元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








6/5 宙組「薔薇に降る雨」初日


東京公演初日
朝から入りに行って、本屋さん並んで、モリモリッと仕事して。
早退間際に、いっちょ捕まって、ひぇぇぇ~~~となりつつ、ダッシュ日比谷に戻り。
かなりギリギリ気味でセーフ_(゚ー^*)_。
東京バージョンのプログラムを買うこともできず、客席へ
久しぶりに会う悠河ジャスティンにワクワクって思いながら。
いよいよラストラン、始まりました
しかし、東京の劇場は狭いっ
近いっていうのか
ただ、今回だいぶ大劇の方に通いましたので、なんか観る側としての感覚もおかしくて
この舞台の距離感、舞台の横幅感に慣れるのに時間がかかりました


お芝居としての大きな変更っていうのは無かったかな
一つ挙げるとすれば、ようこイヴェットの役作りが変わっていました。
そういう意味で言えば
悠河ジャスティンは、
私の大好きだった大劇場初日近くの"熱く笑顔の多い"ジャスティンに戻ってました
これは私にとっては、かなり嬉しい~~~っ
悠河ジャスティンのことはちょっと置いておいて\(^^\) (/^^)/
まずは、ようこイヴェット
プロローグ社交クラブの場面。
「噂の的になってるのがわからないのか?」
と、みっちゃんフランシスに言われると。
「いいのよ、いまさら。>気にしたって、仕方がぁ、ないっ」
と、両手をペロッとして、おちゃらけてみせていたようこイヴェットでしたが
自嘲気味に、そしてみっちゃんフランシスを制するように言っているのです。
「僕は帰る!」と飛び出していったみっちゃんフランシスに、
「ふ~~~~ん」と酔っ払い声を出していたようこイヴェットは。
軽くため息ため息。。を吐いて、それを見送ります。
なんていうか、かなり大人っぽくなっているというか
悪酔いしていないのです
悠河ジャスティンがお酒を止めに入っても。
以前のように酔っ払った感じがなく、冷静にお断りをしている、という感じ
悠河ジャスティンに強引に連れて帰られるところも。
「離して~~~!離しなさぁいぃぃ~~~~っ!」と、
酔っ払いが引きずられて帰る、という感じでしたが
「離して!離して下さいっ!」と、ちょっとセリフの言い回しが変わっています。
どういう状況であれ"気品は保ち続ける"という貴族的演出なのか
お酒を飲んでも酔えないような精神状態、という演出なのか
でもね
ようこイヴェットには、すごく満足してたんだけどなぁ~
あの酔っ払ってクダクダになっちゃっているようこイヴェットを観ると、
「昔は気品のある方だったのにね。」というセリフにも繋がるし、
「身も心ももっぱらバラバラ」というタマちゃんの歌にも繋がるんだけど。
別にようこイヴェットはいじらなくても良かったのになぁ・・・

そして、悠河ジャスティン
もうね、文句ありませんっ
7年前の回想シーンの悠河ジャスティンが、すっごい笑ってるの~
大劇場初日の時のように、弾けるような瑞々しさ、というのではないので、
セリフ回しは比較的直線的な部分は残っているんだけど
とにかく笑ってる
ダンスパーティでようこイヴェットと再会した時も。
「また会えると思ってなかったよ。」って言いながら、口元緩んじゃってる感じで
ダンスも超楽しそうに踊ってるし
ようこイヴェットとのデートとかも、めちゃくちゃ楽しんじゃってるの~

泣いちゃったよ、私
大劇場後半、色んな経路を辿って落ち着いた、
"大人な感じに優しい悠河ジャスティン"に満足していたつもりでしたが。
やっぱり、この笑顔いっぱいの悠河ジャスティンを私は求めてたんだ~って。
しっかりようこイヴェットとの年齢差は出てるし
元将校という背景もわかるし
その上で、笑顔がイイッ
「私のこと、好き?」→「うん」
と、何回か繰り返すところ。
これもね、すんごーーーーいイイッ
これがねぇ、なんとも表現できないのが悔しいわぁ・・・・jumee☆Feel Depressed4
ま、観てください舞台を
大劇場の頃、一時 この感じも冷たく聞こえていたりした時期もあって。
何度も「好き?」って聞くようこイヴェットが、
そっけない悠河ジャスティンにすごく不安気な顔を見せていたこともあって
でも、このようこイヴェットは、
悠河ジャスティン「うん」って言ってくれるのが嬉しくて、何回も聞いちゃうみたいな感じで。
最後の「絶対よ。」「あぁ」っていうトコの、
あの「あぁ」の溜めっぷり&包み込むような笑顔がぁぁ
大変、大変、ヨダレ出る

そして、最後の悠河ジャスティンオー蘭寿男爵との背中でのやりとり。
ここがねぇぇ~~~
二人とも、溜めるねぇぇぇ~~~
背中で、語るねぇぇぇ~~~
イイッ
・・・っていうか、自分のボキャブラリーの無さが悲しい・・・エーン

エンディング、銀橋を歩く悠河ジャスティンようこイヴェットのあの幸せそうな顔ふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
二人があまりにも幸せそうな顔して花道に帰っていくから、
観ていて、こちらもすっごく幸せ~~~な気持ちになって。
ホントにね、何て言うかサヨナラ公演っていうことを忘れちゃうくらい
まだ進化、するのかなぁ
って、悠河さんのことだから、宙組のことだから、この一ヶ月進化を続けていくんだろうと思うけど
これ以上、どう進化していくのかって想像がつかないほど
しかし、さすがだね、大和悠河率いる宙組
かなり、自慢です(* ̄^ ̄*)
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2009⁄06⁄05 17:30 カテゴリー:東京公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。