FC2ブログ

 元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
3/9 宙組「Passion 愛の旅」11:00公演


幕間お芝居のお話やこれからはじまるショーのお話を、
色んな人が楽しげに話している様子がすごく心温かくなるんです。
一人で劇場に足を運んでいる私としては、おしゃべり相手がいないので
プログラムなどに目を通しながら、そんな様子を楽しんでいます

私の後ろに座っていたカップル
どうやら幕間にホワイエで流れているタカラヅカニュースの映像を見ていた模様。
彼氏さんが、しきりに悠河さんの女役について興奮気味に話していました
あれってマッカーサーの人だよね?
男役なのに女役だったよね?
いつ出てくるのかな?

べ・べつに聞き耳を立てていたわけではないんですけどね・・・
その彼氏さんの反応がすごく可愛くて、気になっちゃったんです・・・
これをきっかけに、是非是非宙組ファン、悠河さんファンになっちゃって
と、心の中でお話してました


宙組 「Passion 愛の旅」11:00公演 宝塚大劇場 1階18列85番にて

プロローグ
轟理事からはじまるプロローグ。
バシーッと決まって立っている轟理事のお姿は、さすがですね~
女役さんたちとセンターで踊る轟理事も素敵なのですが、
その後ろをしっかり固める男役さんたちもすごい素敵
悠河さんが場にいないのをイイことに、いろんな人に目を向けられる
センターあたりをしっかり固めているスッシーさんの踊り。
ピルエットにもブレがなく、ホントにスマートな踊りをするんだよなぁ~
一度下手側で踊った後、
サササーーッと走ってセンター位置へ戻っていくところがあるんですが、
その移動姿もちゃんとダンスしてるって感じです
さぁ、悠河さんの登場
ゴールドのセットが、サンライズのように放射線状に光っていて
その中を後姿で登場してくる悠河さん
ここの部分は特に、美術さんイイ仕事してるなぁ~って思うんです
「朝の光 空に輝く もう恐れることなど何もないさ
 君と行こう 愛の旅立ち 今 世界は僕らの夢を歌う」

歌詞も好き~
宙組についていこう~ってそんな気持ちが強くなります
でもこの歌息継ぎが難しいみたいで
たまに悠河さん"恐れることなど何もないさ"の最後の"さ"が異様に短くなってるときがある
悠河さん美羽ちゃん、その様子は公演を重ねるごとにナチュラルになっていって、
笑顔がとっても素敵です
全員が出てきて、とってもゴージャスに美しく歌い上げる「Passion愛の旅」
銀橋に皆がズラッと並んでくれるのも、贅沢ですよね~
全コーラスの時に、会場が手拍子でノリノリになるのも好き
皆が同じ空気を感じてるんだ~って、そう思えるから

終わりなき愛の旅
轟理事女役さん引をき連れて歌うこのシーン。
バックの"アァ~ァ~、ウゥ~ゥ~"というコーラスが、
轟理事のソロをすごいイイ感じに盛り上げててキレイ
でも、この歌ちょっと長いですよね
いづみちゃんたっちんだけ、衣装が違いますけど。
この衣装、相当気をつけてないとすごい姿勢が悪く見えるなぁ・・・

Passion 大空へ
何度見ても、この場面が好き
イントロから好きです
明るい若い感じのイントロメロディに合わせて、
悠河さんが半身クルリと振り返るだけでワクワクします。
宙組の皆がとってもキラキラしてて。
パァ~ッとした明るい皆の笑顔にこちらも元気がでるんですよね~。
NOW ON悠河さん"怖い"って話していた帽子の投げ上げ
うふふ、やっぱり悠河さんってば若干控えめな感じがするのが可愛い
悠河さんの唄を引き継いで、ラララ~って唄いはじめるみっちゃん
伸びやかで爽やかな歌声もイイッ
そのみっちゃんの唄にあわせて、ステージでソロで踊る悠河さんが、ホントに気持ち良さそう
さらに続いて出てくる蘭とむさんも、余すところなく体を使って踊ってて。
とっても清々しい気持ちになるんです
悠河マッカーサーでは封印しているフレッシュさが一気に爆発した感じで
足をググッと前後に開いて、空を指差す悠河さんのお顔が、ホントに眩いばかりです
この場面を見てると、いつだって"頑張ろう!"と元気をもらいます

Passion 砂漠の薔薇
NOW ONで話題に上がっていたまりえ組長さんに注目
ははは、ホントに胡散臭いというかなんというか、イイ味だしてます
NOW ONを見る前に舞台を楽しんで、
さらにNOW ONを見てから、別の角度から舞台を楽しめるって、
なんか二重に楽しめるって感じがします
この場面は、ホントに人の出が多くて
ちょっとごちゃごちゃしているというか
目がアッチ行ったりコッチ行ったりと忙しい・・・
カチちゃんがピンクのお衣装で踊る姿が、なんかすごい新鮮で。
スラリと細いから、また美しい
轟理事を誘い寄せるような視線使いなどにはドキリとします。
最後の枯れた薔薇
あれ、いつ誰が置くのかすごく気になります・・・

Passion 燃えるリズム&カルナバル
マンボが始まる前の悠河さん登場。
あの派手なお衣装で一人踊る姿は、これまた気持ち良さそうで
"俺の場面だぜ~"な感じで
で、お待ちかねの大好きな三人での登場
この場面、ノリノリで大好きなのに、なんかアッという間に終わっちゃうんですよね~
悠河さんは下手側の客席でおじ様に手を出してました。
おじ様をいじっちゃうって、なんかイイかも~
すごい嬉しそうに照れくさそうにしていたおじ様が印象的
そして続く"ブラジル"
悠河さんが毎回苦戦してそうなお唄
「ブゥラ~ジ~~~ル」
悠河さんのお唄先行で音楽が始まるので、音程取りがホントに難しそうなの・・・

この回ではちょっと音程ズレたかなぁみたいな
でも、すぐに取り戻してましたけどね
難しそうながらも、気持ちよさげに伸びやかに歌ったあとは、
「ブラァジィィ~~~ルッ
悠河さんのシャウト(?)をきっかけにテンポUP
続く美羽ちゃんの唄
「ブラジ~ル、熱い恋を呼ぶ 燃える愛の歌~♪」
悠河さんの勢いに乗っかるかのように、
美羽ちゃん"ブラジル"は、なんと巻き舌使ってます
もうこのシーンはホントにみんなはじけてて楽しそうでノリノリで
悠河さん蘭とむさんの客席降りもすごい嬉しいサービスだし
UPテンポな「Passion 愛の旅」で客席も盛大な手拍子で大興奮な中詰め
手拍子もしたいし、オペラグラスも覗きたいし
なんだかとっても大忙しなシーンなのです
ノリノリのお祭りの後、悠河さんを残して去っていく皆。
悠河さんに向かって、指先をピラピラ~ッとしてバイバイする美羽ちゃんが可愛いなぁ
「何か熱いものが~♪」
と一人歌い始める悠河さん
"ブラジル"も難しそうだけど、
多分この唄が今回の公演で一番難しい唄ではないかと・・・
3回目となりますが、なかなかこの部分の不安定さは健在というか
でも、そんなことさえ愛しく思えてしまう
ま、なんていったって。
その後の"チュッ"の投げキッスで全部どうでもいっかぁ~と思えちゃうんだもん。

Passion ファンタジー
ファァ~ッと風が入れ替わるかのように一気に夕暮れていく舞台
轟理事を中心としたこの場面、とっても大人っぽくて素敵です
出ている皆が、下級生が多いというのも不思議なくらい、
洗練された感じのイイ場面になっています
シルエット調な照明で、なかなか個々の表情まで覗けないのが残念

フィナーレ
ピンクのみっちゃんが登場でジャズ風「Passion 愛の旅」
NOW ONでは、"こんなの着ちゃっていいのかなぁ"なんて、
ピンクを着るのに照れ臭さを感じていたようですが、とっても似合ってますよ~
「宝塚の男役はピンクが似合わなくちゃいけない」
って、轟理事も悠河さんも言ってたけど、バッチリ似合ってます
ジャズバージョン「Passion 愛の旅」もいいですよね~。
曲間に入る"ダッダッァダッ♪アァハァハァ~♪"っていうのが好きです
両脇に従えたたっちんアリスちゃんが歌うのに合わせて入れていく
みっちゃんのコーラスの上手なこと
そして、みっちゃんのガイドにあわせてロケット
宙組さんのロケットって、大きい感じなんですよね
平均身長が高いのかな
パッキリしたピンクがとっても上手く生かされたロケットだなぁって思います

そして、蘭とむさんたちの大階段。
格好イイ
ますます男っぷりをあげてるよぉ、蘭とむさん
"大空"のシーンで踊っているあの人は、まさか弟さんでは?っていうくらい、
同じ人と思えないほど印象が違います
視線の先に獲物を狙うかのような目線の強さを見せるかと思えば、
フッ( ̄ー ̄*)と色っぽい笑みを浮かべたり。
この笑みが、"大空"のシーンで見せる
「パァ~ッ(#゚▽゚#)!」という笑顔とは違うんですよね~
このシーンの蘭とむさんの踊り振りでは、首をグル~ッと大きく回すところが好き。
すごいフェチ的な発言になっちゃうけどここの目を閉じた目元の表情が色っぽいんです

で、シャルマン
ここね~。
なんというか。
ポワゾン的とでもいいましょうか
なんともこう目を離せないんですよね~。
悠河さん轟理事の身長バランスが合っていないせいか
女役になった時の悠河さんの女としての色っぽさ
なかなか表面化していないなぁ~って感じていたのですが。
なにをなにを
悠河さんがそのスタイルの良さを活かしながらも、
腰をグッと引いて轟理事に寄り添ったり、
足を広げて低い体勢をとるようにして、轟理事の胸元に頬をつけたり
そういう振りの演出意図を見事に表現していて、グググッと女っぷりを上げています
きっと、大階段などを使って、
もっと身長差を上手く演出できるようになっていたらなお良かった気もするのですが
前回見に来た時には、スリットが深い割には悠河さんのおみ足の露出度が少ないわ
と感じたのですが
踊り方を少し変えたのでしょうか?
それとも私の座席の位置の問題?
今回は惜しみなくあのキレイな足を堪能させていただきました
細くて長くて、でも健康的な筋肉質
すごいよなぁ~
なんて魅入っているとハラリと背を向けて去っていくシャルマン

今までは、シャルマンの余韻に浸ってて、あまり目に入ってきていなかったアズナブール
悠河さんの早替えも気になってたし
ここって、轟理事の後に登場してくる女役さんたち
すごいキレイなんですね~
オフホワイトのような、クリーム色のような。
サラリ&フワリとした感じに広がるドレスをまとった女役さんたち
大階段から降りてくるのがすごいキレイ
大階段でのダンスといえば、やっぱりイメージするのは男役さんたちの踊りだけど、
女役さんたちがこんな風に大階段で踊るのも、すごくイイなぁ~って思います

そして、上手花道に走りこんでくる悠河さん
早替えの慌しさを若干彷彿とさせますね
ピーーーンという音から始まる物悲しいメロディ
「この胸に流れる 苦く熱い恋の思い出♪」
ここの悠河さんの唄は好き
音程とかメロディのつくりが、悠河さんの声に合っているのかもしれないな
悠河さん轟理事の銀橋でのダンス。
私は未だ、ここの解釈ができていません・・・
NOW ONでは、お客様それぞれの解釈でイイってお話されてましたけど。
どうとらえていいのやら
まぁ、わからないながらも、ホケ~ッと酔いしれて見ているんですけれども
さて、ここのシーン。
悠河さん轟理事が銀橋で手のひらを合わせて、指先を絡めて踊るあのダンスもイイんですが。
後ろの大階段からナナメに降りてくる蘭とむさんみっちゃんも、
これまた格好イイんですよ~
そして、4人が銀橋に並んで、なんともゴージャスな取り組み
最後のポーズも各々に違っていて、色んな花が咲いている感じです

ホントにアッという間
決して物足りないショーではないのに。
・・・。
物足りないショーではないから
時間がアッという間に過ぎちゃうんだと思う
足を運べば運ぶほどに悠河さんを、宙組を好きになる。
ホント、困るわぁ~と嬉しい悲鳴
スポンサーサイト









ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄09 14:30 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2020 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin