元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








4/25 宙組「薔薇に降る雨」15:00公演=阪急交通社貸切公演


阪急交通社さんの貸切公演
下手最端といいながら、かーなーり前方列があたり。
すごい舞台近くで堪能させてもらいました
ありがとう、阪急交通社さん

開演前には、司会として右京さん登場。
しかも、登場立ち位置が下手袖
きゃーん、近いじゃん近いじゃん
薄いシャンパンゴールドのミニスカワンピースを着て。
お膝も出して。
足、キレー
でも、司会はやっぱりカミカミでしたけど
だって、自己紹介から噛んでどうするよ
しかも、自分で噛んだあと、悔しそうな顔をするうきょさん、可愛い
ま、それでも前回の東京宝塚劇場でのうきょさん司会の時よりよっぽどお上手でしたけど
そして、やっぱり元宙ジェンということもあってか、うきょさんを包む会場の空気が優しい。
「終演後には、さわやかな大和悠河さんよりご挨拶があります」
とご紹介。
そして、東京の時と同じ振りで
「私も司会を頑張っていますので、宙組の皆さんは3割増しで頑張ってください」
と幕裏に呼びかけ。
うん、なんとも和やかで嬉しい


「薔薇に降る雨」

回想
もう二人のデートシーンは本当に可愛くて好き
二人が出会ったダンスパーティのシーンは、もうたまらなく好きで
二人向き合って、手の指先を下に向けて、クイクイッってやる振りが好き。
(・・・って、全然わからないよね、この説明
デート+デート+デート・・・・。
絵画のとこでは、ようこイヴェットが可愛い声で「見えないぃ」って叫んで、
メガネの人たちにシーッ!と怒られちゃうときのビクッとするところとか。
そんなようこイヴェットにクスリッと笑って、腰を取って連れ出す悠河ジャスティンとか。
細かいところで、すごく二人の感じが自然で好きです
kissシーン、毎回キュンキュンしているんですが。
今回のお席が前方席だったおかげで、オペラ無しでよく見えまして。
その、なんというか・・・。
だいぶ心拍数上がりました

回想:イヴェットの別荘
NOW ONで、蘭とむさんが、このあたりは花道から見てるってお話していて。
すごく叫んでますよね、って
どれだけ遠いんだ、って
そんなNOW ONを見た直後の観劇だったので、
ホントだぁ、確かに、かなりイヴェットの別荘って門から遠いわぁ~みたいな

回想:ホテル
引き裂かれたジャスティンイヴェット夜会での再会。
ここの熱いKissにもドキドキしつつ
「もうおしまいよ。だって、明日帰るのよ。」
そういうイヴェットが、壁にもたれかかって、
後ろ手に壁を叩いたり、つま先で床を掻くようなしぐさをするのですが、
その感じがなんともいえず、リアルな感情表現をしてるなぁ~って。

クラブ
回想シーンが終わって、再び現在へ戻るときの生着替え。
下手前方席のため、薄明かりの中の凛々しく頑張っているりく君のお顔が見えます

「気にしたって仕方がない♪」
っていう、酔っ払いなイヴェット
酔っ払ってはしゃいで、公爵夫人にとがめられるようこイヴェット
「時が時だけに下品に見えますよ。」
自嘲気味に「はい」と笑うようこイヴェット
イヴェットが抱えている心の負担を感じさせる笑みだなぁ~と感じます

街路
酔っ払いようこイヴェットを相手に、ちょっとイライラ気味の悠河ジャスティン
「たちの悪い酔っ払いだなぁっ
怒った顔も格好よくて
こんな顔が見れるなら、わざとだって怒らせてみたくなるわ
この二人っきりの街路の場面は、取り立てて大道具もないし、飾るものがないので。
リアルにお芝居だけのシーンになります
だからこそ、二人の心の動きによって、お芝居の感じが七変化していく場面です。

ホテルのロビー
その朝。
かなり髪の毛の乱れているようこイヴェット
その後を追ってくる悠河ジャスティンのネクタイも、ベストからペロッと出ちゃってて
ジャスティン 「大丈夫か?」
いや、貴方も大丈夫か

ジャスティンのオフィス
オー蘭寿男爵を案内するジャスティンの秘書:あすモニーク
話はじめからマイクが入ってない
襟元のピンマイクの存在を確認するものの、マイクの音が入らない
あすちゃん、あの細い体の底から声を張り上げて、
必死で声を客席に届けようと頑張っていました
何気にこのオー蘭寿男爵とのやりとりが長い
飲み物を取りに下がるまで、袖中に入れないのでハラハラしました。

初日から一週間が経って、
悠河ジャスティンオー蘭寿男爵のデュエットがグッと良くなっています
もともと「雨唄」の頃から、
悠河さん蘭とむさんのデュエットは声の感じとか雰囲気も含めて大好きなので、
ここは進化を期待していてイイなと思っていた場面ですが。
もうさっそく進化を始めている箇所のひとつです
この2人のシーンを見ていると、自然とほころんでいる自分がいます

NOW ON STAGEの話で、えりこクリストフの熱演具合が激しいと聞いていたので、
ここは思わずえりこクリストフを凝視
ホントだぁ~、ジャンピングしてる

カフェ
オフィスからカフェへの場面転換コーラス
りさちゃんが、えりこクリストフの座っていた椅子の上に登って唄うのですが、
弾力のあるちょっと安定の悪い椅子の上に立つので、ちょっと気を揉みます

ヘレンとのデートは、もう長く付き合っているカップルjumee☆BFandGF2という感じですごく好き
「週末は家で食事しない?」と誘うヘレンに、ニッコリ顔で答える悠河ジャスティン
こと話が結婚話に向うと、その笑みが顔から消えるジャスティン
うーん、巧みな芝居心

イヴェットの屋敷
今回は、前方席だったので、オペラ使わずに見てたんですよね~。
これはあとからYOUママさんから聞いたお話ですが
登場してきたようこイヴェット、前髪にヘアクリップつけっぱなしで出てきたって
おでこにバチーンとついていたヘアクリップ
よくアレを見て、グザヴィエさんが笑わずに耐えていたと、YOUママさん褒めていましたわ。
お屋敷のお芝居後半。
車で待つグザヴィエさんにクラクションでせかされて、
慌てて出て行くようこイヴェットみっちゃんフランシス
みっちゃんフランシス、舞台センターの階段でコケたらしい
しかも、躓いたくらいじゃなくて、四つんばいになるほど派手めだったとか
イヴェットのヘアクリップに動揺したか

イヴェットの屋敷
すっしー伯爵がすごく上手にコミカル担当をしているのはもちろんですが
えりこクリストフが可愛い~~~
恐縮しちゃって、ソファに座れずに中腰になってるところも。
あゆみママ「お祝いしましょう~」と歌いだすところの「んとする顔とか。

アルヌー一家に振り回されているオー蘭寿男爵も可愛い
「めでたい のみたい」の踊りも、一人で踊れないでいるし~
ちーさんが、2回目のときはバッチリ踊ってるんだよ~、って教えてくれて
ホントだぁ~、2回目の「めでたい のみたい」は、すごいバッチリ張り切って踊ってるぅ

ヘレンの家
おあいママのご飯の味を「味だけなら二つ星はいけますよ」って褒められて。
おあいママ悠河ジャスティンがにらめっこするみたいにする一瞬が好き
おあいママが持ってきたケーキ
ジャスティン 「これどうするの?」
ヘレン 「いらないならさげるわ。」
このシーンの意味がわからないんだけどねぇ・・・

パーティ会場
アルヌー家復興を祝う夜会
みっちゃんフランシスを探してくるというアリスベロニカ
すんごい可愛い~
着慣れないタキシードを着て、
見よう見まねで夜会会場に立っている悠河ジャスティンの居心地の悪い感じが、
なんかすごい上手
いちいちオー蘭寿男爵を横目でチラッと見て、拍手をカンニングしたりしてるのが可愛い
そんな悠河ジャスティンようこイヴェットとダンスするときは、もうすでに貴族
公爵夫人アヤゾノさん
皆がダンスしているときは、袖幕前でお芝居しています。
なんか、そんな舞台に対して真っ直ぐにしているアヤゾノさんの姿に、
お芝居とは別の部分でウルッとしてしまった。

イヴェットの屋敷
ようこイヴェットみっちゃんフランシス
すっごい姉弟の関係がいいなぁ~って。
フランシス、絶対シスコンだわ
でもイヴェットも、ブラコンっぽいな
なんか、久しぶりに弟と話がしたくなりました

デッキ
最後のデッキの場面からラストの歌
メロディラインも大好き。
悠河ジャスティン、ソロの部分、ちょいとカマしてました
ようこイヴェットに手を差し出して、2・3歩後ろ向きで歩くところで、
悠河ジャスティンがカクッとなったので、かなり焦った
カカトがカクッとなったのかな
銀橋でなんて、シャレにならん
何事もなくてよかった


1幕終演後には、阪急交通社さん主催の抽選会
司会は再びうきょさん登場
「いかがでしたか?素敵な作品でしたね。
 大和さんカッコ良かったですね♪」

と、同期:悠河さんアピール
うきょさんようこちゃんからのコメントも聞いてきてくれていました。
「宙組みんなで最後まで大和さんについていきます。また観に来てね
だそうです。
それを読み上げたうきょさん
「可愛いですわね~、ホントによぉ~。」
って。
さらには、悠河さんからのコメントも。
「頑張ってるので、また観に来てね
だそうです。
それを読み上げたうきょさん
「ハート、ってね。可愛いね、そうだね。」
って。
さて、基本的にこういう抽選会にあったことは一度もナシ

今回も、カスリもセズ顔
でも、下手端席だったので、
悠河さんようこちゃん蘭とむさんの寄書きサイン色紙の現物を間近でみました
サインの下には、悠河さん達筆文字
「これからも宙組をヨロシク!」
とありました。
なんか・・・ジーン涙
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2009⁄04⁄25 17:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。