元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








百年への道:第一部


私たちがずーーーっと望んでいた悠河さんのトップ並び
願いが届いて、本当に良かった
もう当分は来ることがないだろうと思っていた宝塚大劇場
各組トップさんが揃う大劇場の熱気たるやすごいものがありました
それを味わえただけでも、幸せ気分
悠河さんようこちゃんは、本当にタイトスケジュール
超人的ですスーパーマン
でも、舞台に立つお二人を見て
あの笑顔を見て
悠河さんようこちゃんも、
この舞台に立ったことを幸せに感じてくれてるんじゃないかなぁ~ハートって。
勝手ながらそんな風に思いました
それくらい、キラキラと美しい笑顔の悠河さんようこちゃんの姿が

▽read more▽より「百年への道」レポを載せますが。
プログラムで確認しながらレポしますが・・・、完全に偏り目線でございます
その辺り、ご了承の上、クリックマウスお願いします。


緞帳が開く前から、もう気持ち高まって高まって
指揮の先生は吉田優子先生
音楽担当の先生が自ら指揮を取ってのオケです

緞帳が開くと、大階段が下りた大舞台
その真ん中に軽くピンクがかった白の総スパン燕尾をまとって並ぶトップさんたち5名。
まだ大劇場お披露目も済ませていないチエちゃんの姿があるのがとっても印象的
我らが王子は、チエちゃんのお隣、下手から2番目でスタンバイ。
オープニング「レインボー宝塚」の歌い継ぎ
チエちゃんから始まって、まとぶん悠河さん水さんあさこさん
それぞれのトップさんが歌っている間、
他の組トップさんが見つめているあの形が、いかにもイベント的でワクワクしました
そのまま5人のコーラスとなり、銀橋へ。
なんて贅沢~~~~
悠河さん、とっても幸せそうな笑顔で客席を見上げています
やっぱり客席への愛の送り方(=視線の送り方)は、うちが一番だと思うんだよね~
その中で、チエちゃんがなんとも緊張気味だった様子が、すごく初々しくてイイ感じでした
うちの王子ゆう君、同期二人の美人さんは是非とも二人並びで見たかったのに
残念ながら立ち居地は離れ離れ
続いて、娘役さんたちが一人ずつ大階段を降りながら。
愛原さん「デージーの歌」ねねちゃん「鈴蘭の花」
彩音ちゃん「カーネーション」ようこちゃん「花詩集」
娘役さんたちのお衣裳は、少しずつデザインが違っているんですが。
ようこちゃんのが一番豪華に見えました (・・・って贔屓目入ってますね
愛原さんねねちゃんは、イベントでのお披露目っていう形。
そういう中で、ようこちゃんは貫禄があるというか、堂々たる姿
お歌は、ようこちゃんのキーに合っていたんだと思う。
もともと声量のあるようこちゃんが、一番上手でした
その姿が、やっぱり宙ファンとしては嬉しくて嬉しくて、涙ものです

続いて、2番手3番手さんたちによるメドレー
まずは、キム君「おお宝塚」
キム君は何の不安もなく見ていられますね
壮さん「パリゼット」ゆみこさん「ローズ・パリ」
きりやん「ブーケ・ダムール」ユウヒさん「すみれの花咲く頃」
最後に轟理事登場で「モン・パリ」

轟理事に続くように5組トップさんが勢ぞろいで銀橋一周して本舞台にてMC
轟理事あさこさん水さんに続いて、悠河さんが自己紹介
「宙組の大和悠河でございます。」
きたぁぁぁ~~~
もうこの6人に並んで自己紹介してくれるだけでテンション上がるわぁ
立ち姿がキレイにスッと決まっているのは、もちろんうちの王子悠河さん水さんゆう君
こうしてトップさんたちが並ぶと、もうその立ち姿ひとつとっても個性があって面白い
さて、本舞台に降りてきたスクリーンには、
トップスターさん6人が始めて「歌劇」の表紙になったときの写真が順々に。
「コレ、嫌だったんですけどぉ・・・、とりあえず台本どおりにね
なんて言っている轟理事が、ちょっと可愛い
「うわっ、なんかオカシナことになってますね・・・」
「さ、さ、次にいきましょ!」

なんて、トップさんたちがそれぞれワラワラしているのが面白い
一番最近な感じのチエちゃんには、
「あら。あんまり変わらないですね。」
「うーーん、つまらない。」

なんて突っ込みも
まぁ、なんか軽~い感じで通り過ぎたMC
もうちょっと6人でのおしゃべりとかが見たかったのになぁ
悠河さんゆう君の同期絡みとか、すごく見たかったのになぁ

MCが終わったところで、水さんが一人残って進行担当。
「歌劇誌」の歴史など、創刊当時の表紙などを見ながらの解説
水さんの何がすごいって
手元にカンペ(?)を持っているのに、一切ソレを見ずにお話しているところ
歴史年号まですべて頭に入っているという完璧っぷりがすごい
お話の仕方も余裕がある感じで、頭の良さを感じさせます
水さん"えと文"を担当したときのイラストなども映し出されました
太巻きアザラシ?みたいな何とも面白いイラストが映され、水さん照れ照れ
「まさか、これがこんな大写しされてしまうことがあるなんて、恥ずかしいです」
とお話さて、笑いを誘っていました

水さんのトークのもと、舞台は第二場戦後の宝塚へ。
キム君壮さん「ブギウギ・パリ」
キム君、こういうの似合うわぁ~うふ
楽しい
続いて、銀橋ゆみこさん「タヒチの歌」
曲調のせいもあると思うけど、ゆみこさんの歌って癒し系だなぁ~
本舞台では、白衣裳のデュエットダンスを、あひちゃん城咲 あいちゃん
城咲 あいちゃんの赤いハイビスカス(?)の髪飾りが印象的です
セリ上がってきた黒燕尾のキリヤン「夜霧のモンマルトル」
渋いっ
後で踊るシルクハット+ステッキで踊るのは月組男役さんたちです。
真っ赤なお衣裳で銀橋を渡るのは、ユウヒさん「赤いけしの花」

ここでゆう君のMC
宝塚が新しい挑戦の時代に入ったことを告げ、海外ミュージカルのナンバーへ
チエちゃんねねちゃん「オクラホマ」
カウボーイ&カウガール姿の二人が元気いっぱいに歌い踊る姿は、
すごく可愛くてフレッシュでした

水さんは「回転木馬」から"If I Loved You"
薄い水色のお衣裳で歌う水さん
途中本舞台で新しい相手役愛原さんとのデュエットダンス。
なんか、水さんの相手がとなみちゃんでないことに不思議な気持ちを感じつつ、
あぁ、、、こうやって時間はどんどん過ぎていくんだなぁ・・・としみじみ

そして、おなじみ「雨に唄えば」"Singin'in The Rain"のメロディ
下手からブルーのドンの衣裳を着た悠河さん登場
宝塚大劇場での前楽サヨナラショーでのワラワラっぷりを聞いているので
少々ハラハラしながら見守っていましたが、まったくの取り越し苦労
黒い傘F☆Cultivation・傘(青)を持って楽しそうに嬉しそうに銀橋を唄い踊る悠河さん♪
客席からは手拍子が~
もう、なんて楽しそうに歌うんだろうjumeeこの人ってば
やっぱり大好きだぁ~、悠河さん「雨唄」
そして、ようこちゃんキャシーのすみれ色のお衣裳で登場
幻の悠河ドンようこキャシー
ありがとう~~~~本当にこの選曲、ありがとう~~~っ
本舞台でステップを踏む悠河ドンようこキャシー
悠河ドンの持つ黒い傘F☆Cultivation・傘(青)に手を乗せて踊るところなんて、もう息ピッタリ
東京公演中、舞台後に二人でお稽古してたのかなぁ
本当にキラキラで可愛いカップルjumee☆myBF4でした。
「Just dancin' and singin' in the rain
ラストのワンフレーズだけ二人でデュエット
F☆Cultivation・傘(青)を客席に向けて相合傘相合傘
悠河ドン、最後に客席振りかえり、バチンと大きなウィンク(*^-゚)⌒☆
相合傘相合傘の二人、舞台奥のホリゾントには、ピンクの大きなハートの照明がハート
ヤバイ・・・泣ける・・・
ありがとう~~~演出さーーーん
そして、ようこキャシー悠河ドンにキャピキャピと手を振るところに中割幕が閉まって、
悠河さん「ガイズ&ドールズ」を。
きゃほ~い
悠河さんのナンバー多いんじゃありませんの~~~
再び客席からは手拍子
悠河さん銀橋まで出てきてノリノリに歌います。
銀橋上手で膝をついて客席にアピール
だから、やっぱり悠河さんならではなんだってば~~~
カッコ良く決めて、照明OUT

続いて、本舞台に街灯のセット。
「ME AND MY GIRL」から"街灯によりかかって"あさこさん
かなみちゃんとの「ME AND MY GIRL」が思い出されます。
うーーーん、やっぱり相手娘役さんがいないっていうのは、なんか寂しいなぁ

と、そこにサリーが登場
「ね~!ビルを知らない?」
誰だ
と思ったら、次期新サリー彩音ちゃん
あさこビルが目の前にいるじゃんと思ったら。
「僕はビルじゃないよ。
 ウィリアム・スチュアート・ヘンリー・ジョン・●※△◆・・・って言うんだ!」

「ビ・ルだよ!」と、彩音サリーがビルのジェスチャーをすると
「うっ・・・さぶっとドン引きあさこビル
いやいや、アナタそれやってましたから
とそんなコトを話しているところに、下手からゆう君ビル登場
手には黒のハットを持って、何やら遊んでいます
「ありゃありゃりゃ
「あビル何やってるのさぁ
「えうーん、どうも上手くいかないんだよぉ

そう言いながら手元の帽子を落っことしちゃうゆう君ビル
まだ練習中らしい
そこに、ウィリアム・スチュアート・ヘンリー・ジョン・●※△◆
「ちょっと貸して。」
ゆう君ビルの帽子を取り上げると、ヒョヒョイッとクルリンパをやってみせました。
これには客席からも拍手~~~っ
「はいよっ、頑張って!」
下手に帰っていくあさこさんウィリアム・スチュアート・ヘンリー・ジョン・●※△◆
「・・・なんだ、アイツ・・・。」
手に戻された帽子を見て呆けるゆう君ビルが可愛い
そして、ゆう君ビル彩音ちゃんサリーの二人で"ミー&マイガール"のデュエット銀橋へ。
客席からもノリノリの手拍子
初々しい感じのゆう君ビル彩音ちゃんサリー
すごいイイ感じで、梅芸ミーマイが楽しみになるような演出
でも、、、すごくイイ感じだからこそ、、、泣けてきた・・・
だって、悠河さんビルがすっごい見たかったから
もっと言えば、悠河さんビル以上に、ようこちゃんサリーが見たかったんだよね~
あぁぁ・・・、悠河さんビル「ME AND MY GIRL」は、とうとう叶わなかったか・・・

その後、彩音ちゃんが残ってMC
ザ・宝塚「ベルサイユのばら」登場です。
「さぁ!懐かしい顔が揃いました。
 アントワネット、フェルゼン、アンドレ、そして!オスカルさま!!」

彩音ちゃんの紹介で出てきたのは、
初風諄さん「青きドナウの岸辺」
いやぁ~~~、お歌・・・さすがですね~~~~!
そして、鳳蘭さん 「駆けろ、ペガサスの如く」
汀夏子さん 「ばらベルサイユ」榛名由梨さん 「心のひとオスカル」
そして、4人そろっての「愛あればこそ」
ベルばら競演なんて、当時からのファンの方にはたまらなく豪華なんでしょね~

ここであさこさんのMC
戦前・戦中・戦後を宝塚とともに駆け抜けた春日野先生を紹介
中割幕が開くと、春日野先生初風諄さんが座るソファセット。
初風諄さん司会による、春日野先生とのトークショー
結構たっぷりと時間をとってのトークショーでした。
これがまた最高に楽しかったぁ~
まぁ、できるならこのトークショー第二部に持って行ってもらって、
現役スターさんたちの(っていうか、悠河さんの)
出番をもっと多くしてもらいたかったなぁ・・・なんて思いもありつつ
しかし、このトークショー直前まで繰り広げられていた現役スターさんたち
なんだかまだまだ赤子よねと思えるほど、
まぁインパクト大のトークショーでした
懐かしい作品「ダル・レークの恋」の思い出話では。
船の中で"犯しちゃう"シーンが大盛況(?)で、
両袖にたくさんの人だかりができたのよ、なんて話も
そんな気さくにすみれコードぶっち切っちゃう春日野先生に、
「ピ・ピ・ピ・ピーーーッ」と慌ててピー音を入れてアワアワしている初風諄さんが可愛いし
二枚目ばかりの役が回ってくることに不満だった春日野先生に悪役がやってきた時には
顔に水に濡らしたフィルムを貼り付けてキズのように見せたり、タバコを吸ったりした話も。
「当時、17歳からタバコを呑んでいたのよ、ウフフフフ」
なんて言い出す春日野先生に、再び「ピ・ピ・ピ・ピーーーーッ」とピー音を入れつつ、
「まぁ、もう時効ですわね。」なんてフォローしつつ
笑ったわぁ~
そんな大・大・大先輩の春日野先生が、今の後輩タカラジェンヌに向けてのお言葉
「そうね~。まずは、品格。
 舞台でのお行儀、そして謙虚さ。」

とのこと
その前の話があるだけに、ちょっと笑えるけど
春日野先生、さすがという感じでした。
気さくでいて、キュート、そしてどこまでもタカラジェンヌだなぁ~って

会場がすごく良い感じの雰囲気でトークショーが締められたところに、
下手登場は我らが宙組王子
「春日野先生、本当にステキですね。まさに"白バラの君"です。」
悠河さんが言えば
ようこちゃん春日野先生でトリビアネタ
春日野先生のお父さまは、最初「敷島道子」という芸名を考えられていたそうですが。
 春日野先生は、
 そんなタバコみたいな名前はイヤだなぁ~と思っていらっしゃったんです。」

ちょっと得意気に話すようこちゃんが可愛い。
「へーーー、敷島っていうタバコがあったんですか。」
悠河さん
「"敷島の大和心を人問はば朝日に匂ふ山桜花"
 本居宣長の歌です。
 あら"大和"で大和さんと繋がっていらっしゃいますね

強引なこじつけようこちゃんに苦笑悠河さん
まぁ、台本通りなんでしょうけど、面白い
ここで芸名のお話に
悠河さん"大和"とつけたのは、名前に「大きい」という文字を使いたかったからだそう
名前辞典を開いて、この"大"に合う文字を考えたそうです。
「陽月さんはどうやって考えたのですか?」
悠河さん「陽月さん」呼びが、
なんともイベントに参加しているという感じだわ、なんて思ったり
ようこちゃんは、「華」という名前をつけたかったので、それに合う苗字を考えたそうです
「私たちは今、東京宝塚劇場で最後の公演を務めています。
 今日も今から東京に戻り、また明日から舞台に立たせていただきます。」

すごく立派な王子の姿。
さすが堂々としたトップ姿です
でも、やっぱり「最後の公演」という言葉にビクッと切なくなってしまうのも事実
「ちなみに私たちは、明日 宝くじの抽選もさせていただきます。」
と、宝くじの宣伝の方の忘れません
「TVで全国生放送されますので、是非ご覧になってください。」
TV出演もしっかりアピール
「陽月さん、最後の公演という心境というのはいかがですか?」
「そうですね。毎日宙組の皆と、そして大和さんとご一緒できる幸せを感じながら、
 千秋楽まで大切に公演したいと思います。」

いつものように
「大和さんと」という時には、しっかりと悠河さんのお顔を見つめて。
各組ファンの皆様の前で、「宙組コンビjumee☆myBF4ここにアリをしっかり見せてくれました。
「大和さんはいかがですか?」
「大好きな宝塚の舞台に立てる幸せを感じながら、
 宙組のみんなと、そしてお客様とご一緒できる時間を大切にしながら、
 千秋楽まで頑張りたいと思います。」

そして、悠河さんようこちゃんのお顔を見ながら
「最後まで一公演ずつ大切にしながら頑張っていきましょうね♪」
「はい!」

今回、第一部第二部通して、
いろいろな箇所箇所で各組トップさんたちのMCが入ったわけですが。
コンビjumee☆myBF4でMCを務めたのは宙組悠河さんようこちゃんだけでした
そして、小さなお話を披露してくれたのも、悠河さんようこちゃんだけでした
(あ 水さん"えと文"のエピソード&イラストを少々披露してくれていましたね)
なんか、こういう演出も、愛を感じるなぁ・・・と嬉しくなりました

悠河さんは、最後第一部フィナーレに向けての準備のため、先に袖へ
ようこちゃん一人残ってMCを。
「第一部、フィナーレとなります。
 宝塚を、そして"歌劇"を愛してくださる皆様への感謝の気持ちを込めて。
 そして、宝塚100年へ続く道に祈りを込めて・・・。」

大階段が降りて、「オマージュ~宝塚我が心の故郷」
月組雪組星組花組の男役さんたちで固められた群舞
ユウヒさんきりやんゆみこさんキム君あひちゃんetc・・・。
他ものすごく豪華なメンバーで固められた真ん中を降りてくるのは、轟理事
うぅぅ・・・残念ながら2階席からでは大階段黒燕尾群舞の上の方は見切れちゃう
でも、大丈夫
私の目は、出てきた悠河さんしか追ってないから
めちゃめちゃステキでしたよ~
キリッと決まった群舞
振り付けが少し面白い感じで、見ていても楽しかった
各組それぞれに公演やお稽古をしていてあわせる時間なんてホントなかったハズなのに
特にうちは東京に来ちゃってるし
それでもバシッと決まる黒燕尾群舞
もう、皆さんさすがです
ありがとう
最後の最後に、こんなステキな場面を見る機会を作ってくれて
そして、悠河さんようこちゃん
異常なまでもハードな中
スペシャルに頑張って素敵な舞台姿を私たちに見せてくれて、夢を叶えてくれて、ありがとうふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート

幸せな時間となった、「百年への道」第一部をまずはUP
完全に宙組(=悠河王子ようこ姫)に愛情の偏ったレポとなっております。
不愉快な思いをされた方がいらっしゃったら、ごめんなさい
でも、でも。
どの組の皆さんも、このたった一度のイベントのために、
を込めて舞台に立って下さってました
悠河さんようこちゃんの卒業の前に、
このイベントが開催されたことを、心から感謝いたします
第二部も、かなり豪華で盛りだくさんの内容
えーーーーーと
近いうちにUPできたいいな・・・っと
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2009⁄06⁄15 21:30 カテゴリー:宝塚全般 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。