FC2ブログ

 元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
4/13 宙組「黎明の風」「Passion愛の旅」11:00公演


月曜日火曜日の観劇に続き、今週三回目の観劇
金曜日にはトークショー悠河さんに会えたし、なんだかもうとっても幸せ
OMCの貸切公演ということで、抽選会などもありました。
大劇場公演でのサンケイリビング新聞社での貸切公演では、
幕間に抽選会などがあったり、
悠河さん轟理事のインタビューなどがあったりしたけど、
特にそうした催し物があるわけではなく。
休憩時間に放送で当選者の発表が行われているというスタイル。
ま、たいていそういうクジ類には当たらない私なので大した期待もしていませんでしたし。
案の定・・・



宙組 東京宝塚劇場 11:00公演 1階4列中央ブロックにて

今まで何度か観劇を繰り返しているものの、このセンターブロックというのは初めて
もぉ~~~~
幸せ以外の何者でもありませんでした
「黎明の風」では、悠河マッカーサーが私に向かって演説しているし
(違う、違う(-_-)ノノ)
「Passion 愛の旅」では、悠河さんの投げKissをしっかりGETだし。
(だから、違う、違う(-_-;)ノノ)

<黎明の風>
マニラホテル
 美羽ちゃんジーンがどんどん良くなる印象です
 悠河マッカーサーが日本に思いを馳せて
 「日本は美しい国だ。そして、彼らは礼儀正しく、アメリカが大好きな国だ」
 そんな風に話す悠河マッカーサーの背中を後ろのソファーから見つめる表情。
 とっても優しく温かくマッカーサーをしっかり立てていながらも、大きく包み込んでいる印象
 マッカーサーは、ジーンがいなくては生きていけない人物だったというのがわかる気がします

ロンドン大使館
 後輩えりこちゃん打田がやってきた時の白洲さん
 「こいつは国費留学だが、俺は」
 「女に手を出して島流し、でしたわね」

 この時、いつも「まさこ」って呼ぶ言い方が少しずつ違ったりしていますが
 この回では「まっさこぉ~と可愛く歌う感じになってました
 白洲さんは、色々遊べる箇所があっていいなぁ~
 まぁ、そういう部分を色んな風に楽しみながら見せる技を持っているのが、
 轟理事なのでしょうけれど。

調略放送
 東京ローズの放送、ちょっと言い方が変ってました。
 「こちらは東京ロォ~~ズ
 今までの東京ローズより若返った気がする

テレビャンコ登場
 このシーンでは、「トーゴクしますぞ」の冷静冷徹冷酷な言い方が
 毎回ゾクゾクしてしまうところですが、
 その前にある「ソ連軍が北海道に進駐するという噂がありますが」というセリフ
 実はここのセリフを肩越しに振り返って言うところがまたイイんです
 あの少しだけ振り返った悠河マッカーサーの目に殺されてしまいそう・・・

GHQ
 蘭とむ辰美さんともちんグルーパーがバトルところ。
 お互いの思いがわかるからこそ、重いです・・・
 蘭とむ辰美さんの言う「広島や長崎」という言葉。
 ともちんグルーパーの言う「真珠湾」という言葉。
 このどちらもの重いこと・・・。
 こういう小さなシーンの積み重ねと主題歌が相まって、涙を誘います
 「世界の人々が平和という 同じ夢を見る」

マッカーサーの執務室
 白洲さんが入ってきた時の、 本当に「うっ、面倒なのが来た」というような、
 悠河マッカーサーの表情作りがすごく上手い
 そしてそれを誤魔化すように(?)新聞を広げる感じも好き
 
 宝塚大劇場の舞台よりも東京の方が狭いためか、
 悠河マッカーサーがデスクから前に出てくるとき
 サイドの旗が邪魔して狭そうにしているのがちょっと気の毒

独立記念日前夜祭
 たっちん正子さん美羽ちゃんジーンが女同士仲良くやっている時。
 悠河マッカーサーはいつもあす秘書とお話しています
 ここは悠河マッカーサーの数少ないアドリブ的箇所で楽しみにしていますが、
 マイクが入っていないし、何を話しているんだろうと気になるんですよね~
 が
 この回はマイクが入ってなくても、すんごく楽しめましたよ
 だって、あす秘書がやってくれましたから
 あす秘書が、悠河マッカーサーに何かを差し出した。
 なんとなく受け取ってしまった悠河マッカーサー
 ん・んん
 なんと、チュッパチャップス
 一度受け取ってしまった悠河マッカーサーですが。
 そのチュッパチャップスあす秘書に差し戻します。
 でも
 あす秘書ったら、笑顔で「どうぞ♪」と手で差し上げるジェスチャー。
 「うーーーーとしばしチュッパチャップスを見つめる悠河マッカーサー
 ど・ど・どうする
 なめるのか
 ま・まさかね・・・
 と思ったら、ジャケットの内ポッケにしまいこんでました
 困ったさんのお顔でチュッパチャップスを見つめた悠河マッカーサーのお顔がイイ

軍需景気でボーナスが出て喜んでいるサラリーマン
 踊りながら出てきたサラリーマン珠洲
 ボーナスが出るということで浮かれているようです
 「今日は晩御飯ご馳走してよ」
 「あぁ、いいよ」

 とサラリーマン珠洲が男前なところを見せますが。
 上手袖に引っ込みながらOL桜子
 「違うわよ、こうよ」
 と、踊りのダメ出しを受けてました

悠河マッカーサーの退任演説
 「ジーン、17年振りだ。やっと祖国に帰れる。」
 このセリフは、本当にその折々の悠河マッカーサーの心の動きによって言い方が変ります
 「ジーン」
 この呼びかけのセリフが、とっても柔らかく、そして温かい
 「17年振りだ・・・・やっ と・・・祖国に帰れる。」
 この回では、たっぷりとたっぷりと間合いを取って話していたように思います。
 観劇座席がすごく良くて。
 真っ直ぐに悠河マッカーサーの演説を聞き、
 泣きながらも、ホワァ~~~っとなっている忙しい状態
 幸せでした・・・
 そして、「サヨナラ ニッポン」の唄
 歌を歌うというよりは、思いを歌に乗せるといった感じの歌い方
 一つ一つの歌詞に説得力があるような感じです。
 「タニちゃん、歌上手になったね~」
 後ろの席のお客様が終演をにそんなことを言っているのを耳にしました
 昔から歌に不安要素があると言われていた悠河さんですが、
 トップになって二作目。
 だいぶそういうコトも払拭されてきたのではないでしょうか
 
全権団出発の空港シーン
 白洲さんが、武藤さんにバッグのコトでお説教(?)をしている時。
 上手では、マリエ近藤さんたちが記者に囲まれてインタビューなど。
 いつもはここで写真を撮られるのを照れたりしているマリエ近藤さんなのですが。
 今回はOMCの貸切公演
 地味に遊んでくれました~
 蘭とむ辰美さんが頭の上にを作って「O」
 マリエ近藤さん「M」
 えりこちゃん打田さん「C」
 西城秀樹のYMCAの要領で、頭の上で「O・M・C」の文字を作ってくれました~


<Passion愛の旅>
大空
 ホント、好きだなぁ~
 宙ジェンヌが、「ザ・笑顔」っていうお顔で登場してくるのも。
 ハツラツと空間全部を使って踊りまくっているところも。
 出演者たちはほんとにシンドい部分ではあると思うけど、
 とにかくパワーをもらえるこのシーン。
 ダダダンダダダンという音楽に乗って、前に進み出てくるような振りのところで、
 袖幕がパッと白に変るところのも好き

マンボ三人組
 3人ひっつき虫のこのところでは、
 いつものように悠河さんみっちゃんを押しやった直後に抱きついて
 腰のあたりをキャッチしちゃうバージョンでしたが。
 その抱きつくときの悠河さんのお手手
 みっちゃんの腰に巻きついた悠河さんのお手手が、
 みっちゃんの非常にきわどいところをキャッチしちゃったように見えた
 あぁ、びっくりした

 そして。
 OMCの貸切公演ということで、
 マンボを歌いながら銀橋を渡りきったところ=歌の最後は、
 3人で「OMC!!」の掛け声
 決まった

ブラジル
 ど・センターという美味しいお席で、悠河さんの投げKissを受け取り、
 しっかり堪能してしまった私は、すっかり夢見心地になってしまい。
 失礼ながら、次の轟理事ファンタジーに入っても、しばらく戻ってこれなかった私です

さらに若いシャルマン
 大劇場から数えると四つ目のカツラとなるものを見ました。
 大劇場では、ショートのカツラ一つしか見れなかったのですが、
 東京公演では、いくつのカツラを使ってるのかなぁ
 かなり気になる。
 少なくとも東京公演バージョンは三つあるということですね
 で、今回のシャルマン
 ロングショートという感じのショートカットで、
 お顔周りにシャギーが入った感じのストレートショート。
 前髪があって、頭の左トップに黒のレースの髪飾りがついています
 火曜日に見たモンロー風のカツラもすごくステキで好きだったけど、さらにイイ
 モンロー風を見た時に、いつものシャルマンより若返った印象でしたが、
 それ以上にもっと若返って可愛らしい感じに
 演出意図の「ネバっこく、大人っぽく」という部分からは外れちゃうのかもしれないけど
 私は断然、このストレートショートのシャルマンがイイ

アズナブール
 轟理事の後ろから登場してくる娘役さんたち
 クリーム色っぽい白のお衣装をまとって大階段から降りてくる娘役さんたちですが。
 大階段の最上段にスタンバる途中、センター付近の誰かがコケた
 白い衣装だから、スタンバってる様子も特にはっきり見えちゃいました
 あぁ~、びっくりした
 良かったね~、大階段から転げ落ちなくて
 本人も周りも、ドキリとしたと思います。
スポンサーサイト









ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄04⁄13 14:30 カテゴリー:東京公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2020 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin