元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








宙の王子:大劇卒業前日の一日


早朝に家を出て、OMC貸切公演、前楽そしてサヨナラショー。
長い長い一日でした。
朝、パラついていた雨は、悠河さんの入りのお時間には止んで。
公演中に嵐のような大雨&大風。
まるで会場にいる私たちの胸のうちのような大雨でした。
だけど、その雨も。
サヨナラショーを終えて、劇場を出て悠河さんをお見送りするときには上がってた!
とっても寂しくて、とっても切なくて、どうしようもないくらいに泣いたけど。
雨の上がった空のように、少しスッキリとした、とにかく幸せな感じです。
明日はお天気らしい。
悠河さんの、ようこちゃんの、そして卒業していく宙組子の門出を祝うようなお天気になるといいな。
明日、会場でお祝いできる方も、そうじゃない方も。
きっと心はココにひとつですね。
宙組、本当に良い組だなって。
宙組、本当に大好きだなって。
どうか明日、悠河さんを始めとする卒業生たちにとって、幸せな一日になりますように。

▽READ MORE▽より、サヨナラショーを含めたご報告。
ザッと書きです。
体裁は・・・・帰京してからそのうち整えます・・・。
読みにくいと思いますが。
100%ネタ漏れしてますので、イヤな方はクリックせずにお願いいたします。


午前中のOMCの貸切公演、本当は見る気なかったんですけど。
千秋楽が近づくにつれて、やっぱり舞台を見たくなっちゃって、急遽チケット手配した公演。
2F席。
きっと前楽公演はボロ泣きだろうから、
その前に少し落ち着いて、皆を温かく見守ろう!なんて気持ちで望んだ舞台。
が!
午前中からあまりにも良くて!
っていうか、前楽公演を含めて、お芝居の中では最高だったかも?
思わず回想シーンのダンスパーティから号泣スイッチが入っちゃって。
そんな自分に焦って、パニクっていた私。
神、降臨!かと感じました。 (私感ですが)
悠河ジャスティンだけじゃなく、ようこイヴェットもそれに合わせるようにステキだったし。
オー蘭寿男爵も最高に良かった。
みっちゃんフランシス、そこで泣くなぁ~~~。
コーラスもものすごく響いていたし。
悠河さんが舞台を引っ張っていっているという形じゃなくて、
皆が同じ場所に向かっているという空気感。
演じているというよりは、生きているっていう感じでした。

前楽公演では、ショーがヤバかった。
悠河さんは、どの曲も思いたっぷりに歌っていて。
オケのメロディよりずっとあと掴みに唄っていたけど、
それがすごく気持ちを込めて舞台を感じながら歌っているのが伝わってきて。
あぁ、この人は今、すごく幸せの中にいるんだなぁ~って。
それを感じることができて嬉しかった。
ポエマー王子のセリフは、大和悠河の言葉として伝わってきました。
フロリダの場面は、皆がその舞台に立っている楽しさをしっかり感じていたし。
とにかく掛け声が5割増しくらいで響いていて。
あぁ、これが私の大好きな宙組だぁ~って。
中詰めは、もうとにかく皆が美しかったし。
蘭とむさんの「she・・・」は、それ反則だよ・・・って。
思いたっぷりに歌いすぎて声が裏返ってたりしてたけど、
そのまま蘭とむさんまで泣き出しちゃうんじゃないかって思うほどな歌いっぷりでした。
「夢アモール」では、ようこちゃんが瞳をいっぱいに潤ませながら踊っていました。
パレードエトワール美羽ちゃんもクリクリのお目目がウルウルしてて、その姿に泣けちゃうし。
こんなんで明日はどうなるんだ・・・と思いながら幕が降りた。

と思ったら、スッシー組長さんの登場。
サヨナラショーは、人生初体験の私です。
とっても大切にステキに悠河さんを紹介してくれたスッシーさん。
「甘いマスク二枚目男役。華やかな正統派の男役。王子という言葉がぴったりな宙の王子。」
たくさん読み上げられる悠河さんの出演舞台作品。
抜擢続きの悠河さんの歴史を改めて感じました。
スッシーさんが悠河さんから客席へのメッセージを読み上げてくれているその時。
会場がプラネタリウムになり、「宙FANTASISTA!」のイントロが流れて、上手袖からアスカルゴが。
もうその瞬間、私の涙腺は崩壊しました。
「宙FANTASISTA!」で私は悠河さんに堕ちたから。
すべてのスタートはそこからだったから。
スッシーさんの読み上げていた悠河さんの略歴台本は、
「宙FANTASISTA!」のあの大きな大きな絵本に変わり。
宇宙のビックバンの物語を読んでくれるのは、マリエッタさんからスッシーさんへ。
COSMO!COSMO!の掛け声から生まれてきたのはピヨピヨな可愛い産まれたての王子ではなく。
凛々しく成長して巣立っていこうとしているセリ上がりの宙の王子。
涙で前が見えなくなりながら、一生懸命手拍子。
うちの王子、久しぶりに歌う「宙FANTASISTA!」は、歌詞とかすごい作曲してたけど(笑)
「戦う人、YOU!YOU!YOU!頑張る人、YOU!YOU!YOU!」
懐かしい~っ!
愛する人や輝ける人が何回も出てきたけど(笑)
そして、客席降りアリのシンデレラロック。
完全に宝塚の舞台がライブ会場と化していました。
っていうか。
衣装チェンジのつなぎで銀橋。
シンデレラロックを歌う蘭とむさん&みっちゃん&シックスカラットの弾けっぷりが
もうとにかくスパークリングしてて。
左足で大きくリズムを取りながら超楽しそうに歌う蘭とむさんを見ながら、
自分の歌じゃないのに、完璧に自分の歌にしてくれちゃってる蘭とむさんに惚れた。
「コパカバーナ」の"愛のボレロ"はマジ腰砕けそうになりました。
当時の悠河さんがたまらなく好きだったという、
「上着を脱ぎ捨ててネクタイをガッと緩めるシーン」まで盛り込まれています♪
美羽ちゃんとえりこちゃんも、それぞれのバウ主演での主題歌(なのかな?)ソロもアリ。
私は初見だったので、ちょっとわからなかったのだけど。
二人ともすごくステキに歌い上げていました。
そして。
あのフェルナンドのお衣装のまんまで登場の「瞳の中の宝石」
赤いスカートのイサベラも加わって、当時とまったく同じ振り付けで踊るデュエットダンス。
二人で飛び込んできてスライディングする振りや、片手でのリフトも。
あの頃より少しお兄さんとお姉さんになったフェルナンドとイサベラの姿に、やっぱり涙。
お歌は、アヤゾノさんの伸びやかな歌声。
「君の歴史的な日は17日じゃない、18日だよ!もう朝だよ!」とみっちゃんコズモ。
「な~んてステキな朝なの!」とようこキャシー。
蘭とむドンと三人で踊る「GOOD MORNING」に涙が止まらなかった。
蘭とむさんがドンをやってくれたのも嬉しい。
あの時タップをしていなかったみっちゃんが、タップを踏んでくれたのも嬉しい。
三人の「GOOD MORNING」は拍手が収まらなかった。
そんな中、下手からセリ上がってきたのは、悠河さん。
「Singin' in the Rain」は、最初拍手の大きさに、オケの音が聞こえなかったみたいで、
さっぱりオケと合ってなかったけど、悠河さんの好きなように歌わせてくれたオケに拍手!
そして。
悠河さんが珠洲さんからラグビーボールを受け取ったとき。
「ある晴れた日~♪」
グシャッと顔を歪めて、ボロボロと泣き崩れていく悠河さん。
もう、心のままに。
泣くことを、溢れる涙を止めようともせず、「LIFE」を唄った悠河さん。
でも、すごく幸せそうでした。
そして、すごくステキでした。
舞台には、大和悠河のサインを象ったライティング。
あんな風に「大和悠河」として泣き崩れた大号泣の彼女を初めてみた。
反則だよ、そんなの。
でもね、とってもとっても美しかった。
何度も唄えなくなりそうになるのに、すごい頑張って心を伝えて唄ってくれました。
この宝塚で歩いてきた軌跡が、そこに全部詰まっているような、そんなお顔でした。
涙でグチャグチャの会場(&悠河さん)は、一気にA/Lで盛り上がります。
大泣きしながら、アイラインの落ちた黒い涙を頬に伝えながら、
それでもガシッとウィンクを飛ばす悠河さんの姿を、泣かずに見ているなんてできるわけがない。
ラストの盛り上がりは、「宙FANTASISTA!」から金星。
大階段スタートのあのノリノリの踊りまくりは、やっぱり宙組です。
良かった、この宙組を好きで、本当に良かった。
涙で顔なんてグッチャグチャだし、嗚咽が止まらないほどに泣いてたけど。
すっごい幸せでした。
そして、エンディングは、「ベルサイユのばら~アンドレ編~」よりようこちゃんのソロ。
さらにセリ上がりの白衣装の悠河さんの「この道 この愛」
つい先日のことなのに、中日公演。
懐かしい思い出の映像とともにフラッシュバックしちゃって・・・・。
ベルばらチームじゃなかった蘭とむさんも、悠河さんのすぐ後ろでコーラスに加わっていて。
その姿がとても胸に熱くこみ上げてきちゃって。
大和悠河サヨナラショーを締めたエンディング。
「私は誓う この道がどこへ行こうと 私の愛は 変わらないと」
とにかく、愛溢れる幸せな一日でした。

明日。
涙ナシで過ごすことなんて、絶対にできないけど。
大切な、大好きな王子に、たくさんのありがとうと愛を大きな拍手に変えて届けてきます。
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2009⁄05⁄17 23:59 カテゴリー:大劇場公演 comment(2) trackback(0)
▲pagetop












コメント


管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
(2009/05/18 11:55) | [ 編集]

Dear 鍵コメTさん
本当に、前楽は大泣きしながら歌い上げる悠河さんに、もう号泣でした。
Tさんのメッセージに、千秋楽のサヨナラショーは、悠河さんも涙ナシで歌うかな?と思ったけど、
やっぱり思い余るところがあったんでしょうね・・・。
前楽と同じところでいっぱいの涙を流して歌った悠河さん。
本当に美しく。
でもやっぱり切なかった。

インフルエンザ、とうとう東京にも上陸してしまいました。
私たちはこれからコチラでのお見送りが始まるというのに・・・。
なんとか早く収束に向かってほしいです。
(2009/05/23 09:02) URL | まゆ[ 編集]



コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。