元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








5/6 宙組「黎明の風」「Passion愛の旅」13:30公演


GWスペシャルみっちゃん
飛び入り出演してくれた悠河マッカーサーに大興奮したまま幕開き
GWスペシャルの詳細はこちら
GWスペシャルのインタビューみっちゃんが語ってくれたように、
この今の日本の土台を築いてくれた方々への思いを込めた舞台というものを感じ、
この回では、全体としてテンションが高めであり、
全体としてそれぞれがたっぷりと演じておられたように感じます。
特に悠河マッカーサーは、東京公演も後半戦に入り、
日に日に深み厚み大きさがUPしているように感じます。

悠河さんのFC会は、”総見”というものだったそうです。
後から悠河(優雅)に宝塚 yugani_takarazukaさんに伺いました。
どうりで悠河さんの視線がやたら2F席へと向かうわけです。
他にもそんな会があったのかな
悠河さんに限らず、結構皆の視線が2Fに飛んでいるような気がしたのですが


宙組 東京宝塚劇場 13:30公演 1階上手ブロックにて

<黎明の風>
ロンドン大使館
 スペインのレースすっしーロビンに運転交代してもらった思い出を話すシーン。
 「助手席で震えていただけですよ」というすっしーロビンに対し。
 「そんなことはないさぁ~。
  スペインのレースで俺が▲%□●△た時、運転交代してくれたじゃないか。」

 ・・・。
 白州さぁ~~ん
 今、なんておっしゃった
 “噛んだ”というよりも・・・、なんかワケのわからない単語を発していらっしゃいましたけど
 それでも強引に言い切っちゃうところがすごい
 噛んだとか間違えたとか、そんな風に思わせないところがすごい

近づく軍靴
 モンペ姿のムスメたち
 モンペなのに、、、あらまぁ良く高らかに足が上がること
 すっごくモダンモンペ娘たちです
 「この非国民が!」と連れ去る憲兵
 こわい・・・
 上手袖から戻ってきても、もう一人の日本人男性を殴りつけてました
 ・・・なにも殴らなくても・・・

フィリピン
 東京ローズが、ちょっと雰囲気を変えてきました
 いつもの嫌らしい感じの東京ローズよりも、少し落ち着いた大人っぽい感じになってました。
 調略放送が流れる中で、マイクに通らない声で、
 それでもハッキリと悠河マッカーサーに進言するみっちゃんブレストンが好きです
 そのみっちゃんブレストンの登場に、
 「どうした?」と、これまたマイクの通らない声で言う悠河マッカーサーが、
 どうにも上官らしい雰囲気を醸し出していて、やっぱり好きです

混乱
 下手花道の黒板前の先生生徒ちゃんたち
 この千鈴まゆちゃんが、どうにも可愛くて仕方ない
 「先生は皆さんに天皇陛下は神様~」という先生のお話に、
 「はいっ、わかってますよ~」と可愛い声。
 毎回、ちょとずつ言い方が変ってて、楽しい。
 でも、実際にこういう生徒がいたら、先生は面倒だろうなぁ~
 酔っ払いきみつんは、今回も気持ち良さそうに酔っ払ってました
 登場早々、「すみれのは~な~♪」と歌い出す前に、「う、め~~~~♪」
 そっか、そっか
 きみつんの飲んでる濁り酒は、そんなにうめーか

テレビャンコ将軍vs悠河マッカーサー
 「これはこれはテレビャンコ将軍」
 笑顔で近づきながら、スッとその笑顔を納める悠河マッカーサー
 この笑顔を消す瞬間の悠河マッカーサーにゾクッと鳥肌が立つほどの怖さを感じました。
 このシーンの悠河マッカーサーの作りこみは、本当にすごいなぁって思います

GHQ
 全体的にたっぷりとしたお芝居の中で、
 白州さんの赤紙の件蘭とむ辰美さんの軍事裁判の件のところでは、
 かなりテンポ良くポンポンと会話が進められました
 その効果もあってか、
 白州さん「辰美さん、すまん」
 蘭とむ辰美さん「ありがとう・・・、やはり白州さんが・・・」のセリフが、
 とても活きていたように思います。
 蘭とむ辰美さん「眠る英霊のために」は、
 東京公演に来てから、曲の終わりが次の米兵たちのセリフに思い切りかかってしまって・・・
 もっとあの唄の余韻を楽しみたいのに残念です
 
 この後の蘭とむ辰美さんともちんグルーパーの一件が落ち着いたトコに登場する東京ローズ
 白州さんがしばらく引きとめた後、
 MPみっちゃんブレストンに対して「よろしいでしょうか?」と了解を求めた際、
 みっちゃんブレストンが何気なく発する「ん?」のセリフのニュアンスが好きです
 いつもマッカーサーの部下としての立場を目の当たりにしますが、
 このシーンでは”大佐”という上に立つ者の雰囲気がある感じがします

マッカーサーの執務室
 白州さんゆうちゃんさん吉田茂が帰ってから
 二人揃ってマッカーサーのお部屋に入ってくるみっちゃんブレストンともちんグルーパー
 ともちんグルーパーの反省の色がすごいしっかり出ていて.....( 〃..)
 それを聞いている悠河マッカーサーも満足げな様子です
 「大和の最後」のくんだりでは、
 みっちゃんブレストンがちょっといたずらっ子な目悠河マッカーサーの目を覗き込んでいて、
 その様子がすごい可愛らしかった

独立記念日前夜祭
 東京ブギウギの唄終わりと共に開く幕
 将校クラブの奥の方では、ともちんグルーパーまさこラッセルがグラス飲み物を傾けていますが、
 ともちんグルーパーの飲みっぷりが気持ちよい
 みっちゃんブレストン「敬礼!」という声に、
 日本人の役人さんたちはお辞儀ぺこりで対応するのに対し、
 蘭とむ辰美さんは、しっかり敬礼敬礼しています。
 さすが元軍人
 東京ローズ「蘇州夜曲」
 唄を聴きながら、少しずつ米兵たちの空気が和らいで溶けていく感じが好きです

軍需景気でボーナスが出て喜んでいるサラリーマン
 「朝鮮戦争は悲劇だけど、日本は神武景気、特需で万歳!」
 と、上手花道から出てきたOL桜子の手には小さな紙袋袋
 今日は晩御飯をご馳走してくれるというサラリーマン珠洲に、
 「やった!」と言いながらその紙袋を押しつけていました
 「何これ?」サラリーマン珠洲が紙袋を覗き込んでいましたが・・・。
 何しろここのアドリブセリフ外はいつもマイクオフになっちゃうし、照明まで消えちゃうし
 気になりながらも、結局あの紙袋の中身がなんだったのかはわからずじまい

朝鮮戦争
 美羽ちゃんジーンから解任報告を受けた悠河マッカーサー
 一歩二歩と前に進み出て 「ジーン」と優しく呼びかけるまでの長い間。
 深く吐き出すあの一呼吸に全ての想いが・・・
 「JURIのどんだけGOGO!」樹里さんも言っていたけど、ほんとアカデミー賞並金トロフィーだわ。

日本独立
 葉巻たばこのシーン。
 ゆうちゃんさん吉田茂白洲さんの空気感に、胸迫るものがあり、いつも涙します
 ゆうちゃんさんの後姿も、その涙にハッと顔を背ける白洲さんの表情も
 すごく男を感じさせる一場面
 さすがベテランさんお二人の場面だなぁ~って思います

<Passion愛の旅>
 オープニング
 黒燕尾の男役さんたち
 すっしーさんとセンターを割っているタマちゃんが、たまにカウント遅れるのが気になります
 気持ち込めて踊りすぎちゃうのかな
 「黎明の風」レクイエムダンスの時も、たまに気になるのよね・・・
 タマちゃんは、すごく力強い踊りを見せてくれるだけに、もう少し頑張ってって思っちゃう。

大空
 帽子投げは、この頃みっちゃんが一番高く上がっている気がする
 しかも、キャッチもブレてない
 すご~い

砂漠の薔薇
 カチャ君轟理事から受け取る赤い薔薇
 大劇場公演では、踊りながら下手袖へ放り投げていましたが、
 今は投げるの辞めたんですね~
 後ろの音楽隊(?)のところに持って行ってました
 今更になって気づきました

マンボ→ブラジル
 マンボ悠河さんの前髪。
 トサカのようにやたら高く仕上がってました
 マンボ三人引っつき虫
 悠河さんがみっちゃんをエイッとした瞬間に、
 後ろから蘭とむさん悠河さんをキャッチするバージョン。
 このところはコレが一番多いパターンかな

 そして、銀橋から本舞台に入って、美羽ちゃんとの激しいダンス。jumee☆DaNcE2
 その後ですよ、事件がおきたのは
 ガッツリとダンスを終えた後、
 タタタッ・・・とセンター後の階段を数段駆け上がって振り向いた悠河さん
 ん
 んん
 んんん
 悠河さんのお鼻に血血
 何がおきたの
 どうしたの
 ケガ
 と、一瞬とっても心配になりましたが
 良く見れば、どうやら犯人は美羽ちゃんの模様。
 あの激しいダンスで悠河さんがガッ美羽ちゃんを引き寄せた時に、
 たぶん美羽ちゃん悠河さんのお鼻にチュッチュとしちゃったらしい
 お鼻の頭にキスマークをつけて「ブラジーーール♪」と歌う悠河さんが、
 なんかとても愛らしくて仕方ありませんでした
 でも、良かった
 この「ブラジール♪」のお唄はあまり長くなく、すぐに袖はけなので
 再び舞台に戻ってきて、
 階段の上から「HEY!YOU!」と掛け声をかけた悠河さんのお鼻は、
 もちろんキレイになってましたよ
 悠河さんは歌いながら気づいてたのかな
 それとも、早替室で鏡を見て「ギャッと思ったかしら
 中詰めを終えて、銀橋での悠河さんの唄
 「君に恋のパッション 不思議な僕のパッション 朝まで踊ろう~~~~」
 本舞台に戻る前のバチッと大きく決めてくれるウィンクウインク
 いつもは会場1階席のど真ん中~下手寄りあたりを狙っているような気がするのですが、
 「総見」というだけあって、悠河さんの大きなウィンクウインクは2F席へ飛んでいきました
 しかも投げKiss付 ☆⌒ヽ(*'、^*)
 その後の本舞台0番位置での投げKissはレギュラーバージョンでしたけど

シャルマン
 シャルマンのカツラは初見
 なんとロング~
 しばらく劇場前に貼られていた舞台稽古写真のロングカツラとは違うものです。
 少しシャギー気味の金髪ストレートロング。
 ヘアトップには、唐草っぽい模様の(語彙が乏しくて・・・)ヘアネットタイプのヘッドドレス
 クリスタルを使った黒の飾りがドレスと合ってて素敵でした
 ここのシーン
 轟理事が笑ってるんですよ、とっても幸せそうに
 悠河シャルマンと踊れることを本当に喜んでいるように感じる笑顔で
 そして、悠河シャルマンもそれにこたえるようにそっと微笑みかけたりしています
 別れの場面なのに、、、いいのかな
 きっと、別れの前の"最後の幸せ"を噛み締めているんだわ
 悠河シャルマンは、このところサービス満点です。
 轟理事と一度上下に別れてから再び引き合う踊りの部分。
 スッと左足を前に伸ばしますが、
 その足を出す前に、ご自分の左手でサッとドレスのスリットの部分を捌くので、
 見事なまでに美しい足を堪能することができます
 サービスなのか、単に踊りやすくするためなのか。
 うーーん
 恐らく悠河さんのことだからサービスだと思います
 だって
 踊りながら足が見えてるかな?って思うと、
 『イエ~~イ って思うってお茶会でお話されていた悠河さんですもん

ふぅ~
満喫満足のGWでした。
宙組の東京公演中にGWがあって良かった~
(今年のカレンダーがあまりゴールデンじゃなかったというのも救われたわ。)
おかげで公演回数も増えたってもんです
楽しんだGWも終わっちゃったなぁ~
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄05⁄06 17:00 カテゴリー:東京公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。