元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








「戯伝写楽」 4/8 18:30公演(観劇2回目)


初日明けて二日目。
夜公演を観劇して参りました
2回目の観劇で、少しは落ち着いて見れるようになったでしょうか
それでも、やっぱりこの不思議な感覚というのは・・・。
なんとも表現しがたいものがあります。
なんて言うんだろうねぇ
後から徐々にジワ~~~ッと効いてくる感じ
観劇後。
いやぁ~、オギタワールドだねぇ。
いやぁ~、ナカジマワールドだねぇ。
周りの方々が口を揃えてそう仰るのですが
基本的に、あまり「演出家がどうのこうの」という視点で舞台を見てこなかった私としては、
一体、何をもってオギタワールドなのか。
一体、何をもってナカジマワールドなのか。
お恥かしながら、わかっておりません・・・

そういえば
この「戯伝写楽」って、"天使のララ"が協賛になってるんですけど。
"天使のララ"って・・・何
ずーっとナゾだったんですけど。

天使のララ

「液体コラーゲン」ですって。
自分の好きなものと混ぜて飲むタイプのコラーゲン
なるほど~


初日に消化し切れなかった音楽
慣れたような気もするけど・・・。
やっぱりちょっと疲れるんだよねぇ・・・
その原因は、音響ボリュームにあるのかも
バックのバンドの音がかなり大きくて、歌詞がとっても聞きにくくなる
バンドの人たちもすごくステキな演奏をしてくれているので、
そのボリュームバランスが上手くいっていないような感じがして残念
観劇した座席が、前方席でスピーカーが近いっていうコトも影響しているかと思いますが
音楽を中心に進めていく部分が多いので、
が聞き取りにくいっていうのは、結構イタイ・・・
特にコーラスになると、まったく何を言っているかわからない
メチャメチャ歌が上手い人が揃っているワケではなさそうなので
それも、またね・・・
他作と比べてはいけないと思いますが、「カーテンズ」
歌ウマさんが揃っていて、かなり底上げをしてくれていたんだなぁ~というのを実感。
今回は、楽曲も耳なじみがイイ曲ばかり!というワケではないので
慣れるまでは大変かな

それともう一つ
照明が、かなり客席に攻撃的
転換部分で、バックサスライトが客席の広い範囲にわたって、かなり強く当たるのですが。
それが結構多用されているんですよね・・・
ずっと目潰しを食らっているみたいで、頭痛くなる・・・

2回目観劇では、やっぱり他のキャストさんたちにもずいぶん目が行くようになりました
もう一人の主演の橋本十さん
悠河おせいとか、小西歌麿や、浮雲ソニンちゃん
あるいは十返舎一九ヨシ君与七や、北斎葛山鉄蔵などの芸術家たち
まるで浮世離れした人々が次々と登場する中、
橋本十さんのひょうひょうとしたお調子者な雰囲気が、
すごく"俗世間"な感じを表現している感じがして
(といっても、橋本十さんも"能役者"ってことは、彼も彼で芸術家なんだよな
その対照的な感じが、作品をすごく面白くしている
しかも、橋本十さんは、ただお調子者なだけじゃなくて、
人間味ある温かくて大きな感じを、後半に向かってしっかり描いているのが印象的です

私が大好きなのは、山路蔦重さん
とにかく渋くてカッコいい~
オジ様の色気って感じがさぁ、あるんだよね~
お歌もお芝居もすごく上手だし
コングさんからの歌い継ぎでの山路蔦重さんのソロ。
嘘で塗り固められた うつつの世の中ならば
  夢を仕掛けてみるのも たやすいこと
イイんだよね~
ココで思いっきり拍手を入れたいところなんだけど
今回の公演、なんか途中での拍手がちっとも入らなくて
なんか、もどかしいんだ・・・

ヨシ君与七は、チャラ男っぽいけど、腹心には何か抱えているっぽくて
"俗世"と"浮世離れした世界"を冷静に見えているっていうのが伝わります
そして、すごく優しい感じ
ヨシ君は、本来ダンサーさんだということで、踊りの場面がないのが勿体ない
それを発散させるかのように、フィナーレで踊りまくっている ヨシ君です
お歌は、多分下手な方ではナイと思うんですが
歌い方が、何て言うのいまどきっていうの
だから、ん?って感じになります
ヨシ君のお芝居は、なんといっても自由な感じに舞台に立ってて。
本当は、色々計算しているんだろうけど、そういうのを感じさせない自由さがあって
舞台にいても、余裕がある感じで、見ていて本当に楽しい
今回のアドリブリーダーは、ヨシ君与七です。

浮雲ソニンちゃん
小柄ということもあって、"人気一番の花魁"を演じるには、やっぱり幼い感じもあるのですが
台詞回しや歩き姿、目線の使い方など、かなり研究しているのが伝わります
特に、花魁としてのプライドの高さをしっかり演じながら、
最期の部分で「本当の顔」を見せる対比を見事に描いていて
浮雲のラストシーンは、本当に印象的です
ただ・・・やっぱりお歌
楽曲がね、難しいんだと思うんです
キーが、合ってないないんだと思うんです
でも、やっぱりお歌

小西歌麿さん
クールで
なんて言うんだろう、妖艶な感じで
あのキレ長の目が色っぽい
お着物の柄のせいか、初日はあまり感じなかったんだけど。
よくよく見れば、ものすごいスタイルがイイ
っていうか、小顔~
メイクの仕方によるものだと思いますが、ちょっと京本政樹さんに似てる気がする
そういう色っぽさ。
そして、どこか怖さも持っている感じ
だけど、やっぱりこちらも・・・お歌が・・・
っていうか、大和ファンの私が、お歌のことをとやかく言えたスジではないんですがね
浮雲ソニンちゃん小西歌麿さんとのデュエットとか、結構・・・な感じ。

他のキャストさんたちについては、また追って書いていくとしましょう


2回の観劇で、アドリブ的な箇所もわかってきました
ヨシ君与七、かなり面白いっ
1幕の橋本十さんとのケンカのシーン。
橋本十さん「弥七」って呼ばれてましたけどっ
引っ込み際
「さっき、弥七って言うたやろーーーっ!与七やっ!
アドリブが響いて超ウケた

それから、ヨシ君与七のアドリブが光る煮込みうどんの場面
橋本十さんヨシ君与七がギャーギャー賑やかに騒いでる隣で、
黙々と絵を描く悠河おせいちゃん
煮込みうどんのコトも放ったらかし
そんな悠河おせいちゃんに、ヨシ君与七
「おせいちゃん!冷たい!!雪女か! 
って突っ込み
笑う~~~
その後も、黙々と絵を描いてる悠河おせいちゃん
ヨシ君与七、最後はしびれを切らして
「何?さっき"雪女"って言ったから怒ってるの?ねーねー、怒ってるの?」
めちゃめちゃ可愛いんですけどヨシ君与七
ここは、これからも絶対色んなバージョンが出てきて、
楽しいアドリブ場面となりそうです


カーテンコール
すごいカンパニーのイイ感じの雰囲気が出ていて、楽しい
センターに注目していた時
ドテッと下手袖で音が
ふと視線を向けたら、ソニンちゃんが跪いて転んでる
どうやら、花魁の着物の裾を踏まれちゃったみたいで、転んじゃったみたい
「カーテンズ」マルシアさんを思い出す
何度目かのカーテンコールで、悠河さん橋本さんと手を繋いで出てきました
いや~ん、仲良しさん
で、舞台中央でお互いに向き合ってペコリとご挨拶
これは初日と一緒
ご挨拶後、下手袖に入る直前で、
悠河さん橋本さんに肩を抱かれながら、揃って客席にご挨拶
その後、悠河さん橋本さんに向かって両手をピラピラさせて盛りたててました
スポンサーサイト







2010⁄04⁄08 22:00 カテゴリー:戯伝 写楽:観劇 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。