元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








4/27 宙組「黎明の風」「Passion愛の旅」11:00公演


入りの時間から日比谷
悠河さんえりこちゃんともちんに会えました

元気印でPOPな悠河さんは、
「これでもかぁ~!」っていうくらいスタイルのイイところを披露なお洋服。
今日のアクセントカラーはブルーとイエロー
元気一杯なブルー&イエローのTシャツに、サングラスまで青の縁
若き日のやんちゃなマッカーサーという感じ

えりこちゃんともちんは、いつものように会の前でしばらくおしゃべり
元気な笑顔でファンの人たちとお話している姿は、こちらも元気になります
ともちんは、会のマフラー(ショール?)を巻いてました。
ちょっと肌寒い日比谷の朝だったけど、元気満タンになりました


宙組 東京宝塚劇場 18:30公演 1階センターブロックにて

<黎明の風>
何よりも特筆すべきは、悠河マッカーサーの余裕さ加減
今までも、”若いマッカーサー”でありながら、落ち着いた深さを感じてはいたものの、
そういったコトを上回る余裕を感じて、すごく驚いた回となりました
日によって色んなマッカーサーを見せてくれる悠河さん
東京公演も折り返し地点を過ぎ、ますます輝いています

オープニング
 悠河マッカーサーを筆頭にアメリカチームが登場すると同時に逃げ惑う群集たち。
 いつも、ここの悠河マッカーサー 白洲さんのダンスに見惚れて、
 あまり奥まで見れていなかったのですが
 だって、、、
 ここの悠河マッカーサー、パーンと足をサイドに高く振り上げるところとか、すごく格好良くて
 そう、悠河マッカーサーはもちろん格好イイんですけど
 その後で群集たちを誘導している蘭とむ辰美さんの両手を広げた後姿も凛々しくてイイです
 
マニラホテル
 悠河マッカーサーの左薬指に光るマリッジリング
 新婚さんですから当たり前なんですけどこのキラリと光るリングを見ると、
 なんだかちょっと胸がキュンとしちゃうのですわ
 そうそう。
 先日の演劇フォーラム悠河さんが言っていたご自身のお気に入りのしぐさ
 スーツのジャケットの後ろ側から手を入れて・・・というヤツ
 まずはさっそくココで発見
 
ロンドン大使館
 ゆうちゃんさん吉田茂がさすがだなぁ~と思うのは、
 本当にちょっとした動作に雰囲気があるっていうことでしょうか
 ドサッとソファに腰掛ける前に、
 スーツのボタンをはずすんですけど、それもさりげない感じです
 マニラホテルで、悠河マッカーサーもネクタイを緩めてスーツのボタンをはずしますけど、
 アレはなんだか格好よくきまり過ぎちゃってさりげないという感じとは違うんですよね
 そして、ゆうちゃんさん吉田茂
 すっしーロビンが登場してきてご挨拶する時には、
 ソファから立ち上がりながら、はずしたボタンを締めるんです
 こういうのって、やっぱり雰囲気あるなぁ~と思います。
 
 このシーンでの蘭とむ辰美さんのセリフ
 「平和を愛する日本人でありたいのです」
 熱いなぁ~
 "愛国心"を強く意識していきたいとお話していた蘭とむさんですが、
 ビシビシとそれが伝わってくるセリフ回しだなぁ~と思います

フィリピン
 フィリピンの友軍へ向けての宣言。
 悠河マッカーサー「 I Shall return」
 誇らしげに強い信念を持った悠河マッカーサーの表情が大好きですが。
 これを聞いたみっちゃんブレストン
 ともちんグルーパまさこちゃんラッセルの表情が、またイイ
 彼らの表情を見ていると、
 悠河マッカーサーがどれだけ敬意を表されているかを感じることができます。

レクイエム
 「群青」を歌う白洲さんのお顔は全く見れていないのですが・・・
 この歌にあわせて踊るレクイエムダンサーたちの切ない表情や若い日本兵たちを見ていると、
 どうにも心がキュッと締まる感じになる。
 大劇場公演が始まった頃、全然受け入れられなかったシーンなのになんだか不思議
 曲調と彼らの表情が上手くマッチしてきたのかもしれない。
 最近はパプロフの犬状態で、曲が始まっただけですでにジーンとしてしまうのよねぇ・・・。

混乱
 熊澤天皇「尻に菊の御紋があるのだ」と言ったので。
 「じゃぁ~、見せてみろ」熊澤天皇に男が近づいていったら・・・。
 後ろに控えてる巫女(?)に、剣道の"面"を打たれて一本取られてました面
 
厚木飛行場
 私だけかな・・・
 このシーンが始まってカーテンが開くと、なんだか墨汁筆の匂いがするような・・・
 スモークの匂い
 だけど、レクイエムの時にもスモークが焚かれているけど、この匂いしないんだけどなぁ・・・
 毎回気になるんだけど。
 美術セットの匂いかなぁ

テレビャンコ登場
 毎回静かな怖さでドキリとさせてくれる悠河マッカーサーのこのシーン。
 「トーゴクしますぞ」もイイんだけど。
 その前にテレビャンコ将軍が登場してきたときの悠河マッカーサーもかなりのつわものです。
 「テレビャンコ将軍」と笑みを浮かべて近づいていくあの様。
 ちっとも目は笑ってないし、それがまた高圧的な上から目線で
 上手いんですよね~、こういうお芝居

GHQ
 日本のサスマタやタケヤリを笑うともちんグルーパー
 どうしても日本側に肩入れしてしまうモロ日本人な私としては
 とっても憎憎しいところではありますが、
 ともちんグルーパー 蘭とむ辰美さんのやりとりでは、
 二人の格好良さにポッとしたりしています。
 ともちんグルーパーがシャツを腕まくりして、
 ゴツイ腕時計が見えている感じがすごく好きなのに、
 この回のともちんグルーパー、腕まくりしてくれてなかった・・・
 残念

マッカーサーの執務室
 悠河マッカーサーが大きく変わったように感じたこの回
 とにかく何よりもこのシーンで見せるマッカーサーの余裕ぶりに目を見張りました
 ゆうちゃんさん吉田茂と話しているところへ白州さんの登場。
 「ミスター・シラス」
 今までは、"面倒なのが来たなぁ"という感じで、
 目をクルリとさせてから新聞に視線を落としていたように思いますが。
 この回では、ちょっとニヤリと口元に笑みを浮かべて。
 あの白州次郎が小僧扱いにさえ見えたんです
 このシーンでは、始終そんな感じ。
 「スシやテンプラを食べに来たわけではない」
 そんなセリフも、真っ向から対向するというよりは、
 諭し言いくるめる感じに聞こえました
 そうなってくると
 この後に白州次郎「一つお願いがあります」といって、
 小説の発禁解除の話に切り替えるニュアンスが変わってくるように思います。
 白州次郎が苛立ち気に執務室を後にしてからも、
 悠河マッカーサーは余裕な笑みの表情でした。
 同じセリフなのに、言い回しによってこんなに変わってくるのか
 と、驚いたシーンの一つとなりました。
 
将校クラブ
 マッカーサー夫妻白州夫妻の奥で、いろんな会話が繰り広げられている将校クラブ。
 ここ最近は、色んなところで色んな恋が生まれている模様です。
 あーーーー、アイツ二股かけてんじゃん!とか
 基本的には悠河マッカーサーに釘付けなのですが、何かと奥も気になります。

銀座カンカン娘
 いづみちゃんの歌う銀座カンカン娘
 「時計眺めて そわそわ にやにや」
 いづみちゃんの表情が好きです。

朝鮮戦争
 懸命にマッカーサーを止めるみっちゃんブレストンに胸が熱くなります
 それぞれにそれぞれが胸に信念を持っているからツライ
 白州さんが土下座した瞬間に、その後で目を背けるしかなかったたっちん正子さんとか。
 「白州さん、もぉイイッ!止めてくれぇっ!!」
 叫ぶ蘭とむ辰美さんの大きな大きな目から、今回も大粒の涙が零れ落ちました。
 アレを見た瞬間、やっぱりダメだ
 泣けて仕方が無い・・・

悠河マッカーサーの退任演説
 清々しい思いで演説を続ける悠河マッカーサー
 その奥で切ない表情を浮かべるアメリカチームの面々の表情が胸に来ます
 「私はこの国を永遠に愛し続けます」
 悠河マッカーサーの敬礼とともに、後の階段に並ぶアメリカチームのメンバーも、
 全員日本チームに体を向けて敬礼をしますが
 この瞬間がイイ
 色んなことを乗り越えて、"平和"に向けて手を取り合う仲間手をつなぐであることを強く感じます
 
エンディング
 このラストのコーラス
 宙組らしい、壮大なコーラス
 悠河マッカーサーの気持ちよい笑顔
 唄うみんなの表情も本当に幸せそうです
 このエンディングを見るたびに、この舞台、何度も通いたくなるんです


<Passion愛の旅>
 不覚にもショーで涙を流してしまった・・・
 だって。
 悠河さんがあんなにもキラキラしているからいけない。。。

オープニング
 轟理事の主題歌「Passion愛の旅」の終わって、2番に入るまでの間奏
 センターに登場した悠河さん
 ゴールドに光りが放射するようにサンライズに輝くセットの中を登場してくる悠河さん
 その姿がとっても神々しくて
 のTOPなんだよ、って改めて感じて
 たくさんたくさん色々なことがあった今回の作品だけど、
 そういうことを全部受け入れてそこに立っている悠河さんのキラキラした姿に、涙が出た
 銀橋に出てきて唄う前に、
 上手の銀橋入りのところで"その場ステップ"みたいにするトコロが好き
 
終わりなき愛の旅
 銀橋で轟理事が歌う後ろでコーラスを入れる娘役さんたち
 いづみちゃん、なんて気持ち良さそうに歌うんだろう
 これで卒業かと思うと、本当に寂しい思いです

大空
 後ろの方から悠河さんが飛び出てきてハイキックするところ。
 最近、ここでは拍手がおきますね~。
 格好よくてノリノリで超ハイテンションで、気持ちいい
 
砂漠の薔薇
 前回見たときに、轟理事の髪の感じが違うなぁ~って思ったけど、
 東京公演後半戦はこのスタイルで行くのかな
 頬の辺りに沿わせた感じの髪の束が色っぽい感じになっていて、
 私はこの方が好きかも
 最後に手にした枯れた薔薇
 東京公演からは、
 小道具細工でハラハラと薔薇の花びらが落ちるようになりましたが。
 この回では、手に持つ薔薇の花の角度を間違えたのかな
 ハラハラ舞い散るというよりは・・・。
 薔薇の枝からポンポンと花びらが飛び出てました

マンボ→ブラジル
 マンボ三人組ひっつき虫のこのところは、
 悠河さんみっちゃんをエイッと押した後、
 みっちゃんのジャケットの裾のヒラヒラを持ってシュルシュルーーーッとしてました
 でも蘭とむさんが、しっかり悠河さんの腰をキャッチしてたから、
 結局みっちゃんは一人で下手へ
 みっちゃんのほぼ素の感じの「アハハという高らかな笑いが響いていて、
 見てても微笑ましく笑顔になっちゃう

 ブラジルの客席降り。
 下手側に来た悠河さんは、ここ最近ますますファンサービス満点
 あちらこちらのお客様とハイタッチしてました。
 あーーん、羨ましい

 ブラジルが終わり、銀橋から下手花道にはけていく蘭とむさん
 クルクル回りながら花道を通っていきますが、あの笑顔がたまらなくイイです

JAZZバージョン愛の旅
 みっちゃんの隣で柔らかそうなお衣装を身にまとって歌うたっちんアリスちゃん
 二人のシンメトリーな髪飾りが可愛い

大階段群舞
 熱くて色っぽい蘭とむさん
 センターに出てきてソロで踊っているときの、あの手をひっくり返すような振りが好き
 オープニングの燕尾の群舞でも、この振りがあるけど。
 蘭とむさんの手の反らし具合が、すごい色っぽさを感じるんです。
 この手先を見ていると、蘭とむさんらしいなぁ~って思います
 
シャルマン
 シャルマンのカツラは、ロングショートのシャギーっぽいバージョン。
 東京公演に入ってから、私はこのカツラを見るのが多いなぁ~
 好きなカツラだからイイけど。
 ・・・と思ってオペラ覗いていたら
 んカツラにチラチラと映る光。
 んなんだ、あれ?
 よくよく見ると・・・
 カツラに数本、細く張り巡らされたピアノ線のようなもの
 なんのかしら、あれ。
 明らかに飾りではないし・・・
 固定させておくものか何かなのかなぁ 

パレード
 みっちゃんって。
 最後のご挨拶の時に、「ありがとうございました!」って声なしで言ってるけど、
 これ、毎回言ってるんだ~
 昭和な香りプンプンで、紅白歌合戦を思い出させるけど、
 こういうみっちゃんの律儀さが好きです
 悠河さんのあの最後のご挨拶ぺこり
 豪快な悠河さんのお辞儀を見るのが、すごい楽しみになっています
 日に日に勢いがUPしているような感じで。
 今日はどれくらいやってくれるかみたいな
 あの羽をバサッと振り下ろして、ガバッと起き上がるのを見ると、なんか気持ちイイ
 そして、とっても得意気なお顔で、やりきった感が満載な悠河さんの表情も大好きです。
 パレードのお辞儀ぺこり一つとっても、ホントに皆人それぞれで個性があって楽しいなぁ~

 
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄04⁄27 14:30 カテゴリー:東京公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。