元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








5/5 宙組「黎明の風」「Passion愛の旅」15:30公演


まったく、蘭とむさんってばルール違反()だよぉ
あんな蘭寿とむ男さんで登場した直後に、まじめな顔してお芝居に出ちゃって
(・・・「黎明の風」蘭寿とむ男さんで出るわけにはいかないっつーの
直前に蘭寿とむ男さんを見ていたおかげで、コチラ的に観劇の心の準備が・・・
蘭とむさんはプロだから、
オープニングで登場の時にはもちろんバシーッ辰美さんになってましたけど、
すっかり和んでしまった私はどうしたら良いのぉ~なんて思いながら、
少しずつお芝居へフェードイン
東京公演では初の2F席での観劇。
ふかんで見る舞台は、いつもより奥までしっかり見れて、新鮮な印象でした
5月5日のこどもの日ということもあって、歳時記アドリブが楽しかったな


宙組 東京宝塚劇場 15:30公演 2階上手ブロックにて

<黎明の風>
 オープニング
 2Fから見るオープニングシーンは、舞台奥まで見えるので
 敗戦後の日本の喧騒が深く伝わってきます
 1F席で花道で演技している様子などを見るのもイイけど、
 特にオープニングに関しては、2F席の方が迫力も伝わってきやすいかも
 また、悠河マッカーサー白洲さん登場後の日米の対決ダンスも、
 フォーメーションまでしっかり確認できて面白い

ロンドン大使館
 1F席からは見えないところを見ようと一生懸命になっちゃった
 ロンドン大使館の奥には茶釜や茶器セットが置いてあるんですね~
 今までちっとも気づかなかったわ

近づく軍靴
 お人形を持っている女の子の前髪がぁちょんまげみたいに結わかれていた~
 こどもの日スペシャルパージョンかしら?

レクイエム
 スモークがたかれるこのシーン。
 まるで雲の中で踊り歌っているような雰囲気で、幻想的な感じです
 スモーク&紙吹雪(=雪?)&照明が上手に演出されていて、
 レクイエムダンスに対しての思いが深まります

混乱
 「先生は皆さんに天皇陛下は現人神だと教えてきました」という先生の教えに。
 生徒ちゃん「知ってますよ~」という可愛い声が響いて、会場からは笑い声が。
 さらに
 酔っ払いきみつんの出。
 「すみれのは~な~♪」の部分が、
 「屋根よ~り高い、こいのぼり~♪」とこどもの日アドリブになっていて、
 会場から拍手が起きました
 そして
 上手から出てくる日本人カップルも、こどもの日バージョンで登場。
 手には小さなこいのぼりを持ってます~
 ここの場面は、こんな風に小さく色々遊べるんですね、面白い

厚木基地
 東京公演も後半戦に入り、悠河マッカーサーは日に日に貫禄を増して行きますね。
 この厚木基地で、天皇の訴追について話す悠河マッカーサーも、
 今まで以上に堂々とした構えです
 とても自信たっぷりに自分の考えを話す悠河マッカーサーにますます惚れちゃいました

軍需景気でボーナスが出て喜んでいるサラリーマン
 ボーナスが出て浮かれているサラリーマン珠洲に、
 「今日は私に晩ごはんご馳走してよ」OL桜子
 「あぁ、いいよ」と太っ腹なサラリーマン珠洲にねだったものは・・・。
 「チマキが食べたいな」OL桜子
 ちまき程度なら、ボーナスが出なくても食べられるだろうに

朝鮮戦争
 悠河マッカーサー白州さんの衝突。
 白州さんの土下座のシーンでは、ずっと悠河マッカーサーに釘付けでしたが
 観劇も残り少なくなって、ようやく周りの人にまで目を広げることができるようになりました
 白州さんが土下座した瞬間に、
 階段を下りてきたたっちん正子さんがクルリと背を向けて顔を背ける様子。
 その後姿が切なくて・・・
 「白州さん、もういい・・・やめてくれぇ・・・」と言う蘭とむ辰美さん
 ポロポロと零れ落ちる涙は、2F席からもはっきり確認できました。
 持っていた杖を落とす悠河マッカーサー、深く深く息を吐き出しました
 この場面のいろんな人の思いが、どうしたって毎回涙を誘うんです

