FC2ブログ

 元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
3/9 宙組「黎明の風」「Passion愛の旅」15:00公演


15:00からの公演は、サンケイリビング新聞社の貸切り公演でした。
貸切り公演では、舞台前にまりえ組長さんからのご挨拶などもあって、
いつも以上にワクワクな気分が高まります

今回は2階席。
宙組の公演では初めてに2階席。
どんな風に見えるのか、これまた楽しい気分
日曜日の午後の公演というのに、特に2階席には空き席が目立って・・・
なんともったいないって思っちゃいましたよ
それから・・・。
舞台を見るときにおいては、周りのお客様の環境も大切だなぁ~とつくづく思った公演。
今まで、いつだって客席が舞台に向けて送る温かい視線しか感じていなかったのですが。
2階席だからなのか
貸切り公演だったからなのか
たまたまなのか
お隣に座ったお二方の温度が低くて・・・
悠河さんのこと、好きじゃないのかなぁ
特にショーでは、登場の際の拍手もないし
お歌の時の手拍子もないし
キラキラのウィンク(・ε-。)⌒☆や、お客様いじりの時などは、
「えーーー、なにそれ」
「ギゲェ~~!」
なんてお二人で話してて
愛情の裏返しなのかな
だけどやっぱりその隣に一人で座っていた身としては、ちょっと心痛い気持ちでした。。。


宙組 15:00公演 宝塚大劇場 2階2列にて

<黎明の風>
2F席から見ると、
いつもあまり目が行き届かない、舞台奥のスペースまで非常に良く見える
習っている踊りのお稽古でも、
舞台では2F席から後ろの方まで良く見えるのだから、
立ち位置が後ろの時でも気を抜くなと注意をされますが、
まさにこういうことだわと 変なところで実感。
この回では、宙組全体としてセリフ回しが早かったような感じが。
この回では、公演の後にご挨拶タイムが入っているから、
「まさか少し巻き気味なの?」などあらぬ思いを持ってしまいましたが、
終了時間に時計を見たら、いつもと同じ時間配分
はてただの気のせいか・・・
2F席ということで、視覚的に色々な情報が入ってきたせいで
私自身の気持ちが分散的になっていたのかもしれません

プロポーズのシーン
正子さんの髪型が、サラサラのボブになってた。
動くたびにサラリと揺れて、可愛らしい
やっぱりたっちん正子さん、確実に進化してるよ
京都のプロポーズのシーン。
歌いながらの登場は、上手花道の端で石蹴りをするかのような足さばきが入りますが、
これがもう、なんとも可愛い
開幕当初は、そこに特に何も感じなかったけど、
白州さんに恋焦がれる初々しい感じが、この動作にしっかり入っているような感じがして。
「お料理もお掃除もできません」
後ろのメンバーの演技が大きくなってる
このシーンは、重いイメージが続くこの作品の中では、
楽しんでみることができるシーンなので、色々注目しちゃう

ハネムーンのスィートルーム
「勘違いをしてはいけないよ」
悠河マッカーサージーンに話す言い方が少し変ったかも。
以前は、優しく諭すように言っていたような気がするけど。
ちょっとしっかりした口調で伝えている感じ
ジーンがビジネスの話もちゃんと理解できる女性だと認めている感じがあってイイかも

レクイエム
2F席から見ることで、全体がとても立体的に見えました
各々の表情まではつかめなかったけど
全体の印象で捉えると、このシーンがしっかり意味を持ってくる
今までは、ついついレクイエムダンサーの方に目がいってしまっていたけど
日本兵が上下に分かれて敬礼するところなど、
2F席だからゆえ、必然的に目に入ってきて、新しい発見という感じ。

マッカーサーの執務室
悠河マッカーサーゆうちゃんさん吉田茂が話をしているところに、
白州さんが登場したとき。
明らかに面倒臭そうな悠河マッカーサーの顔に注目
「はぁ、、、」とでも言いたそうな顔で、
新聞で顔を隠すかのように新聞に目を落としているのが印象的です。
このシーンのラスト。
「戦艦ヤマト」のくんだり。
11:00公演では笑いが起きていたけど、15:00公演ではスルーという感じ。
宝塚初見の人とか、主演男役事情を知らない人が多い回では、
」という人も多いだろうなぁ・・・。

独立記念日のパーティ
ここでは、悠河マッカーサーの数少ないアドリブが見れるので、ついついチェックしちゃう。
15:00公演では、あす秘書のスカートの短さを注意していた悠河マッカーサー
「どこかの石頭の元帥が」というジーンのセリフに、
声を立てて笑うあす秘書をジロリ(;¬ ¬)と見てふて腐れたようなお顔

解任
ジーンから告げられた解任報告に、
ものすごくたっぷりと時間を使ってのセリフの言い回しでした。
「ジーン。17年ぶりだ。やっと祖国へ帰れる」
ガックリと肩を落として 落胆の色を強く出したような感じ。
土下座のシーン以上に、最後の演説に涙してしまいます。
「私はこの国を永遠に愛し続けます」
と、敬礼をする悠河マッカーサーの格好良さが、涙でにじんでしまって・・・

講和全権団出発
このシーンは、冒頭のプロポーズの場面同様、
白州さんがかなり手を加えている感じの印象を受けるシーンです。
まりえ近藤さんに向かって、
「羽田まで来て、まだぐちゃぐちゃ言っているんですか?」
いうセリフ。
11:00公演でも"ぐっちゃぁぐっちゃ~、言ってるんですか"って面白いことになってたけど
15:00公演では"ぐっちゃらぐっちゃら"になってました


<Passion愛の旅>
プロローグ
オープニングは、上から見るとさらに迫力&華やかさがあってイイ
全員でのプロローグが終わって、
轟理事"終わりなき愛の旅"に変る際の暗転
上手にはけて行く悠河さんの走っていくシルエットが、なんか可愛い

大空
大空のシーン、上下から蘭とむさんみっちゃんが走ってくるけど、
上手のみっちゃんがすごい遅れたけど、これは演出
思わず出遅れかと思ってドッキリしちゃた
帽子を投げるのは相変わらず悠河さんが一番控えめなような気が
「新しき旅立ち」を唄って銀橋を渡ってくる悠河さんはやっぱり好きだ
で。
下手の袖に帽子を放り投げる前で、ウィンク
キャンッ
それからは本当に気持ち良さそうだよなぁ~
歌うみっちゃん+踊る悠河さん
たった二人しか舞台に立ってないのに、あの空間を埋める空気感ってすごいと思う
後方から前に踊り出てくるとき
周りにいる蘭とむさんたちを誘うようなアイコンタクトというか、
チョイチョイッと手で呼び寄せるのが好き

砂漠の薔薇
もしかしたら、2F席から見て一番良かった!と思えたのはこのシーンかも
本当に奥まで見渡せて、本当に奥の皆まで全員がそれぞれにいろんなことをやってる
1F席からでは、目が追いつかなくて忙しい印象だったけど
全体のバランスとして見ることができてよかった
轟理事カチちゃんがデュエットダンスをしているのを囲んでいる円。
上手側からグルリと一周ウエーブみたいになるところ。
今まで気づかなかったけど、なんか面白い振りつけだなぁ

カルバナル
マンボで登場する悠河さん蘭とむさんみっちゃん
3人の前髪が、全員クルッとした渦でお揃いだった
この前髪、いったいどーやって作るんだ?と謎だけど
三人で同じ前髪してると、すごい可愛い~
銀橋渡りでは、11:00公演同様、
悠河さんみっちゃんをエイッて押しやってから上手の方まで追いかけていくバージョン。
ホントにここの3人のじゃれ合いは楽しい~
マンボで悠河さんが下手のお客さんを誘惑(?)するところは、
下手のお客さんも手を伸ばしてて握手~(= ^-^)=oo=(^-^ =)~ してました。
うーらーやーまーしー。
11:00公演では、ちょっと不安定?って思った「ブゥラ~ジィ~~ル」の歌いだしですが、
15:00公演は
なんか、いちいちホッとしちゃう自分がおかしい
ブラジルの客席降りでは、悠河さんが上手の最前列のお客様のホッペをなでなで
う゛ーら゛ーや゛ーま゛ーし゛ーっ。
でも、その瞬間、私の隣の席のお客さんが
「ゲッ」みたいな反応。
なによ、なによ~
悠河さんはソレがいいんだからぁ~
心で反論しつつ、微妙にふて腐れてされていた私
「何か熱いものが 僕の胸に~♪」の唄では、
銀橋から悠河さん再び上手最前列のターゲットのお客様に視線
ずいぶんお気に召されたらしい。
ホッペまでなでてもらって、悠河さんの視線をGETできちゃうなんて。
う゛ぅーら゛ぁーや゛ぁーま゛ぁーし゛ぃーっ。
・・・
興奮しすぎた
で、大好きな"チュッ"入り投げKISS
これにまたしても隣のお客様が再び皮肉っぽい笑い
ブゥ~~~ッ
じゃぁ、見にくんなぁ~っ
、、、し、失礼
乱暴な口の聞き方をしまいましたわ、オホホホ(´0ノ`*)

シャルマン
つくづく黒のグローブが色っぽいなぁ~
このシーン。
轟理事に寄り添う悠河さん
色っぽくって
嬉しそうで
でも、切なそうで
いつも悠河さんに釘付けだったのですが
!!!
背中を向けた悠河さんの肩越しに見える轟理事
なんと、口元が柔らかく笑った
轟理事も幸せを感じているように、ニヤッ・・・というかフッ・・・というか。
適切な表現が見つからないけど
でも、そんな轟理事を振り払って去ってしまう悠河さん
この去りっぷりが美しい
轟理事がすくった裾を左手でサッとはらってしまうこの所作。
このときの悠河さんは、背中というか肩の辺りで何かを語っている感じで
それが男役の背中語りではなく、ちゃんと女としての表現なんですよ~
もちろんそこには悠河マッカーサーもいないし、
大空悠河さんもいないし、
マンボで遊んでる悠河さんもいない。
引き出しが多いというか、ふり幅が多いというか。
"多彩"という表現がピッタリなんです
スポンサーサイト









ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄03⁄09 18:00 カテゴリー:大劇場公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2020 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin