FC2ブログ

 元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
2/14 宙組「Passion 愛の旅」15:00公演


2回の公演を終えて、宝塚大劇場を出たとき
ちょうどバウホールで公演をしていた真野すがたさんが、
公演を終えて楽屋出をしてきたところでした
バレンタインだったこの日、
ファンに囲まれて小さなプレゼントを受け取りながら、
穏やかな笑顔で応えていたのが印象的

真野すがたsan

すごく名残惜しい気持ちを抱えながらも ハッピーな気持ちに包まれての帰京です
以下は、「Passion 愛の旅」2回目観劇の感想など


宙組 「Passion 愛の旅」11:00公演 宝塚大劇場 1階4列3番にて

宙組をこんな前の席で観るの、初めてだから
私の宝塚デビューの「バレンシア~」の時も、良席だなぁって嬉しくなってたけど。
それでも7列目だった
端席だけど。
端席だから。
舞台に立つ、特に花道を通る宙ジェンヌたちの息遣いも聞こえてくる
幸せだ~
銀橋を渡ってくる悠河さんの姿があまりにもキラキラとまぶしすぎて、
このまま失神しちゃうんじゃないかって

このショーは、悠河さんのPassion轟理事のPassionの対比が面白くて、
一緒の舞台に立つからといって、
そのお互いのカラーをあえて混じり合わせない演出がいいなって思いました。
一言にPassionといっても、色々な形のPassionがあるんだなぁ~
静かに燃えるPassion
はじけるようなPassion
穏やかに優しいPassion
華やかに熱いPassion
一回目の観劇の時は、なんとなく全体の感じがブツ切れのように感じちゃったけど、
悠河さんのPassionと轟理事のPassionが少しずつ重なりながら
でも、決して完全には交じり合わなくて。
宙ジェンヌたちの色で初めてキレイな色彩で統一されていくような感じ


<プロローグ>
黒燕尾の男役さんたちの中に、
悠河さんがいないということをヒジョーに残念に思いつつ
もしここに悠河さんがいたのなら、
絶対に悠河さん以外の人には目が向かないということがわかるので
ある意味これはこれで宙ジェンヌの格好よさを堪能するためにはアリなんじゃないかと思ったり
後半の悠河さん美羽ちゃんの銀橋でのデュエット。
初見では、そこにようこちゃんがいないという事実がなんとも切なかったのですが
2度目を改めて見ると、その美羽ちゃんの頑張りがすごく健気に感じられて
代役という大きなプレッシャーに負けじと、笑顔を振りまいている姿に感動してしまって
突然の代役決定にすごくナーバスになったりもしただろうに
そして、そんな美羽ちゃんを優しい笑みでしっかりと受け止めている悠河さんがまたイイ
ようこちゃんがお休みでも、を守っていく
宙ファンたちを絶対に満足させて帰らせるんだ
そんな意気込みが見え隠れするような場面です

<Passion 大空へ>
大好きな大空のシーン
ここは一気にフレッシュに元気に爽やかに
誰か劇場の大きな窓を開けて、空気の入れ替えをしたんじゃないのって思うくらい、
舞台の上の空気がパァッと変わるんです。
皆が笑顔全開になって跳ね上がっていく
ついさっきまで前の場面に出ていた同じ宙ジェンヌたちなのに、
一気に年齢が若返るような感じ
そして、その場面をグイグイ引っ張っていく悠河さん
舞台後方から「イェイェイェ~イみたいに盛り上げていくのが好き
それにしても、悠河さんを見ていると、
笑顔の種類って、本当にたくさんあるんだなぁ~と思います
みんなの「命の限り~というコーラスにかぶせて、
悠河さんが歌う「か~ぎ~り~というとこ
なんかとっても好き
11:00公演では歌語尾がシャウト系だったけど、15:00公演では少し抑え目だったかな?
どっちかというと、ココは若干抑え目で歌ってくれた方が好き
悠河さんだけじゃなくて、宙ジェンヌたち一人一人がとっても魅力的
どうして私には目が二個もついてるのに、
一人しか追いかけられないんだろうって悔やむ思いです
絶対DVD出たら、この場面だけ何度も繰り返しちゃうなぁ~

<Passion 砂漠の薔薇>
観ればみるほど、色んな人たちが色んなところで色んなコトしてて
少しずつの妙な雰囲気の組み合わせが、この場面の妖しげなムードを作り上げてるんですけど。
轟理事カチャちゃんのダンス。
後半の悠河シャルマンとはまた別の色っぽさ轟理事を誘惑するそのダンスも見たいし。
周りで艶めかしく踊っている男役さんたちも見たいし。
舞台奥で楽器ならしたり、まったりげに腰をおろしている人たちも見たいし。
ホントにあちこちが気になる場面です
この場面での轟理事のリフト。
上向きでリフトされたあと、今度は下向きで運ばれてゆく・・・。
怖そう・・・

