元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








5/8 宙組「黎明の風」「Passion愛の旅」18:30公演


ナヌッ
休憩時間中にキャトルレーヴに足を運んだら。
なんと、再びあのシャルマンの写真がないっ
一度、売り切れになっちゃって、先日見かけた時に慌ててGETしたけど。
いやぁ~、買っておいて良かったわ・・・
なんだか、ビックリだぁ、この悠河シャルマンの売れ行き
(・・・轟理事も一緒に写っている写真だから、悠河さん目当てというばかりではないだろうけど
だって~、キレイだもん、悠河シャルマン
・・・それにしても、このカツラは一体いつの公演でお目見えしたんだろ


宙組 東京宝塚劇場 18:30公演 1階下手ブロックにて

<黎明の風>
京都でのプロポーズシーン
 たっちん正子さん、がちょっとお芝居を変えていた感じがしました。
 ネクタイの箱を放り投げるところもいつもより豪快だったし
 いつも以上にじゃじゃ馬な感じがUPしていたけど、嫌な感じじゃないわ

マニラホテル
 「軍服でない私はおかしいかい?」
 そういう悠河マッカーサー
 よくよく考えてみれば、このセリフってちょっと子供っぽくて可愛い
 「いいえ、ステキよゼネラル。」
 そういって悠河マッカーサーにお顔を近づける美羽ちゃんジーンは、
 まるで母のように悠河マッカーサーを包み込むような雰囲気を持っています
 回を重ねるごとに、女としての懐の深さを深めていっています

近づく軍靴
 「この非国民が!さぁ、来いっ!」
 そういって上手袖に一人の男を連れ去った憲兵
 再び舞台に戻ってきたら、「臭~~いっ!」というジェスチャーをしていました。
 どうやら、髪の毛ボサボサの日本男性。
 頭が臭いらしい
 ここのシーン、何気に細かいお芝居を毎回やってるのが面白い

戦況の悪化
 「戦況は悪化しているようですわね」と言って下手花道から出てくる轟夫妻
 白州さんは、手をパンパンと叩きながら出てくるし、
 たっちん正子さんはたすき掛けしているし
 うーーーん、この夫婦、一体奥の部屋ではどんな大仕事をしていたんだろ
 くだらないことですが、少々気になります
 
レクイエム
 レクイエムダンサーの表情が、毎度胸を締め付けられるほどに切なくなります
 蘭とむさんの満身込めた表情が熱く
 胸の前で大切なものを愛でるような振りをする時の手先の動きと表情には、
 目が話せなくなります
 ラスト、思いを込めて踊った後、
 ハッと顔を上げて去っていくときの蘭とむさんの目に、
 光るものが浮かんでいるのが見えました
 それを見て、さらに涙
 あまり理解のできなかったこのレクイエムのシーンで、
 こんなにも泣いてしまうことになるとは・・・
 いやぁ、、、未だ納得のいかない部分もあるんですけどね

テレビャンコ将軍vs悠河マッカーサー
 東京公演が始まった当初はあまり気にならなかったのですが。
 テレビャンコ将軍の登場と共に帽子を取る悠河マッカーサーをはじめとする連合軍三人
 帽子の下は汗でビッショリ
 冬も終わり、会場の温度も少しずつ上がってきているのかもしれません
 ただでさえ舞台照明の下は温度が高くて大変なのに
 帽子をかぶってるのって、すごい格好イイけど、舞台上は暑くて大変だろうなぁ・・・

GHQ
 悠河さんNOW ONでお話されてたけど。
 ゆうちゃんさん吉田茂の眼鏡、レンズが黄色っていうのを確認
 ほぉ~、ホントだぁ
 悠河さんがお話されていなければ特に気にも留めなかったかもしれないけど・・・
 
 今回のお芝居では、あまりセリフ数が多くないえりこ打田さんですが、
 公演が始まる前のスカイレポートで、
 「聞きの演技」をしっかりやっていきたい、というようなことを話していました
 そういう目で見てみると、打田さんとしての立ち振る舞いにもますます興味が出てきますね
 セリフのないときこそ、お芝居って難しいような気がします

軍需景気でボーナスが出て喜んでいるサラリーマン
 この回でのサラリーマン珠洲OL桜子は、いつもに増してラブラブでした。
 「今日は私に晩ごはんご馳走してよ~」というOL桜子に、
 「あぁ~、いいよ♪」サラリーマン珠洲は、
 袖に入る前に「可愛いなぁ~、もう」OL桜子のホッペをツンツンしていました

朝鮮戦争
 白州さんの土下座の場面。
 「白州さん、もぉいい・・・やめてくれぇ・・・。」
 蘭とむ辰美さんは、いつもこんなに大涙だったんだろうか・・・。
 ずっと、悠河マッカーサーの後姿にばかり釘付けで、あまり周りが見えていなかったけど
 少し前に、この蘭とむ辰美さんの目からボロボロッと零れ落ちる涙を見てしまってから、
 このシーンは忙しい・・・
 悠河マッカーサーも見なくちゃだし
 蘭とむ辰美さんも見なくちゃだし
 そのクセ、自分の目からも涙が流れちゃってるし・・・

 美羽ちゃんジーンから解任報告を受けた悠河マッカーサー
 本物のマッカーサーも、解任報告を受けた際、
 「ジーン、やっと帰れるよ」ジーンに向けて言ったと伝えられていますが
 きっと本物のマッカーサーも、
 こんな風に優しくジーンの肩を抱いたのではないかと想像が膨らみます

退任演説
 悠河マッカーサーの演説の時の連合軍のメンバーの表情がなんともいえません
 「ここにいる我々は敵でも味方でもなく 占領された者と占領した者でもない。
  世界の平和に向けて共に手を携えていく仲間であり、同士であります」

 この悠河マッカーサーの演説の前、みんなの心が一つになっていることを感じます
 日本チームアメリカチーム、そして客席までもが、
 全員が一つの方向を見ていることを感じます
 「古き日々は色あせ夢とととに過ぎ去る。だが、思い出は美しさに満ち満ちている。」
 みっちゃんブレストンともちんグルーパーまさこちゃんラッセル
 三人がそれぞれに遠く思いを馳せるような表情をしているところに、
 悠河マッカーサーの演説の深さを感じ、彼らの思いにも胸が熱くなります
 連合軍のメンバーにもまた同じように色んな思い出があって、
 日本を離れることには感慨深いものがあるんだろうなぁ~と思わせます

 悠河マッカーサーが連合国最高司令官としての最後の命令として、
 白州さんに貿易庁の長官を命じた時、
 日本チームだけでなく、アメリカチームのみんなもとても嬉しそうな顔をみせてくれます
 ともちんグルーパーには、みっちゃんブレストンまさこちゃんラッセルを交互に見ながら、
 とても穏やかで優しい笑顔が
 色んなことをのりこえてやっと雪溶けがきたんだなぁ~と、さらに目頭が熱くなる場面です

<Passion愛の旅>
 なんとな~く宙ジェンヌたち全体にお疲れな様子が見えるのは、気のせいでしょうか
 もしかしたら、こちら見る側のテンションの関係もあるかもしれません
 仕事をムリクリ終わらせて、ダッシュで劇場に向かい、、、
 宙ジェンヌたちのハードさに比べたら比じゃありませんが
 5月に入ってから千秋楽に向けて、結構な勢いでスケジュールしている観劇日程
 宙ジェンヌたちじゃなく自分自身の疲れから、そんな風に見えたのかな

オープニング
 ゴージャスなオープニングシーンの終わり。
 「Passion 燃えてゆく~
 と皆で歌い終えて、右手を前に差し出して終わるオープニングラスト
 暗転になって上手袖にはける悠河さん
 白いお衣裳なので、その姿がうっすらと見えます
 なんだか、この軽く走りこむ姿がちょっと可愛らしくて好きです

マンボ→ブラジル
 マンボの前髪
 悠河さん蘭とむさんは、渦型でした。
 みっちゃんは、若干大人しめなトサカだったな。
 マンボ三人引っつき虫
 悠河さんみっちゃんをエイッとしてから、みっちゃんのお衣裳のしっぽをもって、
 テケテケと一緒になって上手までくっついて行った悠河さん
 アハハハ~ッと高らかなみっちゃんの笑い声が響いて、会場中ますます笑顔
 
 ブラジルの客席降りは、悠河さんは下手側の通路5列目くらいまで遊びに出かけて
 掌を出しているお客様たちとハイタッチ
 うーー、何度見ても羨ましい・・・
 銀橋を走りまくっている宙ジェンヌたち
 なんだかこの回では、いつもにまして、みんなの髪型がパッションだったなぁ

ファンタジー
 このシーンも、見れば見るほどに味わい深くなっていく場面です
 観劇を重ねるにつれて、若手宙ジェンヌたちまでちゃんと目が行くようになってきたし
 ここの場面での轟理事
 両手を広げて振り子のように、ウェーブのようにする振り。
 やっぱり指先までの滑らかさが、やっぱり下級生たちとは全然違う
 同じ振りを踊っていても、その踊りが持つ表情は、さすがベテランさんだなぁ~と思います
 下級生たちに比べて、体力的にもハードに決まっているのに、すごいなぁ~

シャルマン
 シャルマンのカツラはシャギータイプのミディアムショートのヤツ。
 ここ最近のシャルマンは、大劇場公演から比べると若いイメージが強く、
 轟理事に誘われるままに笑みを浮かべる感じなどは、たまらなく可愛らしいのですが
 この回でのシャルマンは、ここ最近に見る可愛らしさというよりは、
 少し意志の強さシャルマンに見えました。
 同じお衣裳・同じ振りにも関わらず、何通りもの色んなタイプの女性が登場するこの場面。
 深いなぁ・・・

パレード
 最後の悠河さんの0番地点でのお辞儀ぺこり
 もう、ホントに好き
 まぁ、中にはもっと丁寧にお辞儀して欲しいって思う人もいるかもしれないけど
 あのパワフルなお辞儀に、背負い羽が壊れちゃうんじゃないだろうか
 と、こちらが心配になるほどの勢いのあるお辞儀ぺこり
 ガバッと羽を起こした後。
 先日見たときは、クイクイッと羽を左右に揺らす程度の感じだったのに、
 ガッガッという感じに肩を揺らすのにも勢いが
 しかも
 ものすごい得意げな満足げなお顔の悠河さん
 「これでどうだ!」と言わんばかりの表情です
 この”らしさ”が好き
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄05⁄08 22:00 カテゴリー:東京公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。