元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








7/10 宙組「雨に唄えば」14:00公演 一幕


初日の観劇から5日
公演回数を重ねるに従って、どんどんクオリティが上がっていくのはわかっていましたけど。
すごい
参りました拍手 パチパチ
どのシーンを切り取っても格段に良くなってる
やっぱり、初日は皆緊張してたんだ~と。
この公演を見て思いました。
本当に伸び伸びと楽しそうに舞台に立つの皆。
公演中、多分私ずーっとニッコニッコ笑ってたと思う。(・・・ちょっと怖い
人数の少ない舞台だからこそ、色んな人が下級生に至るまで役やセリフをもらってて。
しかも、何役も
それぞれを、それぞれに楽しみながら&研究しながら、
役を生きてるっていうのが感じられて嬉しいです
悠河ドンも、さらに良くなってます
感情の機微を色んな形で表現してくれるので、より一層幅が出てきました
スターとしてオーラを放つドン
ちょっとしたことでへこたれるドン
少し持ち上げられたら、すぐ元気になっちゃうドン
そして、恋するドン
あぁ~、やっぱり好きだわ~悠河さん
あぁ~、やっぱり好きだわ~emoji:v-347]宙組

どういう風にまとめて行こうかなぁ・・・jumee☆think2と思ったのですが。
一度、時系列を追って整理しておきたかったので。
2回目観劇の感想も含めつつ、ズラーーーッとストーリーを追ってます
すんごい、、、長いです。。。
ので、お付き合いできる人のみお付き合いくださいませ顔文字1(背景黒用)


宙組 梅田芸術劇場 14:00公演 1F席センターブロックにて

再び聞く悠河さんの開演アナウンス
すごい優しくなったなぁ~って感じます
この前に聞いたのは、「バレンシアの熱い花」の公演でのアナウンス
「バレンシア~」の時は、トップさんお披露目で
出てくる勢いが強く でも今振り返るとなんか鋭角的なものがあったような
1年という月日が経って悠河さんにも余裕というのかなぁ~
会場を包みこむような、柔らかい感じの声でアナウンスしてるなぁ~って思ったりしたのです

オープニング
まずはもうオープニングからして、コーラスの勢いがUPしています。
コーラスに強い宙組
宙ジェンヌが総出演しているわけではないけど、"宙ジェンヌたる"を忘れてません
それぞれのお芝居も活き活きしてますね~
あゆみドラが登場して、次々と紹介されるスターたち。
下手から照明機材を転がしながら出てきたのは、りく君
ライトマンの格好から覗く青いソックス靴下が目に入ります。
美羽ゼルダのアヒル歩きあひる
研究したというだけあって、ホントに可愛いんだけど
でね、でね、でね
大スターさん悠河ロックウッドみっちゃんリナの登場
初日は二階席からだったので、しっかり見えなかったこの二人の登場。
ギャーーーーッ
舞台の上のファンと一緒になって、キャーキャーjumee☆faceA151言いそうになる
隣に寄り添うみっちゃんリナは、やっぱり悠河さんの隣だとちょっぴり大きく見えるけど
アレは仕方ない
悠河さんの顔が小さいだけだ。
悠河さんが良すぎるだけだ。(・・・って、KABA.ちゃんも言ってたし

グローマンズ・チャイニーズ・シアター入口
会場に到着した悠河ドン
放り投げた投げキッスを受けて、派手にひっくり返るのは亜呼ちゃん
この派手さ加減が楽しい
ドンコズモのデビュー話を聞かせて~というあゆみドラに、
「ダメ、ダメ、ドラ。皆さんの前では遠慮しておくよ。」と、甘くキザる悠河ドンが好き~
そうして始まる二人の子供時代のお話。
出てきたちびドンちびコズモ、すっごい可愛いです。
軽やかに踏むタップも上手だし、クルッと振り向いてお尻フリフリするのとか、ホント可愛い
しかも、二人とも顔芸が見事

「宮廷の反逆児」の上映
似合うのよね~、うちの王子ってこういう格好
この映像を、無声映画時代へタイムカプセルに乗っけて送り込んだら、絶対大ヒットだわ。
上映が終わって幕前でご挨拶の悠河ドンみっちゃんリナ
もう、ここの二人のやり取りはホント可笑しい
「感謝の気持ちは行動で示すこととしましょう」と言って投げKiss
この投げkissの仕方、瞳子ドンと違いますよね~
瞳子ドンの投げKissは、人差し指と親指でkissをつまんで放り投げるヤツ
悠河ドンの投げKissは、人差し指と中指でKissをすくい投げるヤツ
投げKiss一つとっても、なんか違うのが楽しい

袖裏
みっちゃんリナの声使いが楽しい
「ア"~ンタね、アンタはただのピアノ弾きでしょ!何様だと思ってんの!!」
「ドニィ~♪アタシに向かってあんな口を叩かせていいのぉ~?」

この変わり身が楽しいっ
で、この後の悠河ドンがね~
「リナァ~。君はまた芸能誌を見てたんだろう?」
そう言って咎める悠河ドンがだね
とっても優しいんだなぁ~みっちゃんリナに。
この"リナァ~。"の声がすごい好き~
そして、それを「ゥアン♪ゥアン♪」と聞いているみっちゃんリナが可愛い
まさこロッドに車でパーティへ連れて行かれるみっちゃんリナ
「ども、どもねぇ~~♪ドニィ~、あ・と・ディ~♪」
マジ、ウケるみっちゃんリナ
「ども、どもね~~♪ドニ~、あ・と・で~♪」
みっちゃんリナをマネするとむコズモ
マジ、ウケる
が・・・ ここでちょっと思った
ここで、みっちゃんリナはあんまり可愛くちゃダメなんじゃないか
ここで、悠河ドンリナに優しくちゃダメなんじゃないか
プログラムによると・・・。
リナは甘ったれでワガママで皆を困らせるトラブルメーカーだとある
ドンはそんなリナに対して辟易しているとある
でも
舞台のみっちゃんリナは、なんか可愛くて ちょっとウザったいけど、憎めない
そして、何よりも悠河ドンみっちゃんリナに優しい
"リナのおかげで憂鬱になって一人で歩きたい気分になった"というドンだけど。
うーーーん そういう風には見えないんだなぁ~
こういう優しい悠河ドンはすごい好きだけど。
きっと、こういうトコロが後々響いてくるのかもしれない
初日を観劇した折、キャシーの気持ちではなく、リナの気持ちで泣けちゃった私
アリスキャシーの問題だけじゃなく、こういう部分からの演出上の問題もあるのかもしれない
うーん今後、どうなるかなぁ

ドンとキャシーの出会い
突然キスされてビックリ大騒動キャシーがお巡りさんを呼びつけたときの
悠河ドンのアチャーッえー?という顔が好き
物分りの良いお巡りさんに「シーーッ!」とするときに、右目をつぶる悠河ドンの顔が好き
そしてだね
「犯罪者と勘違いしちゃってごめんなさい。」と弁明するアリスキャシーを見る悠河ドン
近いっ見すぎっ
いくらお芝居とはいえ、あんな至近距離でジッと悠河さんに見つめられたら、
アリスキャシーも心臓バクバクだわな
決闘のシーンをジェスチャーするキャシーを見るあのお顔
眉をフニッとさせて、口元をクニャッとさせたあのお顔が好き
「映画は一度見れば充分な気がする」と言われちゃた悠河ドンのヘコタレ具合が可愛い
その後、"女優だ"というキャシーを相手にちょっと小ばかにする悠河ドン
「リア王!こいつぁ、髭をつけなきゃマズいわなぁ~、ハハハハハ~ッ」
いやぁ~。 『雨唄』でも悠河さんの高笑いを聞けるとは思ってなかったな
『バレンシア~』でも『黎明の風』でも出てきましたよね、悠河さん「ハハハハハッ!」
それから一気に口説きにかかる悠河ドン
だーかーらー、近いっ
両頬を挟まれてあんなに見られたら・・・・、死んじゃうっ
さらに膝にコロンと寝転がって、お鼻の頭をツンツンですよ・・・即死です
これで恋に落ちない娘なんて、いないわな
キャシーもご多分に漏れず
少しずつ悠河ドンに惹かれていくアリスキャシーが可愛い
結局、ファンに見つかってもみくちゃにされちゃうんだけど。

シンプソン邸
コズモに色仕掛けにするあすちゃん
「黎明の風」秘書といい、なんかこういう役が似合う
そこへ悠河ドン登場。
「僕はいい役者かい?」すっかりヘコタレている悠河ドン
茶化されて「冗談じゃないんだよ!」と怒る悠河ドン
親友のコズモにしか見せない顔っていう感じがするな
そんなところに運ばれてきた大きなケーキケーキから飛び出てきたアリスキャシーを見た時の
あの悠河ドンの嬉しそうなことといったら
ショーガールの歌を見ながら、ウキウキになっている悠河ドン
小さく足でリズムを取ってるのがウキウキになってる証拠
そのくせ、気になる子にちょっと意地悪なコト言っちゃう小学生みたいな悠河ドン
結局パイ投げの大騒動となっちゃいますが・・・。
このパイ投げ。
みっちゃんリナが後を振り返ってる間に慌てて頭にかぶるパイをチェンジするのが大変そう
ボーイさんがコソッと手に持ったクロスの下に隠して持ち帰ります
それにしても、ここのみっちゃん
「トイレにジャーーーーーーーーーーーーッよ!」
相変わらず、面白い

キャシーを探して
初日悠河さんのお歌はやっぱりアレだよなぁと思ったりもしたのです。
まぁ、瞳子ドンのようにはいかないよなぁ、と
でも やっぱり、イイわ
まぁ、ファン心理って言われちゃえばそれまでですけど
あまぁーい感じが、悠河さんの声と合ってるし
悠河さんって、お芝居もそうだけど、歌に込める気持ちが深いんですね~
(気持ちが深い分、声のコントロールしにくくなることもちょっとあったりするけど
だから、上手花道で歌う悠河ドンにすっかり心を奪われちゃいましたふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

撮影スタジオ
あすちゃんは、今度はチアの先生になってます
チアガール綾瀬あきなちゃん、できないチアの役なんですけど。
あの必死の形相が・・・
軽やかに踊るチアガールの中で、一人カチンコチンで踊ってるんですけど
良く作ったなぁ~って
ホント、この場面だけは彼女から目が話せません

新作映画撮影
コズモがピアノピアノを撫でてドンの登場を盛り上げてるのに、なんだか元気のない悠河ドン
「いぃかい、ドン。元気だせって。」
「君はドン・ドックウッドじゃないのかい?」
「ドン・ロックウッドは役者だろ?」

一生懸命ドンの気持ちを盛り立てようとするコズモに、
いちいち"コクン、コクン(-.- )(_ _ )"と頷くヘタレな悠河ドンが、ひじょーに可愛い
そして、そんな悠河ドンとむコズモの後ろにいる映画スタッフたちも、なかなか色々面白い
大道具の子は誰かな
大きな木を抱えて、行ったり来たり
そんな中、始まるとむコズモ「MAKE'EM LAUGH」
ドンを励まそうと一生懸命になってるコズモ
肝心な悠河ドン「MAKE'EM LAUGH」の冒頭ですっかり元気になって、
コズモを残してどこか行っちゃうんですけど
撮影所をひっちゃかめっちゃかにして
大道具君たちに「コズモのバカァァァ~~~ッ!」と言われちゃいます。
ココほんとに大変そう~
歌終わりで「ハァ~、ハァ~、ハァ~。」と息を切らせるお芝居があるけど、
ほぼ素でしょうね、蘭とむさん
だけど、このシーンを見てるだけでウキウキしてくる大好きな場面の一つです
ぶっ倒れたとむコズモを見て、珠洲ウィリー@オネエ系
「なぁ~にやってんの!早く運んでちょーだいっ、早くあっち行ってちょーだいっ。
 アタシだって倒れたいわよ、もうっ。」

初日は、「飴なんて食べてないでよ」とか言ってたから、
ここはまた珠洲君のアドリブが楽しめそうです。

「闘う騎士」撮影
珠洲ウィリーは、オネエ系に作って登場して来てるんですけど、ホンット、良く出来てます
いるんですよ、映像業界、こういう方
うちの会社でも、スタイリストの方で、こんな感じの人が出入りされます
その人とダブっちゃって、初見ではもうツボに入っちゃって抜け出せなかった
なんでも映像見て研究したらしいです。(・・・って、どんな映像
で、オカシイんだけど、キレイ
「ロックウッドさん出番でーす」のADさんの声に、「ロックウッドさん、出てます。」悠河ドン
この言い方、色々変えてきてるみたい
私は、初日のすっとぼけた感じの言い方が好きだなぁ
役者も揃い始まる撮影。
ここは、もう・・・みんながオカシイ
リナの仕業でキャシーがクビになったことに腹を立てる悠河ドンを必死でなだめるえりこ監督も。
イライラしながら、「あ"ーーー、もうっ」と2回も撮影させられる悠河ドンとか。
頭の大きなカツラにいちいちクビがコクッと倒れちゃうリナとか。
悠河ドン「このガラガラヘビ女~」もウケるけど
「僕は世界一偉大な役者だからな。毒蜘蛛とだってキスできるっ。」の言い様も面白いけど
「それ、本気じゃないもんにぃ~~~~っ」っていうリナに、
「なに?本気じゃない?おい、毒蜘蛛もってこい、毒蜘蛛」って悠河ドン
ホント、ウケる
「ジャズシンガー」のヒットで、トーキーをやると言い出す所長
「もちろん、しゃべるわよぉ~~~っ!」と大張り切りのリナに、トホホ顔えりこ監督
えりこ監督の眉が、、、、ハの字になっちゃってるよ

モニュメント映画社サウンドスタジオ
「BeautifulGirl」
水色のお衣装のダンサー&シルバースパンの美羽ゼルダ
あんなキレイに踊り歌うのに、
カットがかかった瞬間にアヒル歩きあひるになる美羽ゼルダが面白い
そして、そこで抜擢されるキャシー
キャシーのヴォーカルチェックをするとむコズモが、
すごい優しい笑顔でキャシーを見ながらピアノ伴奏ピアノをしているのが、
いいヤツだなぁ~と思わせます
そして、ふと入ってきた悠河ドンのビックリ&嬉しそうな顔
ホント、素直な人だよね~、ドンって。
素直にへこたれるし素直に乗せられるし素直に喜ぶし

告白
「僕と一緒に、ランチを食べに行かないかい?」
優しい声なんですよね~、悠河ドン
そのくせ、「芸能誌を読むんだ?」なんて、
ちょっといたずらっ子な顔でアリスキャシーをからかう悠河ドン
ずるいよぉ~、そんな顔
「僕は君に何か言おうとしてるんだ。だけど、僕は大根役者だから。」
そんな風に言って目を泳がせる悠河ドンのピュアな感じが、たまらなく愛しいふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
もう、ここから一気に夢の世界です
脚立の上でキャシーの頬を撫でてお鼻をツンツンするトコなんて
最後、脚立の上からキャシーを見つめ下ろすトコなんて
悠河さんの作るドンは、そんな優しい顔して笑うんだね
丸ごと包まれてしまいたいくらい、温かい雰囲気を出すんだね
会場にいる多くの人が、あの脚立に立つキャシーに身をおいていたことでしょう
ガハハ、もちろんワタクシも

ヴォーカルレッスン
「あえいうえおあお」
色んな先生に習ってヴォーカルレッスンをする生徒たち。
あすちゃんは、今度はヴォーカルの先生で登場。
天玲ちゃん先生も、なんか風変わりな先生だわ
そして、みっちゃんリナはプライベートレッスン
どーーーにも出来の悪い生徒です
「トァ~トェ~トィ~トォ~トゥ~。」
客席からも大きな笑いをとっていたみっちゃんリナ
先生が”はい、どうぞ”の意味で言っている「はい」まで真似して、
「だからアタシャ~カリがガァンできニャイ。ハイ。」
という時のみっちゃんリナの得意気な顔がホント可笑しい

ドンのヴォーカルレッスン
ここで登場する早口、ホント難しそうだよね~
大ちゃん、頑張ってます

やんちゃな生徒二人にすっかり遊ばれちゃう大ちゃん先生
タップ踏んで大はしゃぎなドンコズの後ろで、
大ちゃん先生も地味にしかししっかりと色んなコトしてるのが面白い
ここは大ちゃんもノリノリでいろいろ考えているところのようなので、
毎公演楽しみな場面となりそうです

「闘う騎士」のサウンドスタジオ
もう、ここはえりこ監督バンザイ
ホントに受ける
「リナちゃんったら、言ったでしょぉ~~~。」
リナちゃんをなだめながら映画を取るのに必死えりこ監督の姿が可愛いッ
後半は幼稚園生相手に説明してるみたいな口調になっていく
ちーーーっともわかってないみっちゃんリナ「アゥン」という返事も小馬鹿にしてて面白い。
しかも、ワラワラしながらもケーブルをまたぐときだけ、超慎重なの
星組公演で萬あきらさんのイメージが強かっただけに、
配役を見たときにどうなるんだろって思ったけど。
すごい上手に作って来てますよ
上手にいる音響技師いち君も、細かいお芝居をしていて、見ていて楽しい

「闘う騎士」試写会
試写会中のえりこ監督も、やっぱり面白い。
「YES YES YES」「NO NO NO」のアテレコは、ホント良くできてるなぁ~

ドンの家
試写会後のお客さんから不評を耳にしてすっかり肩を落としちゃう悠河ドン
思い切りヘコたれてる悠河ドンのションボリ加減が可愛い
それを一生懸命元気づけようとするコズモキャシーの明るさが眩しい
コズモキャシーに必死で引き上げてもらって、
どんどん元気になっていく悠河ドンの素直さが可愛い
ショボン顔手書き風シリーズ31顔6が、みるみるうちに明るくなっていきます
三人で踊るタップは、ホントに息が合っていて楽しそうでキラキラしてて
トレンチコート相手に踊る様子なんかも、ハッピーな空気に包まれていて。
ドンは、"泣いたカラスがもう笑った"みたいな感じで可愛い
すっかり恋に落ちたドンキャシーを微笑ましく感じながらも、ちょっぴり寂しがっちゃうコズモ
「コ~ズモ♪チュッ♪」とキャシーにほっぺにチュッとしてもらって
ソファに倒れこんじゃうとむコズモも可愛いです。

相合傘
運転手さんの差し出す傘を断る悠河ドン
その脇でハニカんでいるアリスキャシーが可愛い。
シャーーーッという雨の音が、すごい良い効果音になってて
二人とも、すごく良い表情をしています
悠河ドンの傘の中に入り込んで腕を組むアリスキャシー傘
恋する女の子って、こうだね~って。
大好きな彼と初めて手をつないだり腕を組んだりするときって、こういう感じだなぁ~って手をつなぐ
幸せなのと、ちょっぴり照れくさいのと
お家の前まで見送って、サヨナラの時間。
また次の日にすぐ会えるのに、少しでも長く一緒にいたくて、バイバイしたくない気持ち
すっごく上手に表現されてるなぁ~って
アリスキャシーが家の中に入った後の、あの悠河ドンの幸せそうなこと。
初めてのデートの帰り道って、こんなちょっとニヤケタ顔になっちゃいますよね~
ちょっと前の幸せな時間を思い出して、自然とニヤニヤしちゃう感じ
そりゃぁ、鼻歌もでるわ

雨に唄えば
紗幕が一枚上がって次第に大きくなる雨音
「ザザザザザ…」っていうすごい音

えーーーっ
こんなに土砂降りだったっけ
これ、明らかに嵐並みですけど
だって 雨どいから流れ出る水は、洪水状態
降らせすぎでしょぉ~大丈夫かなぁって思ったら・・・。
あらら~、すっかり恋に浮かれポンチになってる悠河ドン
完璧、楽しんでる
雨どいの下で水を受けるところは、思いっきり浴びてましたっけ
受ける位置をずらすとか、ちょっと加減しても良さそうなのに、思いっきり
おかげで悠河さんの髪の毛セットもへったくれもないコトに
シャワー浴びたてお風呂浴びたて、みたいになってて。
変にドギマギしちゃったよアップロードファイル
あのキレイな金髪の髪の毛は、悠河ドンの頬にペトッと張り付いてるし
こんなハッピーに踊ってる悠河ドンを見てたら、それだけで笑顔になっちゃうなぁ~
幸せ気分はる色きらりで一幕終了~
・・・長っ
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄07⁄10 15:30 カテゴリー:雨に唄えば comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント



まゆさん☆☆

いつもながら、すごい(笑)
私は、ここまで細かく書くと、疲れ果てて寝込みますね。
ほんと観る度ごとに、何もかもがi-184i-184してますよね~。

さすが、愛する宙組ですヽ(^o^)丿

来週のハリウッド行きに向け、
お忙しいでしょうが、続きも期待してます(←鬼i-229
(2008/07/12 10:45) URL | れお[ 編集]

Dear れおsan
れおsan、コメントありがとうございます!
遠征中につき、お返事が遅くなりました。
いやぁ、アホですよね~。
っていうか、ものごとをまとめるという技量不足でして(苦笑)
いろいろ書きたいことが出てきちゃうと長くなっちゃう。
ことが大好きな宙組のことだとなおさら♪
「雨唄」ホンット良くなってます。
東京に帰りたくないくらい~~~♪
(2008/07/14 08:38) URL | まゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。