元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








11/21 宙組「Paradise Prince」東京公演初日


いよいよスタートした東京公演
寒さなんて吹き飛ばしてしまうほどに元気いっぱいな宙組
街中のイルミネーションクリスマスツリーのキラキラ以上に、キラキラしていた悠河さん
東京組にとっては、たった一ヵ月半の幸せな時間がスタートしました

大劇場に比べて、東京の劇場はすごく小ぶり。
つい先日、雪組さんの公演を見に行ったときに、
大劇場との大きさの違いを感じてビックリしたんですよね。
大劇場の感覚にちょっと慣れていた私にとっては、舞台が近いのが嬉しい
(・・・って、雪組さんの観劇メモまだUPしてないし・・・

さて、それでは初日の観劇メモをチョロリと
(・・・チョロリでは、すまない・・・


宙組 東京公演 初日 1FS席下手ブロックにて
とにかくすごくステキで幸せな初日でした。
全体的にとても落ち着いていてしっかりと"魅せる"舞台です
それぞれのキャラクターの心の動きがしっかり表に出てきていて、味わい深くなっています
特にやっぱり感動したのは、悠河スチュアートのお唄
もう全く不安というものがないですね
大劇場初日の折には、正直どうなるかとハラハラしましたが・・・
安定して伸びが良いというのはもちろん、歌に乗せた気持ちがしっかり伝わってきて
"歌"って、単にメロディを上手く歌えるか、っていうだけじゃないんですよね
そこに何を乗せて何を伝えるか。
特に「With You」「僕のParadisePrince」では
"想い"がちゃんと歌に乗って心を通り抜けて行くような感覚でした

大劇場からの変更点、何点かあったものの、大幅なものはあまりなかったかな
オープニング悠河さんの開演アナウンスが入る際、会場を回るミラーボール
大劇場では、ブルー系のライティングだった気がしますが、
暖色系のライトからブルー系に変わったりして、何色かのカラーが使われていました。
うーーん、しかし大劇場での記憶が定かではない・・・

Going to the WEST COAST
チャリンコのベルに続く、
元気良い悠河スチュアート「ィアーーーーイッ!」は健在
悠河スチュアートの登場にあわせて、客席からは手拍子
それを聞いてかどうかはわかりませんが、
パーッと一段と華やいだ笑顔を見せる悠河スチュアート
「Tomorrow is another day 今日がダメなら明日があるさ♪♪♪Let's Go!」
「Let's Go!」の掛け声が、かなり弾けて勢い良くて嬉しい~
ヒッチハイクを繰りかえす悠河スチュアート
親指を立てるも、「プップー!」と断られる悠河スチュアート
この車のクラクションの音、「プップー」が、
東京に来たら「パフパフ~ッ」って音になってて、
おいおい、"笑点"かってね

Dream Factory Inc.~プルートの2Dチーム~
悠河スチュアート君、汗だく
もともとこの場面は、前のオープニングで踊りまくってた後なのでハンカチ必須なのですが
東京の劇場は大劇場に比べてステージが狭いから、ライティングの位置も近いのかな
ライトが近ければ、より暑さもあるだろうし
結構な勢いで汗を拭いてましたよ、悠河スチュアート君
悠河スチュアートの赤い時計
フェイス部分が四角くて、可愛かった

ダーラダラな中の2Dチーム
「ド~ンマイ♪」って可愛らしいあまちゃきウエンディの声がぁぁ~
ひゃーーーだっしゅ どうやら風邪っぴきらしいマスク
かすれてるぅぅぅ~
ムリしないでね、、、(って、ムリしなきゃならないか
ラブラブなちぎちゃんピーターに移しちゃダメよ

それにしてもまさこジャック
相変わらず大きなペロペロキャンディi-mode絵文字風・ペロペロキャンディーをペロペロした後に、
ポン!とデスクにキャンディーを放り投げますが・・・。
デスクがベトベトになっちゃうよぉぉぉ~

木曜の11:00
ようこキャサリンの登場に大騒ぎな男性陣。
「Princess Catherine」のダンスの隊形が、若干変わったかな
ラブラブなちぎちゃんピーターに放り出されて泣きべそのあまちゃきウェンディ
追い討ちをかけるかのように、あおいサマンサあまちゃきウェンディに厳しい

Halloween Party
ハロウィンシーズンもすっかり過ぎ去ったことですし、
この場面こそ、なにか変更点が出るかなぁ~と思ったりもしましたけど、
ここを変更しちゃうと、かなり大掛かりなことになっちゃいますもんね
とくに変更点もなく、アドリブもなく、オーソドックスな形で進行していました
りっちゃんマシュー 「皆、ビールでいい?」
ようこキャサリン 「スチュアートは?」
悠河スチュアート 「じゃ、シャンパンを。」
 「・・・シャンパン?」
悠河スチュアート 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」
この間の取り方がすごく上手くて、超ウケた

大劇場の頃に比べて、
アーティストチームたち"葛藤"みたいなものがしっかり出てきている感じです
「皆、アーティストの卵なわけ?」の問いに、
アーティストチームの皆がそれぞれに浮かべる微妙な感じの表情が、
すごく上手に出てきています

屋根裏部屋
ようこキャサリンにチュッjumee☆kiss1と頬にKissをされた帰り道
ちょっと戸惑ったような表情から、
それが恋だと確信するまでの悠河スチュアートの表情の移り変わりは、
すごく見所だなぁ~って思います。
パラダイスプリンスプリンセスの星座が浮かぶ中、
それぞれ絵に取り組むようこキャサリン悠河スチュアート
観ていて、素直に応援したくなるような、すごく良い表情を浮かべている二人。
恋に落ちた時って、こんな顔になっちゃいますよね~
ワクワクで、ドキドキで、すごく楽しくて
(・・・えソレって、劇場に向かう私じゃん

Dream Killer~Anthony's Room~
蘭とむアンソニー美羽ヴィクトリアともちんシャルルの三角関係。
大劇場では、持越しとなった愛の行方
はてさて、東京ではどんな決着がつくのか楽しみです

「My kingdom of Art」の歌&ダンス。
蘭とむさんの2回転ピルエットがすんごく早くてキレイでステキ
後ろに蹴り上げた足で、自分のことを蹴っちゃうんじゃないかと思うほど高く蹴り上げる足
蘭とむさんのダンス、やっぱり好きだわ~
ラストの銀橋での熱い熱いKISSアップロードファイル
ともちんシャルルは、
コーラス「Yhea~♪」と歌いながら蘭とむアンソニーに近づいていくので・・・。
半ば口が半開きのまま蘭とむアンソニーに迫っていく形になっちゃって
・・・なんか、エロい・・・。
・・・もとい
濃い

Dream Factory Inc.~ブラウン登場~
お待ちかねのみっちゃんブラウン
「君の席はスチュアートの隣だ」すっしぃプルートに案内され・・・。
「は~い!
 ホ~、ハイホー♪
 ティティーティティッティッティ~♪」

と、「HeighHo」のメロディで大行進のみっちゃんブラウン
最後はダカダカと机を叩き慣らして「イェーーーイっ!」と相変わらずのハイテンション
悠河スチュアートは、「ゥフォフォッ」と笑ってて、
なんだかオヤジ気味なリアクションが面白かった

そのあとの「僕のParadisePrince」のお歌
深くて、広くて、強くて。
すごく、イイ
あんまり良くて、"24歳の新人"とは思えないけど

キャサリンのお家
上手&下手花道で見張りをしている黒い男たち
この花道のライティングが、模様入りになってます。

屋根裏部屋
ラブラブな悠河スチュアートようこキャサリンのもとに皆を呼んじゃうみっちゃんブラウン
お怒りモードなたっちんアンジェラ"ボ・ツ!"という大声に、
後ろでビクッと目をまん丸にして、
フリーズして顔を見合わせる悠河スチュアートみっちゃんブラウンが可愛い。
ここのたっちんアンジェラ
さらにニュアンスを変えてきていています。
ただイラついているだけじゃなく、
彼女が抱える苦悩がすごく見事に表現されていて、見ているとすごく切なくなります

スチュアートの実家
スチュアートが帰ってくると信じているけいこさんママ
メイに"スチュアートの分も夕食を用意するか?"と問われた時に言う
「もちろん」という言葉。
「スチュアートのことだが・・・」ひろさんハワードに切り出されたのを
「大丈夫!」とさえぎるセリフ
若干ヒステリック気味な言い方に変わっています。
そしてその直後にハッと我に返ったような表情を浮かべるけいこさんママ
どこもセリフは変わっていないのに、
精神状態がとても不安定だという様子を見事に表現している感じがします。

アンソニーのオフィス~卑怯な罠~
黒いひとたちが・・・。
より悪くなってるぅぅぅ~
バンビちゃんアップロードファイルのようなようこキャサリンを「ケッ!」という表情で見下ろすともちんシャルルとか。
ようこキャサリンの絵を蘭とむアンソニーに受け渡す珠洲アレックスの意地悪~~な顔とか。
怖いよぉ~絵文字名を入力してください

Dream Factory Inc.~別れ~
「みんな、すごく頑張ってくれて♪」
ようこキャサリンとの間に流れるちょっと重い空気をごまかすような感じで、
努めて明るく話す悠河スチュアートに対して
「あなたが創る作品なら、さぞかし素晴らしいものができるんでしょうね、
 スチュアート・メンフィールドさん。」

すごく冷たい感じの言い様で答えるようこキャサリン
日常、こういう風に女の子がけしかけて、
結果、喧嘩が勃発するカップルって多いよなぁ、なんて思いながら

銀橋に飛び出してくるようこキャサリン
お歌は、やっぱり高音が厳しい感じではありますが、
悠河スチュアートへの想いが痛いほどにあふれていて、とても切ない

スチュアートの実家~再会~
大劇場では時に涙で鼻声になるほどに泣いていた悠河スチュアート
初日では、涙を流していたものの、少し落ち着いた様子に見えました
「パパを心から尊敬している」と言い切る悠河スチュアートの表情が、
とっても誇らしげで優しい笑顔を浮かべているのが印象的

Art Basel Miami Beach
バッと幕がはずされて登場するようこキャサリンの絵
大劇場公演では、絵の後ろからライトが当たってて、
ズタズタに切られた絵の切れ目から光が差していたのですが
東京公演では、ここのライトはカットになったみたい。
ようこキャサリン悠河スチュアートとのデュエット
すごく幸せそうな二人の姿に、心が温かくなって、こちらも幸せになります
ようこちゃんのパートのハモリのメロディライン、変わったのかな
二人のデュエットの印象が違います
(もしかすると、マイクのボリュームバランスの問題で、
 ハモリパートが強く出ていて違う印象に聞こえただけかもしれないけど。)

相変わらずな蘭とむアンソニー美羽ヴィクトリアともちんシャルルが楽しい
ションボリな蘭とむアンソニーをいたわる、
美羽ヴィクトリアともちんシャルルのマイクオフの会話が聞きたいよ~表情10

Another New Life
銀橋でのひろさんハワードけいこさんママの会話。
セリフが2・3増えていました。
「あの子のあんな幸せそうな顔、今まで見たことなかった。
 ・・・いつぶりかしら。」

そんな感じで、ひろさんハワードけいこさんママが、
スチュアートの子供時代を思い浮かべながら話します。
正確には覚えていませんが・・・。
"家族でアニメを見ていた時の笑顔だわ。"
"ジョンが死んでしまってからずっと苦労してきたけど、
 今やっと自分で幸せを見つけようとしているんだ。"

といった内容のお話が加わっています

10Years Later
紗幕に写る"10Years Later"の文字。
大劇場の頃から、なんか薄くて気になっていたのですが・・・。
変わってなかった
お部屋のお人形は、ウサギちゃんに戻ってました
でも、そのウサギちゃん
首に金色の鈴リーシャンをつけて、ちょっとクリスマスバージョンのアレンジに。
お、ゴミ箱も変わってる

まぁ~、とにかく悠河さんご自身も、そして宙組全体も、確実に進化していたということです。
同じところで甘んじない
常に良き変化を求めていく
そういう精神がしっかりと舞台で表現されていて、
ファンとして誇らしい思いで初日を観劇することができました
これから来月の千秋楽まで、また色んな表情を見せてくれることを楽しみにしています
東京公演では、宝塚初観劇のお友達も誘って観劇予定ですが、
なんだか、早く自慢したい気分です
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄11⁄21 17:30 カテゴリー:東京公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。