元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








カウントダウン東京公演!


久々の高熱を出してフラフラとしながらも、お仕事
高熱は3日ほどで治まったものの 一日置きに微熱発症
体のだるさを感じながら、踊りのお稽古に行くものの、
やっぱり本調子じゃないと思うように踊れない・・・
いやぁ~
つくづくジェンヌさんってすごいと思います。

ずーっと滞ったままになっていた大劇場公演の観劇メモ
なんと東京公演の初日までに書き終えられた~
良かった

3/14 宙組「黎明の風」13:00公演

3/14 宙組「Passion愛の旅」13:00公演


スポンサーサイト


ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄30 23:59 カテゴリー:ワタクシごと comment(0) trackback(0)
▲pagetop








後術記メモ


週頭からの風邪菌に相当苛まれている私です。
まぁ、宙組さん大劇場東宝の狭間であったということが、
不幸中の幸いという感じでしょうか
もともと仕事に追われて記事もできずにいる中、
体調不良でますます遠退いているワケですが
まぁ、自分の覚書という感じですし、このままここに記さなくてもいっか。
なーんて思ったりもしたのですが
せっかく立ち上げてあるBlogなので、いまさらながらですが後追いでしていこうと思います。


3/13 宙組「Passion愛の旅」11:00公演   ・・・3/22追記
3/13 宙組「黎明の風」15:00公演       ・・・3/25追記
3/13 宙組「Passion愛の旅」15:00公演   ・・・3/28追記










2008⁄03⁄22 23:59 カテゴリー:ワタクシごと comment(2) trackback(0)
▲pagetop








発熱・・・。


宙組千秋楽を待っていたかのように。
久しぶりに発熱いたしました
会社、早退です。
体の節々が痛く、38度越えの発熱に、かなり朦朧気味

そんな中、CS放送タカラヅカニュースで流れてきた宙組千秋楽の映像。
お芝居では、千秋楽のアドリブなどもチラチラと放送され、
ショーでも、大好きなマンボの銀橋トリオのお唄千秋楽仕様に。
「シィ、シィ、シィ~♪」
の部分は、
「千・秋・楽、とてもハッピー、ハッピー♪ 千・秋・楽、みんなThankYou、Thank You!」
と、千秋楽バージョンに。
すっしー新組長のしっかりしたご挨拶に心打たれ
まりえ組長さんのご挨拶に、涙・・・
悠河さんのTOPが板についてきたようなご挨拶に拍手
「宙組集合~!」
まりえ組長さんの掛け声で、
「はーい♪」
と、宙ジェンヌたちが袖から一同に出てきたのには、やっぱりウルッとしちゃいました
来月。
美しい桜の国
桜吹雪が舞う東京で、宙組ご一行がいらっしゃるのを心からお待ちしています




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄18 22:18 カテゴリー:CS:宙組 comment(2) trackback(0)
▲pagetop








3/14 宙組「Passion愛の旅」13:00公演


1泊2日の宝塚遠征もアッという間に終わり、私の大劇場公演観劇も終了
帰りの飛行機
離陸時の機内モニターに映る大阪の街の灯りを見ていたら、
なんだか涙が出てきちゃった
観劇はとっても楽しくて、充実って感じで、思い切り満喫して
大満足で劇場を後にしたけど、やっぱりちょっと寂しい・・・
こうしてみえる街の灯りのどこかに、悠河さんがいるんだなぁ~って思うと、
この街を離れる寂しさがこみ上げてくるのは仕方がない
でも、半月もすれば、今度は東京の街で悠河さんに会える
桜満開の4月の東京で会えるのを楽しみに、溜まりに溜まった仕事を片付けなくちゃ

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄14 17:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








3/14 宙組「黎明の風」13:00公演


ホテルをチェックOUTしたものの、右も左もわからない大阪の街。
結局そのまま私の足は宝塚
午後からの公演だというのに、宝塚に着いたのはAM11:00。

これはもしや?
いわゆる「入り待ち」というヤツができる時間なのでは
わからないながらもキャリーケースをコロコロさせて花の道へ。
ちょうど劇団の楽屋口に到着したその時、向こうから颯爽と現れたのは、轟理事
わぉ~、すごいグッドタイミング
ズラリとその登場を待っていたFCの方たち(?!)からの「いってらっしゃい!」の掛け声に、
軽く会釈をして玄関に入っていかれました。
うーん。
悠河さんはもう到着されたのか?どうなのか?
わからないながらも、未だ人だかりのある楽屋口前。
しばらくしたら、スーッと目の前に到着した一台の車
助手席から出てきた金髪の髪の毛
ヒャーーーーーーーーッ
ぶっ倒れるかと思った
ゆ・ゆ・悠河さんだぁ~
大きなサングラスをしているものの、お帽子をかぶらずの到着に、一発でわかった~
といっても、花の道からでは後姿(若しくは横顔)しか見えないのだけど・・・
黒のコートにブルーのマフラーを巻かれて、片手には黒いバッグ。
を降りると、真っ直ぐに楽屋口前で待っていたFCの人たちのもとへ
順番に並んだFCの人たちからお手紙(?)などを受け取ってる
最後の人のお手紙までしっかり受け取ってから、手を振りながら玄関へ
玄関に入る直前にも、再び振り返ってバイバイ
私からは見えなかったけど、きっと玄関の中からも手を振っていたみたい。
FCの方たちから「ひゃ~~~という声が上がってました。
この日はホワイトデー
明るい朝の空の下、悠河さんのお姿を見れた嬉しさ♪
一ヶ月前にお送りしたバレンタインのお返しだ~
なんて、勝手に思い込んでの好解釈でテンションUP

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄14 16:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








3/13 宙組「Passion愛の旅」15:00公演


初めての1泊2日での宝塚遠征。
なんかこの非日常感がとってもドキドキ&ワクワクなわけで。
午前&午後の二回の公演を見終わっても、
まだ翌日に悠河さんに会えるのだと思うと、それだけで嬉しい気持ちになる
宝塚の世界については、まだまだ初心者と言いますか、若輩者と言いますか
いわゆる"出待ち"というものについてのルールなど、全然わかっていないのですが
今回はお泊りなので、
飛行機の時間があるわけでもなく、慌てて帰る必要もありませんでしたので、
薄暗くなってきた大劇場の外、楽屋口が見える花の道よりこの"出待ち"というものを。
色んなお揃いのお洋服を着たりマフラーをしているのは、
各ジェンヌさんたちのFCの方たちでしょうか
轟理事らしき方が出てきたら、一斉に「お疲れ様でした!!」の掛け声
ジェンヌさんが出てくるごとに、
それぞれのチームの人たちがジェンヌさんの後についてどこかに消えていく・・・。
でも、大好きなジェンヌさんの側を歩けるって、幸せだろうなぁ~
右も左もわからない中に、一人ポツンといるのは、非常にドキドキするものですね
なんだか心拍数を上げながら待っていると・・・。

わぉわぉ~っ
悠河さんらしきお姿
もう薄暗い中、花の道からはお顔までは拝見できなかったけど、
明らかに、あのオーラは悠河さんだっ
ボルドーのジャケットに身を包んで颯爽と歩いて出てこられましたわ
お迎えの車に乗り込んで、
ずーっと悠河さんを待ち続けていたFCの方(?)が手を振ってお見送りする中、
夜の街に走り去っていかれました。
いやぁ~、なんか遠くから見てるだけでもドキドキしたっ
あとわかった人といえば、えりこちゃんくらいかなぁ?
もう暗くなった中で、お帽子やサングラスをされているジェンヌさんたちを見分けるのは、
私にはちょっと難しかった・・・
かなり大興奮の中、一人ホテルへ。
やっぱり一人ホテルって、ちょっと寂しい・・・
でも、二回の公演を思い返しながら、zzz・・・・

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄13 18:30 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








3/13 宙組「黎明の風」15:00公演


午前の部と午後の部
この一時間にキャトルレーブを覗いて、軽くランチを取って。
午前の部の観劇メモをチョコチョコ書いたりしていると・・・。
午後の部の会場&開演時間なんてアッという間に来ちゃう
良くこの短時間で衣装替えしたりメイク替えしたり、
次の公演の準備をしたりできるよなぁ~って。
つくづく感心するのです
毎日のコトとは言え、ジェンヌさん皆さん手早なんでしょうね~
全く、舞台裏はどうなってるんだと気にならずにはいられない

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄13 18:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








3/13 宙組「Passion愛の旅」11:00公演


宙組 「Passion愛の旅」11:00公演 宝塚大劇場 1階5列21番にて

プロローグ  ・・・あれれ?
悠河さんの出ていないこのシーンでは、色々な宙ジェンヌさんをチェック&チェックですが。
あれれ
この日のスッシーさん、ちょっと不調気味
なんとなくダンスに元気がないような気も・・・
思い違いかもしれないけど
でも、男役さんだって、女性
女性特有の体の波だってあるだろうし、
いくら音楽学校時代から鍛えているとはいえ、ジェンヌさんだって人間。
イイ時もワルイ時もあるだろうに、やっぱりすごいよなぁ~

大空  ・・・いいもの見っけ☆
皆で一斉に帽子を投げ上げるところ
いつも元気いっぱいなんだけど、
その実、帽子は控えめに投げ上げる悠河さんに対して、
結構めいっぱい放り投げる蘭とむさん
この回では、思ったよりも前方に帽子が行っちゃって
あわやオケピに入っちゃうところだった~
おっとビックリ
でも、その前にしっかりキャッチ
うふふ、イイ笑顔です。
楽しみにしていた悠河さんの銀橋ウィンク
「新しき旅立ち」を唄って銀橋を渡ってくる悠河さん
前回は下手の袖に帽子を放り投げる前で、ウィンクしてくれたんだけどなぁ~。
今回はなかった
決めポイントでは無かったのね・・・、ガックシ_| ̄|●
け・ど
その分、いいもの見ちゃった~
センターで悠河さんが踊りながら、
そのバックで宙ジェンヌさんがそれはそれは気持ち良さそうに踊っているとき。
(・・・相当ハードだと思いますが
なんと、蘭とむさん娘役さんからほっぺにチュッをもらってました
多分、娘役さんは大海 亜呼ちゃんだと、思う・・・。
その後の蘭とむさんのテンションの上がりっぷりは、見てるこちら側が笑顔になるほど。
右手で大きくガッツポーズしたあと、さらにテンション上がっちゃって
ライフル構えて、いろんな人を撃ちまくってましたよ~
そして、悠河さんをセンターにアール状になるところ。
悠河さんがチョイチョイッと皆を呼び寄せるところで、
蘭とむさんはさっきの娘役さんにお返しのチュッ
キャンッ
もう、ホントにこのところは目が沢山ほしい
悠河さんにも釘付けだし、蘭とむさんがどんなことをやり出すか気になるし、
えりこちゃんだって見ていたいのにぃ~。
嬉しさと、そんなやきもきさでアッという間に過ぎちゃう大空

砂漠の薔薇  ・・・やっとわかった!
実はすごーい気になってたあの枯れた薔薇
気づくといつもセンターに落ちていて。
一体、いつどーやってそこに登場するのぉ~と、思いながら見ていたら
やっとわかった~
シーン後半、轟理事を攻め立てるように全体が動き出し、走り出したとき、
紫のオリエンタル(?!)の一人が、ポイッと枯れた薔薇を放り投げている瞬間を発見
なんか、これでちょっとスッキリしたような気も
いやぁ、これはこれですごい大役だよなぁ~

カルバナル  ・・・いたずらっ子炸裂!
マンボで登場した銀橋三人組。
下手側の席だった私。
目の前に立った蘭とむさんの指差し&目線GET
・・・した気がする
いいんです、いいんです
勘違いでも妄想でもなんでも
だって、それだけですっごい幸せ~な気持ちになるんだもん。
3人が腰寄せてひっついているところ。
エイッみっちゃんを突き飛ばすのはいつもと同じですが、
みっちゃんが上手銀橋まで「オットット・・・・」と行っている隙に、
そ知らぬ顔して蘭とむさんのトコまで戻ってきちゃった悠河さん
悠河さん蘭とむさんの二人でみっちゃんを指差して
「あいつ、何してんの~?」みたいな。
ギャハハ~ッいたずらっ子
その後の下手側での悠河さんのナンパ
「シィシィシィ♪」  ・・・この歌詞って、ホントは何?
と言いながら、客先階段から最前列の女性に手を伸ばす悠河さん
でも、お客様の方は照れちゃって、フリーズしてました
その後「マンボ」から「ブラジル」に変って、美羽ちゃん登場。
「俺が行くっ!」
とばかりに悠河さんがセンターへ飛び出して行ったのを下手から見送る蘭とむさんみっちゃん
読唇術はありませんが、多分
「大丈夫かな?」
「大丈夫だよ」

って、言っていたように思います
「ブラジル」では、やっぱり冒頭に感じたように、
スッシーさんがイマイチ元気が無いように見えたりして少し心配

その横のともちんは、これまた心配になるほど激しいっ
さて、さて。
我らが王子悠河さんは。
一度欲しいと思ったものは、どうしても手に入れたいようで
「ブラジル」での二度目の客席降り。
上手側では、最前列の女性のホッペをひとなで
恐らく、この方もコレでフリーズしたことでしょう
その後の悠河さん
なんと、先ほど照れ&フリーズしてしまっていた下手最前列の女性を再び狙って参りました
悠河さんが差し出したその手に、恐々と小さく手を出したその女性。
「そう!それでイイ!!」と言わんばかりに、
悠河さんからガシッと手を取って固い握手をしていました ( -^▽^-)=O=(´〓` )
あぁぁ~、なんて男前

ファンタジー
ここの轟理事もハードですよね~。
散々踊った後、ラストには蹴りも入って激しいのに、
その後は平然と歌に戻れるっていうのは、やっぱりサスガだと思うのです
そして。
最後の「パッションッ!」の一声は、とっても轟理事らしいなぁ~って思います。
同じ「パッションッ!」でも、
悠河さんだったらまた全然違う「パッションッ!」になると思うと、
やっぱり人それぞれの個性が楽しいです

ピンクのみっちゃん
ジャズバージョン「Passion 愛の旅」に聞きほれながら、
曲間の"ダッダッァダッ♪アァハァハァ~♪"にホエ~~ッとなるのですが。
娘役さんたちとハモるみっちゃんの低音部分が、今日はやけにキレイにマイクに乗っていて、
みっちゃんの歌やっぱりイイなぁ~を再認識。
ロケットも、ピンク色が効いていてイイですよね~
この中に、ちょっと気になるお顔の子発見
皆、満面の笑みを崩さずに踊っているのですが、
一人、口元尖らせて(?!)みたり、客席にちょっと挑戦的な(?!)表情を向ける子。
多分、天玲美音ちゃんでは?
コロコロ変るその表情に、思わず目がいっちゃいます。

シャルマン ・・・えっ?それはサービス?!
艶かしい悠河シャルマン轟理事のデュエットダンス。
バレンタインデーに初めてこの舞台を見に来た時は、
あれま思ったほど悠河さんのお御足、見えないじゃないの
と、思ったりもしたのですが
何度か繰り返し見ているうちに。
まぁ、座席の場所や角度にもよるのかもしれませんが、
結構大胆に悠河さんの美しい足が見えているのです。
で。
この回では、悠河さんがスッと出した足に残ったドレスの裾。
膝辺りを悠河さんご自身が手でサッとはらって、スカートをさばいた
踊りの邪魔だったのか
客席へのサービスなのか
そのちょっとした仕草にびっくりして、ドキーーーンッとなってしまいました。




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄13 14:30 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








3/13 宙組「黎明の風」11:00公演


三度宝塚
宝塚の世界を好きになって半年
初めて宝塚大劇場へ足を運んだのは先月のこと。
勢い余って 先週の日曜日に数週間ぶりの日帰り遠征をしたのばかりなのに
さらに勢い余って 千秋楽を前に再びやってきてしまいました。
今回は飛行機利用。
羽田を離陸するときから、もう感極まってというか・・・
なんだかウルッときそうになっちゃった。

いよいよ劇場へ足を踏み入れ
ロビーに流れる主題歌のピアノ演奏を耳にしただけで、不覚にも涙が・・・
そんな自分に戸惑い、自分自身にびっくりです
で。
今回は良く泣きました
っていうか、今までも何度も(・・・というか毎回)涙しちゃうんですけど
色んな要素が重なって、なんかいつも以上に気持ちが高ぶった感じ
そもそも羽田を出るときから思いは強かったわけで。
さらには、大劇場公演千秋楽間近ということで、
次にここを訪れるときには悠河マッカーサーはいないんだ、と思うと。
それはなんだか感慨深いものが多く・・・
また、今回の一回目の観劇座席が前の方だったということもあって、
とても間近に悠河さんを感じることができたというドキドキ感
そして、もうひとつは。
他組のジェンヌさん、恐らく花組さん(?)だと思うのですが。
ズラリと観劇にいらしていたので、
もしかしたら宙ジェンヌさんたちのテンションも高めだったのかもしれません。
だから、劇中にも色々な人の目から涙が・・・。
そんないろんな条件が重なって、とにかく涙涙の観劇となったわけです

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄13 14:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








3/9 宙組「サンケイリビング貸切公演」インタビュー


数週間ぶりに見た二公演。
同じ演目でありながら、こんなに色々な変化いえ進化をしている宙組の舞台に、
本当に心から拍手
さらにこの15:00公演は、貸切公演ということもあって、
幕間には抽選会(かすりもしなかったけど)や
終演後の悠河さん轟理事のお二人のインタビューもあって嬉しさ&お楽しみ倍増

「素晴らしい舞台を本当にありがとうございました」
という司会の遥洋子さんのコメントと、
客席からの沢山の拍手をいっぱいに受けながらお二人が登場
下手にいた遥洋子さんが、
「もう少し近くに寄らせていただいて」
と舞台センターに歩みよっていくと、
"どうぞどうぞ真ん中まで"というように、手を出される轟理事
「とんでもございません」
と大げさに恐縮して会場の笑いをとる遥洋子さん
近くで見てもお二人ともとっても美しいそうです。
そりゃぁ~、そうでしょうねぇ
このとき、時たま"ブツッ・ブツッ"というマイクノイズ
轟理事悠河さんか、どちらかのお衣裳がマイクに当たっているのかな?と気になりつつ
まずは轟理事へのインタビューから始まりました。
が、その矢先
ステージのヘリにあるスタンドマイクがスルスルスルーーーッと出てきたと思ったら、
スルスルスルーーーッと引っ込んだ。

そのマイクのおかしな動きに会場中笑い
悠河さんは不思議そうにそのマイクの動きを見つめてましたけど。
せっかくの轟理事のインタビューが中断
どうやら、悠河さんのピンマイクにマイクトラブルがあった模様。
悠河さんは前のスタンドマイクを使ってくださいという指示が下手袖から出た様子
舞台上の3人が、一同に下手袖を覗き込んで指示を仰いでいる姿がおかしかった

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄09 18:15 カテゴリー:その他 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








3/9 宙組「黎明の風」「Passion愛の旅」15:00公演


15:00からの公演は、サンケイリビング新聞社の貸切り公演でした。
貸切り公演では、舞台前にまりえ組長さんからのご挨拶などもあって、
いつも以上にワクワクな気分が高まります

今回は2階席。
宙組の公演では初めてに2階席。
どんな風に見えるのか、これまた楽しい気分
日曜日の午後の公演というのに、特に2階席には空き席が目立って・・・
なんともったいないって思っちゃいましたよ
それから・・・。
舞台を見るときにおいては、周りのお客様の環境も大切だなぁ~とつくづく思った公演。
今まで、いつだって客席が舞台に向けて送る温かい視線しか感じていなかったのですが。
2階席だからなのか
貸切り公演だったからなのか
たまたまなのか
お隣に座ったお二方の温度が低くて・・・
悠河さんのこと、好きじゃないのかなぁ
特にショーでは、登場の際の拍手もないし
お歌の時の手拍子もないし
キラキラのウィンク(・ε-。)⌒☆や、お客様いじりの時などは、
「えーーー、なにそれ」
「ギゲェ~~!」
なんてお二人で話してて
愛情の裏返しなのかな
だけどやっぱりその隣に一人で座っていた身としては、ちょっと心痛い気持ちでした。。。

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄09 18:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








3/9 宙組「Passion 愛の旅」11:00公演


幕間お芝居のお話やこれからはじまるショーのお話を、
色んな人が楽しげに話している様子がすごく心温かくなるんです。
一人で劇場に足を運んでいる私としては、おしゃべり相手がいないので
プログラムなどに目を通しながら、そんな様子を楽しんでいます

私の後ろに座っていたカップル
どうやら幕間にホワイエで流れているタカラヅカニュースの映像を見ていた模様。
彼氏さんが、しきりに悠河さんの女役について興奮気味に話していました
あれってマッカーサーの人だよね?
男役なのに女役だったよね?
いつ出てくるのかな?

べ・べつに聞き耳を立てていたわけではないんですけどね・・・
その彼氏さんの反応がすごく可愛くて、気になっちゃったんです・・・
これをきっかけに、是非是非宙組ファン、悠河さんファンになっちゃって
と、心の中でお話してました

▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄09 14:30 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop








3/9 宙組「黎明の風」11:00公演


先週、自分の踊りの舞台を無事終了し、ご褒美的に、悠河さんに会ってきました~
またまたハードな日帰りではありましたが
やっぱり悠河さんパワー・宙組パワーは、私にとって最高のご褒美です
初日の幕が開いてから1ヶ月経った宙組公演。
その成長っぷりに、またまた仰天させられるばかり
だから止められないのですよね~
だからついつい通ってしまうのですよね~

11:00公演で一列後ろに座っていたカップル
会話の様子から、彼女に連れられて来たという感じの彼氏さんでしたが、
一部の「黎明の風」が終わった後、なんかすごい興奮した様子で。
あそこはあぁだった、ここはこうだったと、彼女さん以上に色々おしゃべりされてました
この作品は、男性受けも良さそうな作品だというのもあるけど、
なんか、そうやって好評を得られるのって、すごく嬉しいなぁ~って思ったり

お芝居全体として、とにかく色々な箇所が自由な感じになっている印象
よりそれぞれの役者たちの"個"が立ってきた印象に驚きました
それは、3回目の観劇となる自分自身にも変化がおきているからかもしれないけど
個人的にちょっと気になったのは、轟理事のメイク
お顔センターに入れたハイライトが、ちょっとキツクありませんか?
口元のグロスも、ちょっとつけすぎ感が


▽read more




ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄09 14:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(2) trackback(0)
▲pagetop










| HOME |

カレンダー

02 | 2008/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2008 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。