退任演説
 悠河マッカーサーの素晴らしい演説に、毎度心を打たれながら、ふと周りに目をやると
 上手側に並ぶ米兵たちの表情が、また胸に来るものがあります
 悠河マッカーサーと共に日本で過ごした日々に思いを馳せているのでしょうか。
 それぞれの感慨深げな表情がイイ感じです

全権団出発
 お見送りのたっちん正子さん
 銀橋渡りでは、頬を伝う涙が
 ダメだ、いっつもこのたっちん正子さんが涙している時はもらい泣きをしちゃう・・・
 ホントに素敵な正子さんを演じています

日本独立→エンディング
 葉巻を差し出す白州さん
 「ハバナさんだ」と言われてから、やっと受け取るゆうちゃんさん吉田茂に対して、
 「まったく子供なんだから」と小さく言う白州さんのアドリブを確認。
 エンディング、今日も熱かった
 全体を見れたことで、色んな人の思いがビシビシと伝わってきて、
 涙が止まらないエンディングとなりました
 エンディングのコーラス本当にイイですね~
 色んな問題を抱えながらも、やっぱり平和に暮らす日本に対して、
 感謝の気持ちを改めて感じることができます


<Passion愛の旅>
オープニング
 2F席からは奥の方まで良く見えるのでセンター&銀橋の轟理事よりも、
 本舞台で踊っている燕尾の男役さんたちに目が行きます
 当初から、この燕尾では、それぞれの男役さんたち
 思い深く踊っている場面という話を聞いていましたが、
 やっぱり誇らしげに踊っている姿が確認できて、イイ感じ
 悠河さんが登場すると、いつもそのキラキラの表情を中心に見ているのですが。
 ふと見ると、悠河さんの踊りは(もちろん他の宙ジェンヌもそうなのでしょうが
 指先にものすごく表情があって、好き
 思わず指先をオペラで追ってしまうほどに
 身体の隅々まで神経を行き渡らせて踊っている姿がステキなんです

大空
 悠河さん美羽ちゃんのセリ上がり
 2F席だと、二人が自分に近い位置に感じられて、嬉しい
 下から見上げる形で見るデュエットもいいけど、上側から見るのも新鮮です
 セリ上がりの箱は、思ったほど広くないので、
 あそこでブリゼしたりするのってちょっと怖そう
 でも、余裕なお顔でデュエットしてるよなぁ~

砂漠の薔薇
 カチャ君オリエンタルの人たちに担がれて進み出てくる時
 オリエンタルの人たちで構成される”人の道”の真ん中を通って出てくるんだ~
 これって、2F席じゃないと確認できないですね
 こんな風に人が多く色んな形に体形されている場面は、
 1F席と2F席との見方が違って面白い

マンボ→ブラジル
 マンボ三人引っつき虫
 悠河さんみっちゃんをエイッと押した後にみっちゃんにくっついていくバージョン
 しかも、悠河さんみっちゃんの背中を両手の人差し指でツンツンしてましたぁ
 可愛い
 最近は蘭とむさん悠河さんがセンターに残って、
 みっちゃん一人で上手まで行っちゃうバージョンが多かったので、
 久しぶりにこのくっつきを見れて嬉しかった

 中詰めの場面では、いつも客席降りの悠河さん蘭とむさんに釘付けなので、
 本舞台チームを見たいと思うのに、なかなか目が行き届かない・・・
 2F席の時だからこそ要チェックだわと思ったのに。
 ギリギリのところで銀橋が見切れずに悠河さんが見え隠れしてるので、
 結局そちらを追ってしまった
 
ファンタジー
 ここの隊形は、当初難しかったという話をCSのニュースなどで聞きましたが、
 上から見ると、セリがあちこち開いていて、踊るの怖そう・・・

シャルマン
 カツラはクルクルカールがたくさんついた大仏バージョン
 一番最初に見たときは、え・・・ちょっとなぁ~って思ったカツラなのに。
 私が見慣れたせいなのか
 悠河さんが一番お気に入りと言っていたからなのか
 なんだか私もお気に入りになりました
 毛先についているクリスタルがキラキラと光って、とてもキレイなんですよね~
 ここのデュエット
 公演後半戦に入って、ずいぶん二人の温度が上がってきていて
 悠河さん轟理事もデュエットしながら、なんとも至福の時といわんばかりの笑顔になります
 悠河シャルマンの女度がどんどんUPしていて、美しい
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄05⁄05 18:45 カテゴリー:東京公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。