元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








「戯伝写楽」 4/10 17:30公演 (観劇3回目)


土曜日は、いつも踊りのLessonが入っているので、観劇できないのですが
先生が急遽関西でのお仕事が入ってしまったので、LessonOFF
というワケで、夜の部を観劇
観劇は三回目になります
劇場に向かう前に、久しぶりに表参道をフラフラとお散歩
そうしたら
表参道ヒルズの前にズラーーーーーーーーーーッと繋がる長蛇の列
しかも、その列
全員、メンズ
何の列なワケ
先頭までいってやっとわかった
EXILEのボーカルオーディション用紙を持っている人たち
なるほど~
いやぁ~、ボーカルの募集が何人なのか知らないけど。
すごい倍率・・・
ビックリだ

さて、「戯伝写楽」
もともと観劇予定ではなかったため、当日券で入りました。
後方ブロックのド・センターのお席が手に入りましたよ
この席、すごくイイッーーーー


たまたまこの回のPAさんのミキシングの具合が良かったのか
スピーカーから離れた後方席だったから良かったのか
音響バランスがかなり良かったように思います
相変わらずコーラスになると何を歌っているのかわからない・・・
っていうのは変わらないですけど

それから、後方席だとあの攻撃的なバックサスライトが目に入らない
客席前方がバックサスライトで青く染まっているのを観て、
「うわぁ~、今、きっと皆まぶしいよね~。」
なんて思っていたり

やっぱり舞台って、色んな席から色んな風に観るのが楽しいですね
何よりも、後方席からは舞台全体を見られるのがイイ
場面場面が、一枚の絵のように見えたりするのが美しい
ご贔屓さんを近くで見たいというのも、もちろんありますが
作品として見るには、この後方席が好きだなぁ~
2Fから観ると、どう見えるんだろう

音響バランスが良かったとはいえ
やっぱりコーラスになると、歌詞が全然聞き取れない
例えば。
写楽の絵が世に出始めた時に浮足立つ町衆の人たちが歌う
いいのか 悪いのか
のところとか
高札場でのさらしの場面で歌う、すごいロックな歌
みてごらんよ 醜態をさらしている
のところとか
演出意図として、特に何を歌っているのか伝えたいワケじゃないのかもしれない
音楽的な"印象"として伝えるだけで良かったのかもしれない
でも、だったとしたら、バンドの音楽だけでイイと思うの
あそこのコーラス部分は、
アンサンブルの人たちがただ歌い殴っているという感じで
ちょっとなんだかなぁ・・・なんです

あと
1幕の橋本十さんヨシ君与七木端喧嘩の場面とか。
すごいラップ調なんだけど、やっぱり何を言ってるかわかんない・・・
ムリに歌にする必要があったのかなぁ・・・とか思っちゃうんですよねぇ

でも
劇中で色んな人が色んな歌詞で歌い継いでいく曲で、
とっても耳障りの良い、耳残りの良い曲も色々あるんです

コングさんから山路蔦重さんに歌い継がれる曲とか。
嘘で塗り固めている 現の世の中だから
 夢を追いかけてみても 裏切られる
嘘で塗り固められた 現の世の中ならば
  夢を仕掛けてみるのも たやすいこと
ココの歌い継ぎは好きだなぁ~

一幕ラストの大コーラス
はじめから間違えていたわけじゃなかったのなら もう一度間違えず
ここはね、ゾクゾク~ってするくらい気持ちが盛り上がる

悠河さんの歌の中でも、すごい好きなのとか、あります
どうだい 今度の絵は?役者の全身の姿を描いた
メロディラインが爽やかなボサノヴァっぽい感じで好き


今回の悠河さんのお芝居の中で、
すごく引き込まれるのは、やっぱり眼の表情かなぁ
興味の対象を見つけて、可愛くクルクルッとしていたり。
ゾクッとするほど強い眼力を持っている瞬間とか。
狂気に眼が虚ろになる感じとか。
死顔に魅せられて、焦点が合わなくなる目をする瞬間があります
あれ、どこかで観たことがある・・・と思ったら。
「外伝ベルサイユのばら」アンドレが、
どんどん目が見えなくなっていくときだ
同じ技法()なのかもしれないけど、外に出てくる感情表情が全然違う
絵の中にただ漂っている虚ろな表情という感じが見えました。
精神的に病んでいる虚ろさではなく
天才ゆえに日常から逸脱してしまう瞬間が見えるっていうか
ちょっと私事ですが
私の踊りの先生も、こういう雰囲気を醸し出す瞬間があるのを思い出しました
作品制作のピークとか、公演直前のお稽古の時とか。
本当に神経が研ぎ澄まされた時なんだと思うんですが、
で、そういう時の先生、ある種おせいちゃんのように手がつけられなくなる
「あぁ・・・先生いっちゃった・・・」と感じる瞬間です
その境地には、凡人は立てないんだろうなぁ・・・っていうところなんです。
悠河おせいちゃんと、そこに重なるうちの先生の姿など見て、
"天才ってこういう一面を持っている"っていうのを突きつけられた感じです


さてさて
凡人な私には、やっぱり日々代わるアドリブなどが普通に楽しい
というワケで
アドリブレポ

役者絵を描いては放り描いては放る悠河おせいちゃん
その後ろをついて回って、一生懸命絵を拾い集めるヨシ君与七
後ろで上手くキャッチしようと、もがいているヨシ君与七が可愛い
しかも、放ろうとして手を止めた悠河おせいちゃんに対して。
「なんやねん、フェイントかいなっ」と呟くヨシ君与七
このフェイントかけた悠河おせいちゃん、ワザとかなぁ
だとしたら、悠河おせいちゃん、笑いをわかってますね~

煮込みうどんを作ったり、かいがいしくお世話するヨシ君与七
手ぬぐいを姐さん被りしているヨシ君与七に向かって、
この格好は何なんだ?と突っ込む橋本十さん
「何を人ごとのようにぃ~~~~」
橋本十さんにすがりつくヨシ君与七に、
「鼻の穴、膨らんでますよ。」橋本十さん
もうねぇ~、この二人の掛け合いがオカしすぎるし~
そんな二人に向かって
「入っておいでよ、二人とも。気になって仕事にならないっ♪」
っていう悠河おせいちゃんも可愛いの

橋本十さん悠河おせいちゃんがイイ感じの雰囲気になっている後ろで、
せっかく作ったうどんが冷めちゃう~~~って地団駄踏んでるヨシ君与七
この煮込みうどんのトコは、かなりアドリブが楽しくなってます
ヨシ君与七  「この家探してきたのも、飯作ってるのも、ハイッ、誰でしょうか?
         じゃぁ、十郎兵衛、行ってみよう!」

橋本十さん  「はい、弥七さんですっ
ヨシ君与七  「誰が弥七やねん!風車かっ!  注:@水戸黄門

ヤバイッ面白すぎる~~~っ
さらに
橋本十さんが歌舞伎を観に出かけちゃった後
「ジャジャーンと煮込みうどんのフタを開けた直後のヨシ君与七のリアクション
「・・・・・・・  伸びてるやーーーーんっ!
そんなヨシ君与七を前にしても、黙々と絵を描く悠河おせいちゃん
「なんで絵描いてんの、この状況で?なんか言うことあるやろ~~~っ
ヨシ君与七が可愛すぎるっ
「ごめんね~、とか。ありがとう~とか。
 ホントは与七が一番やで~、とか。
 はいはい、わかりましたよ。作り直してきますよ~」

のれんに腕押しな悠河おせいちゃんに負けちゃったヨシ君与七でした。


週末土曜日ということもあり、かなり客入りが良かったこの日
カーテンコールでは、指笛なども鳴ってました。
カーテンコールで出てきたキャストの皆さんを抱え、橋本さん
「皆さん、盛り上がっていただき、ありがとうございます!!
 キャストを代表しまして・・・
海老澤くんから!」
おっと海老澤くんに振りました~
客席からは拍手~~~
いきなりのフリに海老澤くん、タジタジーッ
でも、頑張ってご挨拶してました
「今日は、皆様ありがとうございました~。
 華やかな衣裳に身を包み、頑張ってやらせていただいています!
 また皆様とお会いしたいです。是非また観にいらしてください!」

突っ込みどころは、ありますよ
丁稚な海老澤くん、お衣装・・・そんなに華やかな、ではないような
まぁ、まぁ、まぁ
舞台上は、皆さん"華やかな衣裳に身を包んで"いらっしゃいます

そして、締めのご挨拶は
橋本さん  「本日は本当に」
悠河さん  「ありがとうございました」

ラスト、下手袖で揃ってお辞儀してご挨拶な橋本さん悠河さん
深々と客席にお辞儀をしている悠河さんを残して、
あえて、ヒョイッと逃げるように袖に入ってしまった橋本さん
そんな橋本さんを
「ちょ!ちょっとという風に捕まえようとする素振りをみせる悠河さん
可愛かった
そして、「あ☆」という感じに、客席に向かって再度お辞儀をして袖に入って行った悠河さん
こんなパフォーマンスフォローをしてくれた橋本さんに、ありがとう
可愛い悠河さんに、ありがとう
スポンサーサイト







2010⁄04⁄10 21:00 カテゴリー:戯伝 写楽:観劇 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。