FC2ブログ

 元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
NOW ON STAGE:宝塚大劇場公演「Passion 愛の旅」


「えー、今回はショーでも轟さんに出ていただいて、ホントに"Passion 愛の旅"ですので、
 色んな国に行って、色んな愛を表現しているんですけれども。」

ショーのお話は、まず悠河さんが口火を切って始まりました。
「オープニングがまず、イシさんのあの燕尾を着て、
 あそこがすっごい舞台稽古を見ていて格好良くって。」

悠河さんが、轟理事イシさんって呼んでる~
なんか、すっかり馴染んだ感じでファンとしても嬉しいな~

お話はまずオープニングの場面から
お衣装がとってもきれいで、
特に女役さんのえんじの衣装は、近くで見るより客席から見るとよりきれいらしい
確かに、初日の映像をTVで見たときは、ちょっと地味なイメージがあったけど
実際に舞台で観たら、すごくキレイだなぁ~って思いました。

耳残りの良い主題歌「Passion愛の旅」は4回登場
その話題になって、ちょっぴりお口がへの字になるみっちゃん
「どうしたの?」
という蘭とむさんに、
「色んな歌詞の種類を知ってて・・・」
と言い訳顔のみっちゃん
全部の歌詞を歌っているのは、みっちゃん轟理事だけなんだとか
みんなの倍量の歌詞を覚えているみっちゃん轟理事は、
歌詞"てにをは"間違えると大変なんですって
「今まで作詞したことはないんですか?」
とちゃっかり轟理事に突っ込みモードの蘭とむさん
そこに追い討ちをかけるように悠河さんの発言
「結構ね~、イシさんはちょっとね♪」
と、いたずらっ子みたいな顔で突っ込む悠河さんに、
"それは言っちゃダメだよ~"的な轟理事がちょっと可愛い

「Passion 愛の旅」


その後に、悠河さんしっかり仕返しされます
「でも、でも。プロローグの歌に限らず、今回の矢部先生から、
 "轟さんと大和さん、歌詞覚えて下さい"って。」

いきなりバラされて、頭抱えてガックリ Σ( ̄ロ ̄ll) の悠河さんがさらに可愛い

Passion 愛の旅

「アタシ、あれどーしても覚えれなくて・・・
という悠河さん
"帰りこぬ青春"の部分で歌詞が何度やっても同じところで間違えて・・・。」
今度、ここは悠河さんが苦労したとこなんだ~って思いながら見れるわ
頑張れ~って思っちゃうかも


「なんやあれ、すんごい爽やか~な。テイクオフ!だよね」
轟理事が言うのは、私も大好きな"大空"の場面。
「あの帽子を投げるのね、結構気持ちイイんですけど」
と言う悠河さんに
「だけどなんか消極的だよね」
轟理事の突っ込み
あはは、バレてるじゃん
「結構怖いんですよ、結構ね、怖いんですよ」
爆笑ヾ(≧∪≦*)ノ〃
悠河さん"怖い"を連発
帽子を投げる振りをして見せながら、
をクルリと上に向ける悠河さんの表情がたまらなく可愛い
これ、怖いのわかります
私自身も、帽子を使った踊りをやったことがあって、
空中で他の人の帽子とぶつかると、想定外の方向に飛んで行っちゃうんですよね
「あれ、どっかいっちゃうんじゃないかと思って
ちょっと興奮気味に主張した後、
「え?結構大丈夫? な、投げれてる?」
と、話を蘭とむさんに投げちゃう悠河さんが笑える~
「いや、あ、怖いです。違うところに飛んで行っちゃったりすると怖いなって思って。
 カウントまでに戻ってこなくても怖いし。」

良かったね~、蘭とむさんも怖いってさ~
でも、皆それだけ元気爆発な感じで踊ってるし、
それぞれの帽子の投げ上げの感じを見てるのも楽しいし、ホントに大好きな場面です
「お稽古から青い空と白い雲が見えました」
轟理事
ホントに、この場面はスコーンと広がった青い空や白い雲そのままのイメージだし、
爽やかな風さえ吹いているような感じがします
でも、やっぱり相当ハードらしい
最後は振り絞ってます、とのこと
だよね~、見ててもそれが伝わってくるもの。
でも、この場面のこの勢いは、千秋楽までずーっと続けてほしいなぁ

「気持ちよく踊らせていただいた後の場面は、全く世界が違いますね」
という悠河さんの振りから、話は中近東のシーンへ。
このシーンでは、やっぱりまりえ組長さんがかなりキーパーソンになっているようで。
「お稽古場で初めて見た時に、
 後ろの方に行っても、笑ったりしながら、こう、フフンってやってて」

と、まりえ組長さんの顔マネをしながら語る悠河さん、面白い
さらに、悠河さんの顔マネを受けた轟理事まで、まりえ組長さんの顔マネ混じりお話。
それに続いて、ともちんまでが顔マネ入りでおしゃべりしてるから笑う(⌒。⌒)
今度見に行った時、このNOW ONを思い出して、きっとまりえ組長さんに釘付けだわ

ブラジルのところもまた宙ジェンヌさんたちハードなんだそう
同じ歌で振りが全然違うから、覚えるのも大変だったみたいで
銀橋をサンバステップで回るところは、
ピュンピュンすごい勢いで回りすぎてて、随分ダメ出しがあったようです。
でも、そのダメ出しも無事クリアして、今ではイイ感じに
銀橋を回りながら、ともちん蘭とむさん悠河さんと目を合わせているらしい。
そうなんだ~
このシーンは私もすごい楽しく見てるけど、宙ジェンヌさんたちもアイコンタクトとったり、
楽しみながらやってるみたいで嬉しい

すごい蛍光色だったのがモノトーンになっていくあのシーン
「アダルトで格好イイ」悠河さんが表現する通り、すごい大人な雰囲気たっぷりのあの場所
盆が回りながら人の出入りがある状況は、作り上げるの大変だったみたい
「それでも、下級生の方まで出てるけど、
 お稽古場で何回もやっていくうちに、どんどんどんどん皆すっごい良くなってて。
 一人ずつが良く見えるので、皆頑張ってて」

宙組下級生の様子をそんな風に話す悠河さんは、
あぁ~、やっぱりこの人はのTOPさんなんだな~って
自分が出ていない場面でも、
ちゃんと下級生の方にまで目をむけてあげるその姿勢がすごく先輩で
「女の子ちゃんたちも負けてないもんね、宙組さんはね」
という轟理事の言葉に、
「そうなんです、シッカリしてます~、宙組の女役は♪」
悠河さん
ホンワリの悠河さんにチャキチャキの女役さんたちのバランスが、なかなか良い組だと思います

初めてピンクのお衣装を着るというみっちゃん
「宝塚の男役はピンクが似合わないといけませんからね」
という轟理事に、
「そうだよ~」
って、例のいたずらっ子の顔でみっちゃんを見る悠河さん
「なんかこんな色着ていいのかなぁ?って」
まだちょっと恥ずかしげなみっちゃんです
悠河さん「格好いいね、あのジャズな感じ?」
轟理事「あそこはもう、みっちゃんの歌の見せ場っていう」
誰もが皆、みっちゃんの歌声に期待高いシーンです。

やはりお話でも盛り上がりは悠河さん女役について。
轟理事「え?っていうのが出てくるからね(笑)」
悠河さん「ん?オカマ?」
いえいえ(* ̄∀ ̄)"b" オカマになんて見えませんとも
りっぱなマダムです~
舞台稽古で三つもカツラを用意していたという悠河さん
悠河さん「色々どれがイイかと思って。」
轟理事「奈落で会うたんびに、"ほぉ~"って。次は"う~ん"って。で、"ゲッ"とか言って」
悠河さん「どれがお好みですか?って聞きながら(笑)」
結局、演出の先生方の意見などでアレに決まったみたい。
それでも、しっかりいろんなバージョンを揃えてお稽古に臨む悠河さんが、
とっても悠河さんらしいです
この後の早替わりは、案の定大変なようで・・・
「ホントに舞台稽古の時は"うわぁ~、間に合わないぃぃぃ~~~~っ!"って言って、
 もう着替えたそのままの足で走って行って、ふぅ、ちょうどピッタリぐらいで」

やっぱり
あの早替わりの短さは驚異的ですもの
"うわぁ~、間に合わないぃぃぃ~~~~っ!.....(((((\(>◇<)/"
と叫んでいる悠河さんの顔が、また面白顔になってて・・・
袖幕裏の激しさを、見事に物語っている表情でした
轟理事「だって、ちょっとでも何かあったら、
     あのピーンと見詰め合うところで、一人で見てることになっちゃう」

悠河さん「もう、それだけはぁぁ~~!!と思って走る、ガーーッって。」
「稽古場も結構忙しかったですよね」
と言うみっちゃん
"もう出なきゃぁぁぁぁっヽ(゚ロ゚; )"みたいな感じで、シャツ放って出てたそうです。
この早替わりの慌しさは、きっと宙ジェンヌさんたち皆が見守ってるんだわ
宝塚の劇場の袖幕裏がどういう風になっているかは知らないけど
狭く薄暗い中での衣装替えって、ホントに大変
いくらお衣装部さんがついているとはいってもねぇ、ヘアチェンジまであるし
本当にお疲れ様です、悠河さん
でも、やっぱり私たちファンは、あの早替わりも期待している一つです

「不倫なんですか?」
という、天然モードで聞くみっちゃん
悠河さん轟さんは、二人して同じようにのけぞりながらミ(゜◇゜)のリアクション
演出家の先生は不倫だって言うんだけど、振付の先生は不倫はダメ!
と言っているそうです。
ここのシャルマンとその後の早替わりとの関係性が、舞台を見てても謎でしたが。
結局のところ、いまいちわからず終い
後から出てきたのは、不倫相手の弟さんだった、という説や。
実はシャルマンも男性でちょっと女装していた、という説や。
最終的には、お客様の想像に任せるという方向で納まっていました
そっか~、難しい・・・
宙ファンの皆さんは、どうやって捉えているのでしょう

悠河さん「今回は轟さんに出ていただいているから、なんか宙組がまた違う刺激を受けて、
      色んなものを轟さんから吸収しようという姿勢がすごくあって。」

轟理事「だけど今回、粗々通し、粗通し、本通し、とやって。
     先生方から下がったっていうことを言われなかったでしょ」

通常は、粗通しってドンと落ちて、色んな組でも怒られるっていうのがあるそうです
それが今回はどんどん良くなっていったのだとお話されていました。
ようこ姫がいないという、大きなハンディキャップ
宙組一丸となって乗り越えようというパワーが、
きっとそういう風に導いたのかもしれません
「今回また、お稽古中もいろんなことがあって、残念なこともあったけど、
 逆に皆がギュッと凝縮して強く熱をもって当たっていくという感じで、
 そのエネルギーが良い方向に舞台に出てるんじゃないかなぁ」

という轟理事のご意見。
この轟理事のお話を聞いている皆の表情が、
本当にこの舞台前の大変さを物語っている様子で、胸が熱くなりました
それでも、専科という別の視線から見た宙組が、そういう風に映るっていうのは嬉しいことです
轟理事の言う通り、
の出来事を正のパワーに変えた宙組の底力を今回の公演で感じています。
頑張れ、悠河さん
頑張れ、宙ジェンヌ

NOW ON STAGE「Passion 愛の旅」 
スポンサーサイト









ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄02⁄18 23:59 カテゴリー:CS:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2020 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin