元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








12/27 宙組「Paradise Prince」15:30千秋楽公演


千秋楽公演、おめでとうございました。
もちろん立見席完売の満員御礼の舞台
客席も舞台もおおいに盛り上がった素晴らしい千秋楽公演でしたflower
伸び伸びと舞台に立つ宙ジェンヌたち
心のままに泣き・笑い・拍手を送りつづけた客席
会場が温かく一体となれたあの瞬間に立ち会えたことが嬉しい
一つ悔やまれるのは・・・。
私の前に座っていたオジサン・・・
座高が高くて、頭が大きくて、さらに左右に首を傾げたり・・・
もぉぉぉ、私の席から0番位置が全く見えないブー
男性のお客様の入りは嬉しいけどさぁぁぁ
そういう意味でものすごいストレスを抱えた観劇だったけど
まぁ、千秋楽公演を見れたということだけでヨシとしましょう。
ちなみに私の隣に座っていた方も男性のオジ様でした
しかも、手拍子が"タン・タン・タン・タン・タタタタン・タタタン"のリズムになってる

東京の千秋楽公演は、TV収録も入るので、
アドリブが入りにくいという噂を聞いたことがあるのですが、
まーーーーったくそんなコトなく、思いきりはじけてやりきってくれた宙ジェンヌたちでした
まずは「Paradise Prince」から



「Paradise Prince」
オープニング
幕開き前の悠河さんの開演アナウンスの後に会場から拍手
あぁ、千秋楽だなぁ・・・とさっそく感慨深い思いにキラキラ感動
緞帳開きと同じに響く受賞記念Party会場の皆の笑い声。
いつも以上に響いていた笑い声に、宙ジェンヌたち千秋楽にかける熱い思いが伝わってきました。

Going to the WEST COAST
「イァエ~~~イッ
元気いっぱいに響く悠河スチュアートの声。
ブワ~ッとこの3ヶ月のことがフラッシュバックしてきちゃって、早々にウルッと。
疲れも溜まってきているのでしょう。
最終休演日以降は、若干声の調子が上がりきらなかった悠河さん
ちょっとお風邪もひかれてるのかな
千秋楽公演も、ちょっと高音のノビが気になったりもしましたが、
それを補うかのように元気いっぱいにはじけて踊りまくる悠河スチュアート
周りで歌い踊る宙ジェンヌたちのキラキラな笑顔もまぶしくて、
自然と手拍子するのも力が入ります

Dream Factory Inc.~プルートの2Dチーム~
2Dチームの皆の自由奔放さも最大級
あおいサマンサの強力キャラも最大級
悠河スチュアートタジタジ
「ここも20年間は夢と希望に溢れた職場だったんだが。若者達よぉぉぉ~~っ!」
叫ぶすっしープルートを制するあおいサマンサ
その時のすっしープルートのコミカルな表情がたまらなくオチャメ

Halloween Party
KY発言悠河スチュアート
「おかしぃ~と思った!」にも力が入ってて
「も、スチュアートの・・・バカッ!
 バカ、バカ、バカ、バカッ、もぉいやんなっちゃうよ~」

いつもより"バカ"の回数が多い
その後のえりこケヴィンとの「お前ホントに見習いアニメーター?」のやりとり
「うん。」「え?」「うん。」「あ?」「うん。」「あぁ?」「うん。」
コレもいつもより多い

たっちんアンジェラ
「食べてけないもん、フリーのアーティストなんて。でしょ?キャサリン。」
ようこキャサリン
「わぁかってるっ。」
マイクオフのアドリブ「ホントにぃ~?」と言いながら、
手に持ったマグロのお寿司まぐろ赤身ようこキャサリンを指差すたっちんアンジェラ
向けられたお寿司、パクッとしたようこキャサリンが可愛かった

屋根裏部屋
悠河さんが大切にしているこの場面。
「現実見なきゃってわかってるけど、夢・・・諦められなくてっ!!」
ようこキャサリンの思いが強くて胸にグッときます。
「わかる、すごく。」
ようこキャサリンの思いを受けた悠河スチュアートが温かくて大きい。
そして。
「だからもう、迷わない!」
そう言う悠河スチュアートの微笑みは凛としていて美しかった

「描き直したら、また見てくれる?」
「ラッキー♪」

東京公演終盤から言い方が変った"ラッキー"
ちゃめっけたっぷりの"ラッキー"が可愛くて好きでした

二人のデュエット
声の調子が最高潮というわけではなかったけど、その分まろやかな感じに聞こえました

Dream Killer~Anthony's Room~
「プロジェクトSCB?」
蘭とむアンソニーの問いに
「エヘン」と張り切って珠洲アレックス
「プロジェクト"S""C""B"
SP4人+珠洲アレックスちえジェームズが人文字ポーズでキメッ
会場、爆笑

蘭とむアンソニー「バカモノォ~~~ッ!」
いつもよりも長く続いた沈黙の末、会場からクスクス笑と笑いが聞こえたところで
「痛い・・・。」
「だ、大丈夫?」と駆け寄ったのは、やっぱり全員

蘭とむアンソニーの両隣の愛人ともちんシャルル美羽ヴィクトリアを思い切り弾き飛ばして
蘭とむアンソニーの隣をGETしてお手手をにスリスリしたのは
SPかっしーちえジェムーズ
退団者スペシャルでした
これにはともちんシャルル美羽ヴィクトリアも悔しがるしか術がありません

悠河スチュアートの居場所の確認が取れたという報告に、SPカッシー
「ぅる拉致しますか?」
巻き舌使い
珠洲アレックスにお顔ホールドされて、美羽ヴィクトリアにエルボーされてました

蘭とむアンソニー銀橋
熱く色っぽ~い蘭とむアンソニーも見納め
「アートのぉぉぉ王者ァァ!」
「マァ~~イッ♪キ~ンダァ~~ム♪」

見納めにふさわしく、熱い「 Kingdam of Art」でした
上手袖での愛人たちとの濃いKissアップロードファイル
ともちんシャルルとのKissの時に、
蘭とむアンソニーは両手でともちんシャルルの背中に手を回してを抱き寄せてましたっ
おっと、軍配はシャルルにあったのか

Dream Factory Inc.~ブラウン登場~
みっちゃんブラウンの登場
「君の席は、スチュアートの隣だ」
すっしープルートに席を案内されて。
「了解!」
言ってすっしープルートの後ろをついて歩くみっちゃんブラウン
テケテケテケみずたまこ
そのまま普通に席について、普通に頬杖なんてついちゃって。
あまりの普通さ加減に、かえって客席から笑いが
「・・・・。」
え?何か?みたいなみっちゃんブラウン
「台本通りですけど。」

大爆笑っ~~~~
会場からの拍手が収まるのを待って。
「君らしくないなぁ。なんかやってよぉ~!」
けしかける悠河スチュアート
期待感一杯の大拍手
「では・・・。今日で最後になりました。」
かっこいいお声で歌いだすみっちゃんブラウン
「さらばぁ~、東京
 旅立つは、宇宙戦艦~、バババババ!

 ヤ~マ~ト~♪」

アニメ"宇宙戦艦ヤマト"の主題歌。自分で効果音入り
すごぉぉぉ~~~いっ
千秋楽スペシャルでしたぁぁ
悠河スチューアートもニコニコ
「お客様は神様ですっ!」
みっちゃんブラウン悠河スチュアート、客席に向って深々お辞儀ぺこり
そして、二人でギュッと抱きしめあって
一度離れて、もう一回抱き合って
頑張りました~
たくさんのバージョン違いのアドリブ毎回とっても楽しかった~
一生懸命いろいろ考えてくれたみっちゃんも、楽しくそれに乗っかってくれていた悠河さんも。
本当にありがとうっ

肩お揉みしまぁ~す、の二人。
「強いよ、おまえは・・・・」
この二人のジャレ合いみたいなのを見るのも好きでした

「僕のParadise Prince」を歌い上げる悠河スチュアート
歌いながら徐々に声が揺いで・・・。
瞳からはポロポロと大粒の涙
「My Dream~♪」
顔がクシャッとするほどに涙を堪えて(・・・堪えきれてなかったけど)歌う悠河スチュアート
振り返って色んな思いがこみ上げてきて、こちらも号泣

キャサリンのお家
上手&下手で見張りをしている黒い男たち。
「プロジェクト"S""C""B"」で一文字ポーズ
さらに「報告以上!」で4人ともサングラスをはずしてくれました
下手カッシーはキザリポーズ

屋根裏部屋
荒れているたっちんアンジェラの後ろで
「ちょっと飲みすぎだよ~、アレ」
と、みっちゃんブラウンに訴えているマイクオフアドリブな悠河スチュアート

たっちんアンジェラ、ものすごく胸に来る熱いお芝居でした
「私だって。夢・・・諦めたくなかったわよっ!!!」
「でも・・・。大人になるのよっ、みーーーんなっ。
 おとぎ話は、おしまいッ!」

たっちんアンジェラを見ていて、涙がポロポロこぼれちゃいました

スチュアートの実家
パパとママの結婚記念日にやってくる黒い人たち。
「スチュアート・カムバック・スペシャァ~~ルッ」
珠洲アレックスちえジェームズEXILE"ChooChooTRAIN"風ダンス。
このあたりは、大劇場の千秋楽と同じ感じです。
それを制するともちんシャルル
珠洲アレックスちえジェームズ「お前のせいだぞ・・・」みたいにツンツンしてました

スチュアートの実家~再会~
深い家族シーン。
薄っすらと涙を浮かべながら、長男として兄としてしっかりそこに立っている悠河スチュアート
色々な思いがこみ上げてきて、涙が止まらなくなりました

アートバーゼルマイアミビーチ
悠河さんご自身もお気に入りだという白スーツ姿。
あぁぁぁん、格好イイよぉぉぉ~

「Believe in myself」のデュエット
二人で両手を握りあって歌う二人の姿がステキすぎる
二人抱き合ったあと、涙・涙のようこキャサリンの頬をそっと拭いてあげる悠河スチュアート
ジーン

「New Life」で飛び出してくる皆の大きな笑顔は、見ていて本当に幸せになります。
銀橋客席降りの階段でヒップを叩く悠河スチュアートは、
ハモリ部分を歌ってるんだ~、と千秋楽にして知った
"タン・タン・タン・タン・タタタタン・タタタン"
舞台と客席が一体となってリズムを打つのがとっても楽しくて
それを受けて飛び切りの笑顔を見せてくれる宙ジェンヌたちの姿が眩しくて

10Years Later
お部屋のウサギのお人形とお花型花のクッションも千秋楽スペシャルに。
真っ赤な生地にパラダイスプリンス君が施されているクッション。
そして、パラダイスプリンス君のお顔型のクッション。
「あぁぁ、才能の限界!」って言ってこの顔型クッションの両頬を引っ張って
ムニムニしている悠河スチュアートが可愛い~っ
このクッションは、クリスマスの日の"入り"の際に差し入れでプレゼントされていたものです
大劇場の千秋楽で登場した大きなパラダイスプリンス君のお人形は、
クリスマスツリーの下の子供たちのおもちゃ箱の中に
お顔だけ出して箱に収まっているパラダイスプリンス君が可愛かった

とうとう、終わっちゃったのね・・・
3ヶ月の幸せが・・・。
「今の宙組でしかできない作品」"心を込めて"演じてくれた悠河さん宙組の皆。
大劇場の初日から、東京の千秋楽まで。
一回一回 回を重ねるごとに完成度が増していって
本当に客席の人たちみーんなの心に染み入る作品になったと思います
こうやって最高の形で仕上がったすべての思いが、
千秋楽公演での悠河スチュアートの「僕のParadise Prince」での涙だったんだろうな、って。
私自身も客席にいながら、色んな思いがフラッシュバックして、涙・涙の観劇となりました
毎回心を揺さぶられ、毎回アドリブに楽しませてもらい、
優しくてHappyな思いに包まれた舞台。
夏のお稽古から続いた今作品、大成功おめでとうございましたっ
沢山のHappyをありがとう
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄12⁄27 17:40 カテゴリー:東京公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。