<Passion 燃えるリズム&カルナバル>
ダメだ
どーしよーもなく楽しい
特に悠河さん蘭とむさんみっちゃんでの銀橋渡りは、どーにもこーにも楽しい
1回目は、客席いじりに夢中になって気を取られたけど
実はここ、3人がいろ~んなコトをやってるのよね~
この3人の仲良し気な感じがキャワイイッ
ふざけあって笑いながら
「マンボマンボ
と歌う あのいたずらっ子満開悠河さんの顔
11:00公演と15:00公演では、ここの3人のふざけ方が違っていて、だいぶアドリブ的みたい。
あぁ~、私の目に録画機能がついていたならば・・・
大いに盛り上がったあとは、ブラジル。
「ブゥラ~ジ~~~ル、サンバブラジルよ~。恋の唄歌い~。」
スローに
悠河さん独特の歌いまわしで歌い上げ 一気にアップテンポ ラストはシャウト
きっと中にはこの悠河さんの歌い方をお気に召さない方もいらっしゃると思いますが
私的には"恋は盲目"なわけでありまして
悠河さんご自身が気持ち良さそうに歌っているその姿に満足なワケです
そして、アップテンポな「Passion愛の旅」でもう宙ジェンヌ万歳な場面に突入していきます
客席いじりでは、15:00公演での悠河さんはちょっと"Sっ気"を出してましたよ
下手側に来た悠河さん
しっかり客席のお客様一人にターゲットを絞って衣装のヒラヒラでお客様の頭上をなでてみたり。
あのときの自信たっぷりな得意気な悠河さんのお顔に爆
そして、熱い空気を舞台に残したまま、宙ジェンヌたちが舞台からはけていくと。
一人残った悠河さんが一曲
メローなテンポの唄で ちょっと難しい・・・
不安定な感じにちょっぴり心配になったりもしちゃうのですが
この後の特大ビックサービスで、そんなの一気に忘れちゃいます
だって
客席ド正面に向かって、両手で大っきな大っきな投げキッス
しかも"チュッ"って音入り
完全ノックアウトでしょう

<Passion ファンタジー>
このときは、悠河さんの特大投げキッスに心はトロトロに溶けちゃってるので
本当に美しく涼やかなこのシーンが幻想にしか思えません
次回観に来るときには、もうちょっとこのシーンをちゃんと見れるようにしようっと

<フィナーレ>
この悠河シャルマンは、ホントにどういう風に観たらいいんでしょうね~
「大空」で青春真っ只中謳歌していたあの人でもなく
マンボーNo.5で女の子引っ掛けて歩いていたやんちゃ坊主でもなく
憂いを秘めたマダムがいるんです
同じ人ですか
・・・同じ人です。
深く深く切り込まれたスリット。
長~くて、細くて美し~いおみ足を
チラリと見せるのではなくって・・・
スッと挑発的にね・・・
客席に背中を向けたあの腰つき
か猫かと聞かれたら、
いつもの悠河さんならどちらかというと犬っぽいかなぁ~って思うんですが
ここの悠河シャルマン
なんですよ。
すごい気位の高い雌猫
自分から寄り添って、悦びの表情を見せていながらも、どこかで制しているような雰囲気。
その凛とした姿があまりにも美しく
轟理事も私たち客席をもすっかり翻弄した挙句に、
背中に女の強さをたたえて去っていく悠河シャルマン
そして、そのすぐあとに。
本当にほんの一場の後に衣装替えで登場する悠河さん
これ、舞台袖ではダッシュなんだろうなぁ~。
ものすごいことになっているだろう舞台裏が気になります
ゴールドの衣装に身を包んで登場の悠河さんは、
さっきのシャルマンの表情とは全く違ったお顔で登場
轟理事とデザイン違いのおそろいのゴールド衣装ですが、
悠河さんの方がレース使いが多くて、悠河さん色が良く出ています
銀橋で轟理事を踊る悠河さんは、ずっと轟理事を見つめて幸せそうに踊っています。
この演出上の関係性がよくわからないけどなんかすごい幸せそうだからイイか

<パレード>
本当はずーっと悠河さんを見つめていたい気持ちでいっぱいではありますが<
端席なので、どうにも銀橋センターに立つ悠河さんを目で追うのはキビしくて
銀橋を通って目の前に来てくれる悠河さんを満喫できたので
端席ならではの楽しみ方を
花道でいっぱいのフレッシュな笑顔を撒き散らしている下級生たち
そっと花道に目を向けると、本当に皆一生懸命で
トップの悠河さんも、専科轟理事も、最下生たちも、
目指すところ、向かうところは一つなんだなぁってとっても微笑ましい思いでした
で、花道からぐるっと視線をまわして、
ちょうど私の位置から真ん前の銀橋立つ宙ジェンヌさんに顔を向けると

があった
え?気のせいじゃないよね
これ、私と目が合ってるよね
え?貴方は誰~~~
まだまだ顔と名前が一致しない宙ジェンヌさんの方が大半
え~~、どなたなのぉ
と、そんな思いが頭を駆け巡っている最中も、視線が外れません
え~~~、どうしよう
嬉しいけど、なんか照れるっ
どうしよう、どうしよう~
よし ちょっと笑ってみよう
思い切って笑顔でお返事してみたら
ニッコリの笑顔でコックリと頷いて、パチッとウィンクをしてから、
そっと私から視線を外されました
これって、これって、勘違いじゃないよね~
絶対コンタクト取り合えたよね~
ひゃーーーん:;。+゚+。キュ━(*´U`*)━ン。+.。゚:;。+
なんか心臓ドキドキしちゃった
トップさんになればなるほど、視線の流し方が早くって
なかなか目が合うなんて無いし。
ましてやコンタクト取ってくれるなんて、そうそう無いし
また新しい楽しみ方、知っちゃった~
で、終演後
あわててパンフレットで確認したそのお方
珠洲 春希さんでした~
こうして一人一人をおとしていくんだわ
あぁ~幸せ
スポンサーサイト









ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄14 18:30 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2020 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin