよい
その直後に出てきた轟理事
えっと、、、このお衣装は・・・
中近東ですよね・・・
まぁ、確かにアラブっぽい感じではあるけど。
轟理事、このお衣装に納得しているんだろうか?
気になっていた「タの四重奏」が聞けた。
やっぱり、面白い
これ、踊りながら唄ってるのかなぁ?ハードそうだなぁ~
ブラジルの場面は、これまたすごい衣装だなぁ~
ノリノリな楽しい場面になっている感じでイイんだけど、ちょっとビックリした
それでも、着こなしちゃうのよね、悠河さん
この原色だとかね、蛍光色だとかいう衣装だってね、
なんなく着こなしちゃうのよ、我らが王子
一億色のパステルで・・・、染めすぎだよね
蘭とむさんの客席降りがあるんだ~、嬉しい
轟理事のモノトーンの場面とか、みっちゃんのピンクの場面とか。
確かに色んな国を色んなカラーで旅している感じかも
そ・し・て
悠河さんの女役~
・・・、マダムだわね。。。
それが演出家の意図ですからね、いいのでしょう
黒のドレス衣装は長袖でした。
でも、先日のお稽古風景で、
悠河さんが着ていた黒の半袖レオタードのイメージがあったので、そっかぁという感じ。
まぁ、当たり前なのか
男役さんは、女役をするときも、やっぱり長袖なのかな?
その辺の宝塚ルールはわからないからなぁ・・・
そして、鬘
うーーん。確かに色っぽいんだけどね、悠河さんの表情とか。
きっと、見慣れていないだけよね、こういうマダムな鬘に。
早く劇場に行って、ちゃんと見たい~
フィナーレなどは、非常に華やか
私個人的には、衣装・ステージの色使いが大人っぽすぎるというか、
なんだか宙組っぽくないなぁと思ったりしましたが。
それはきっと、私自身が「宙 FANTASISTA」のイメージが強すぎるからでしょう。

フィナーレ

やっぱりあの大きな羽を背負ったトップさんが二人いると、
それだけでゴージャス感はUPする感じだわ。
悠河さん宙組のTOPなんだから、あのトップの羽を背負うのが当たり前なんだけど、
この映像を見るまで、少し不安だったのも事実。
轟理事が出演することで、まさか悠河さんが二番手扱いとかにならないよねって。
でも、ちゃんと同等に並んでいるし、なんか安心しました

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄09 23:59 カテゴリー:CS:宙組 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








初日!


こんなにもソワソワと一日を過ごした日も久しぶりです。
いよいよ幕の上がった宙組公演。
今頃楽屋入りかなとか。
メイク中かなとか。
キャーーーッ、幕が上がったわとか。
お?二部が始まったとか。
どんなご挨拶をされたのかしらとか。
東京にいながらして、心は宝塚へ飛んでおりました
宙組ファン、誰もがそんな思いだった一日ではないでしょうか
昨年11月
「バレンシアの熱い花」「宙 FANTASISTA」の全国ツアー公演で、
宙ジェンヌさんたちとしばしのお別れを告げてから、3ヶ月
あの頃は、どれだけ長い時間、悠河さんに会うことができないのだろう・・・と本当に寂しく
く、待ち遠しく思った3ヶ月
その間、あの良作「バレンシアの熱い花」「宙 FANTASISTA」を思い返したり、
TVへの出演や雑誌の登場に胸を躍らせながら
いまになって振り返れば、アッという間にこの初日を迎えてしまったようにも思います
この作品では、轟理事の出演ということに心が揺らいだり
幕開き直前でのようこちゃんのケガに胸を痛めたり
色んな思いを抱えての初日となりましたが、
晴れやかに華やかに宝塚大劇場での幕が上がったことを思うと、
宙ジェンヌさんたちの底力に心から感動して、やっぱりウルッときてしまいます。
今までのお稽古、本当に大変だったと思いますが、大変なのはこれから
一ヶ月以上続く公演。
悠河さん宙ジェンヌさんたちも慣れていることとはいえ、やはりハードな公演生活。
お体だけには気をつけて、千秋楽まで走り抜けて欲しいと思います
舞台上悠河さん宙ジェンヌさんたちも。
療養中の我がプリンセスようこちゃんも。
全国から熱い拍手を送っている宙組ファンたちも。
みーんな心は一つです
宙組に最大のエールを




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄08 23:59 カテゴリー:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








CM撮影風景


公式HP内の「黎明の風」の特設コンテンツ内で見ることができるCM。
その撮影風景がCSのニュースで放送されました。
「とにかく圧倒されますよ」
「時を忘れるくらい」

たったその一言を撮るために、何テイクも収録されるCM撮影
モニターチェック悠河さんの表情が、まぁるい大きな目を見開いて、たまらなく可愛い
CM収録のカメラが回っているときと、カットが入った後の、
ちょっとホッとした感じの表情を見せる悠河さんのギャップがまた可愛い
さすがにCM予算も少ないのかな・・・
通常はレールとかドリーといった機材を使って撮影が行われるところを、
カメラ+カメラマンを台車に乗せて、ADさんが引っ張る形式。
過去、私も映像業界にいたことがあるのですが、
低予算作品は、こうやって色々工夫をこらして撮影が行われるのですよね~
悠河さんようこちゃん、息を合わせての台詞
「宝塚で、お待ちしています。」
ナチュラルにぴったりと息があっていて、良いコンビです

撮影風景

全ての撮影が終了してのモニターチェック
膝を軽く折って真剣な眼差しでモニターを覗き込む悠河さんの後ろで、
まるでその背中に隠れるように、同じ格好でモニターを覗き込むようこちゃん
悠河さんに振りかえられて、テヘッ♪とするようこちゃんが可愛い
最終チェックで「OKですか?」と尋ねられて、
"うん、うん"とうなずきながら「大丈夫です」と答える悠河さん
「ね?大丈夫だよね?」という感じにようこちゃんを見る様子も、なんかイイんですよね~
やっぱりのトップは、この二人しか考えられないわ~
そんな風に強く感じながらニヤついていたCM撮影風景でした

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄07 23:59 カテゴリー:CS:宝塚全般 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








歌劇2月号


<巻頭ポート>
のっけからやってくれます、我らが王子
豹柄のシャツなら、なんとなくわかります
豹柄のパンツも、なんとなくわかる気もします
でも、これを上下あわせちゃうのは、悠河さんにしかできません
数々の悠河ファッションに免疫(?!)がついてきた私ですが、このお洋服には少々ぶっ飛びました
豹柄の上下に、襟元はゴールド
さらにネクタイもゴールドです
しかも、何がおかしいって・・・。
同号の各組トップインタビューの「あなたはどっち派?」のコーナーで、
シルバー派とお答えになっているのにぃ~
ちなみに、そのインタビューの写真でも豹柄を着用
さて、話は戻って巻頭のポートレイト
この上下豹柄の悠河さん
あまりにもスタイルが良いので、劇団○季の『キャッツにそのまま出演できちゃいそうな
そして、その肩に乗せていらっしゃるのは・・・な・に
ピンク、、、というよりマゼンタ?
明るいピンクの狐さんでしょうか・・・?
そして、何よりもこの「してやったり」的な笑みを浮かべる表情がニクイのです
前から悠河さんという人は普通に豹柄を着こなす人ではありましたが、
ここ最近は非常にこの豹柄の露出が高い
「黎明の風」マッカーサーを作りこんでいく中で、
悠河さんの中ではこの豹柄がマッカーサーと結びついたのかしら?
なんて想像を膨らませながら、
ポートレートの写真の向こうに、役作りに励む悠河さんの姿を重ねて見ていた私です。

<えと文:梅子の部屋>
先月号から始まったようこちゃん担当の梅子の部屋
もうあの快活トークが楽しくて、このコーナーがかなり楽しみでした
うふふ、今月もようこ節炸裂で笑う~。
ようこちゃんの造語「宙ジェンヌ」
これ、いただき~
それにしても、この悠河さんのチューの絵。
微妙だけど なんかかわいい~
だって、耳がハート
そこがやっぱり悠河さんらしいんだもん。
来月の梅子の部屋はどうなるんだろ?
お怪我の前に、入稿は済んでいるのかしら?
それともベッドの上から"こんにちは"かな?
いずれにしても、ようこちゃんの快活トークは健在であって欲しいと願うばかりです m(゜- ゜ )

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄06 23:59 カテゴリー:書籍 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








「黎明の風」「Passion 愛の旅」 お稽古場風景


心待ちにしていた宙組新作の様子。
やっと、やっと
CSのニュースにて、お稽古場の様子が放送されました
動く悠河さんが見れる~
それはもうテンション上がっちゃいます

お稽古場風景

まずは「黎明の風」から。
冒頭は悠河さん轟理事を中心としたダンスシーン
悠河さんはベージュのスーツになんと豹柄のシャツ
豹柄も、悠河さんが着ると、なぜかえぐくないから不思議
お稽古中のファッションから気持ちを作りこんでいくということを聞いたことがありますが、
マッカーサーのワイルドさをこの豹柄シャツで表現しているのかしら?
轟理事と対峙し合うところは、
もう、ものすごく迫力があって、悠河さんの目力に圧倒されそうです。
にらみ合いの場面は、轟理事に対しても全くひるんでいない悠河さん
格好イイッ
悠河さんみっちゃんに対して息巻いたり、
轟理事も勢い良く声を荒げるシーンがあったり、
随所に男らしく激しい場面が沢山
蘭とむさんが、また熱く歌ってる
ふふふ、日本人役だからね、髪は黒髪
ちょっと伸びたのね、髪の毛
悠河マッカーサーの机に叩き寄る白洲さんに、
足を組みパイプを咥え、小憎らしいまでに泰然自若とした様子の悠河マッカーサー
悠河さんの役者としての大きさを感じます
"銀座カンカン娘"の歌が
すごい、昭和の香りがプンプン
実は、こういうの好きだったりする
白洲さんの台詞を背中で聞く悠河マッカーサーの姿に惚れます
悠河マッカーサーの歌、悠揚としています
早く全曲聴きたいな~

お稽古場の後ろに置かれたホワイトボードには、
ようこちゃんのお顔を切り取ったお写真が貼られています
休演ということが発表されたけど。
それでも宙組のプリンセスとして、宙組生として、
心は一つにお稽古にも舞台にもいつも一緒だよ
そんな宙組の皆の心がそこに表れているようで、なんだか涙が出そうになっちゃいました
皆がようこちゃんを待ってるからね
たっちん、お稽古でもすごく一生懸命しっかりと正子さんを演じてるからね
ゆっくりとしっかりとお怪我を治してねキラキラ(緑)

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄05 23:59 カテゴリー:CS:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








花組中日劇場公演初日の模様:ゆう君トップ就任おめでとう!


CSのニュースで、
花組中日劇場公演『メランコリック・ジゴロ』の初日の様子が放送されました
花組の皆さん、初日おめでとうございます
そして、ゆう君
花組トップさん、おめでとうございます
チラリと映った舞台の様子、花組公演は未だ未見の私ですが、
全員が一丸となってゆう君を支え
そんな花組生ゆう君がしっかり引っ張っていっているような様子を見ることができて、
なんだか嬉しくなりました
悠河さんとはまた全然タイプの違った美形な男役さん
明るい笑顔がキラキラしていました。
中日公演にはいけないけど、是非大劇場公演が始まったら、観にいきたいなぁ~

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄04 23:59 カテゴリー:CS:花組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








2/3 星組「レビュー・オルキス―蘭の星―」11:00公演


星組 「レビュー・オルキス―蘭の星―」11:00公演 東京宝塚劇場 1階4列11番にて

第一部の「エル・アルコン」では全く見ることができない、
瞳子さんの笑顔が観られる第二部のショー。
その差がとても良かったりします
アドリブ部分も用意されているので、二度目の観劇としては、そんなところも楽しみ
何よりも、とってもステージに近いお席で見ることができたショーは、
あっちもこっちも見たくなっちゃって目が足りない
組によって全然色味の違うショーの雰囲気を存分に楽しんできました


▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄03 23:59 カテゴリー:エル・アルコン―鷹―/レビュー・オルキス comment(0) trackback(0)
▲pagetop








2/3 星組「エル・アルコン―鷹―」11:00公演


星組 「エル・アルコン―鷹―」11:00公演 東京宝塚劇場 1階4列11番にて

ものすごーーーい雪の降った日曜日
朝起きたら、ガッツリ積もった日曜日
朝から東京宝塚劇場へ足を向けました。
二回目の星組公演「エル・アルコン-鷹-」「レビュー・オルキス―蘭の星―」の観劇です。
一番下手席とはいえ、5列目という過去最前列のお席
もう下手花道に登場してくるジェンヌさんたちにいちいちドキドキして、大興奮
一回目ではすんなり頭に馴染まなかったストーリーも だいぶ把握できたように思います
でも、やっぱり役付が多すぎて その割りにお話がブツ切れで
難しいのは、難しかったです
それでも前回の観劇で全体のストーリーを知っているおかげで、
各キャストたちの方に意識を集中できたように思います

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄03 23:59 カテゴリー:エル・アルコン―鷹―/レビュー・オルキス comment(0) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

カレンダー

01 | 2008/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2008 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。