FC2ブログ

 元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
宙組東京公演初日インタビュー


My東京観劇初日を終えて帰宅すると、
CSのニュース宙組東京公演初日の模様が放送されました

シャルマンのカツラ
さっき見たヤツだ
あのカールがいっぱい頭に張り付いているヤツ。
うーん
東京公演はこれをメインで行くのかしら
確かに、ヨーロピアン調っていうか、外人っぽい感じでステキはステキだけど・・・

「皆様。
 本日は宙組東京宝塚劇場公演の初日に起こし下さいまして誠にありがとうございます。
 宙組組長の美郷真也でございます。」

そういって始まったまりえ組長さんの終演ご挨拶
このご挨拶を聞けるのもこれが最後だと思うと、切ない思いです
「皆さまもご存知のことと思いますが、
 宙組主演娘役の陽月華が足の怪我のため、
 宝塚大劇場よりこの公演を休演させていただいております。
 彼女の思いを胸に、出演者一同より一層終結して公演を努めて行きたいと思います。」

まりえ組長さんより話されたようこちゃんのこと。
"まりえ組長を舞台から見送ることができなくて悔しい"と語った彼女の思いを忘れずに、
舞台を見て行きたいなって思います

まずは悠河さんからご挨拶。
回りに立つ人たちに背負った大きな羽を気遣いながら前に進み出た悠河さん
「桜満開のこの季節に、今日東京宝塚劇場の初日を迎えました。
 “桜の国ニッポン”心弾む春を告げる桜。
 桜の名所、宝塚の花の道の桜を存分に満喫し、
 そして心新たに今日、東京宝塚劇場の幕が開きました。」

桜への思い入れが深いマッカーサーらしいご挨拶
いつもの年以上に、桜に対して心振るわせた2008年となりました
皇居の桜は大分葉桜になってしまったけど、いよいよ幕あけた東京公演
本当に楽しみ
そして。
一息吸い込んでから、少しだけ節目がちになった悠河さん
「えー・・・。
 残念ながら宝塚大劇場に引き続き、
 陽月華、ウメちゃんが休演となってしまいましたが、
 このメンバーで一公演一公演大切に演じて参りたいと思います。」

ようこちゃんの休演。
割り切れないけど割り切っていかなきゃ
が不在の中で、100%な状態の宙組ではないけど、
宙ジェンヌ全員が200%の舞台を作ろうと頑張ってるから
の不在は寂しいし、宙組ファンとしてはとっても辛いけど、
宙ジェンヌと一緒に乗り越えて行かなくちゃ

そして最後に轟理事からのご挨拶。
「荘厳なる美しさに見とれ、そして、穏やかな優しさを感じる富士の山。
 満開の桜に囲まれたその姿は、紛れもなく日本一の美しい山です。
 宝塚一の美しさを競い合う宙組も、
 この東京宝塚劇場でますます磨きをかけ、皆様を魅了することでしょう。
 『黎明の風』『Passion愛の旅』5月18日の千秋楽まで、どうぞ宜しくお願いいたします。」

轟理事は、短いながらもいつもインパクトのあるご挨拶をされますね
“宝塚一の美しさを競い合う宙組”
ふふふ、良い感じ


初日公演の囲み取材では、悠河さん轟理事がインタビューに答えていました

悠河さん
「今回は専科よりナトリレイさんと轟悠さんにご出演いただきまして、
 本当に宙組が色々なものを吸収しながら公演に取り組んでおります。
 『黎明の風』では昭和の時代に、『Passion愛の旅』では色んな愛の形に、
 宙組が挑戦しておりますので、皆様是非宜しくお願いいたします。」

轟理事
「宙組生たちがとても底力のあるメンバーが多くて、下級生に至るまで目が輝いております。
 今回『黎明の風』とてもお芝居としましては、
 宝塚としましても、昭和初期ということで、戦中・戦後・戦前。
 やりにくい作品を石田先生がここまで楽しく、
 タイトな一時間半という時間にはめていただけて。
 宝塚大劇場でも大変多くの男性のお客様に涙をしていただきました。
 逆に私たちがそれで感動したという部分もありながら東京にやって参りました。」


「そして『Passion 愛の旅』では、えー、大和君・・・。」
ニコッ悠河さんと笑いあう轟理事
「と、組んで。結局、私としまして今回のショー、男役としか組んでませんので。
 より美しく出てもらおうと楽しみにしております。」

ホントだ
あまりそういう風に考えてなかったけど。
悠河さんカチャ君も、、、男役
「とにかく季節の変り目ですので、体調管理などして、
 宙組生と共になとりさんと私含めた81名で頑張りたいと思いますので、
 どうぞ宜しくお願いいたします。」


『黎明の風』での役柄について
轟理事
「色々な資料などで拝見しましたし、
 あとは、やはり毎回なんですけど、
 本を書かれている演出家の先生のメッセージを皆様に送りたいという部分を強く。
 宝塚でやるということを前提とした作りですね、その中でお客様が入られて、ね。
 なんか・・・変化っていうものが自然にお互いのぶつかり合いとか、呼吸、ですよね、
 自分が気持ちよくやれればイイってもんでもないし、
 これが正解っていうものもないし。
 体調もありますし、周りの皆との・・・。だからマッカーサーもね。」

そういって優しい笑顔で悠河さんを見る轟理事
なんか、ちゃんと轟理事にも愛されてるなぁ~って思えるんですよね
すごい可愛がってもらってるんだろうなぁ~って。
(もちろんそれは悠河さんのキャラクターあってこそなのですが)
だから、このお二人のインタビューや対談って、見ていて安心します

初日インタビュー1

轟理事からの振りを受けて悠河さん
「舞台にあがって、何度もお芝居をしているうちに、生まれてくる感情であったり、
 発見が沢山ありまして。
 今回特にナトリさんとも轟さんともお芝居させていただいて、日々変化していくというか。
 それに自分も敏感に対応していきたい、ついていきたい、という思いでやってきました。」


お互いの印象について
轟理事 「今回が初めてなくらいなんですね。
     TCAスペシャルとかでは、もちろんしゃべったりとかありましたけど。
     結構シャイな人ですし」

悠河さん 「(小声で)はい」
轟理事 「私もちょっと人見知りするんで・・・」
悠河さん 「ん?
と、轟理事の顔を覗き込む悠河さんがお茶目で可愛い

interview2.jpg

轟理事 「・・・って、嘘ばっかり(笑)
悠河さん 「いえ、そんな(笑)」

轟理事悠河さん
「彼女がどういう感じで返してくれるかな?とか。とても楽しみでお稽古が始まりました。
 ですけど、元雪組生の同期生たちからも
 『大和くんって、あのままの天然?』って聞いたら、
 『そうです、予科生の時からあのままです』みたいなことを聞きましたし。」

隣で「その通りです(笑)」って聞いている悠河さんです
「とても素直な部分が多くて、格好つけずに吸収しようっていう姿がとても印象的でした。」
悠河さん轟理事
「ワタクシは、本当にどんなお芝居でもどんな演技でも、何でも受け止めて下さるので。
 轟さんに真っ向からぶつかって行こうと思い、お芝居の方は取り組みました。
 色んなことを経験されて来ていらっしゃるので、
 ホントに頼りがいのある・・・お兄さん・・・というかお姉さん・・・で(笑)

「いいよぉ、気を遣わなくっても(笑)」轟理事

初日インタビュー

悠河さん 「舞台上でも楽屋でも、本当に甘えております。」
轟理事 「楽しくやってますね♪」
悠河さん 「はい☆」
スポンサーサイト









ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄04⁄07 23:59 カテゴリー:CS:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2020 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin