元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








6月27日 宙組「薔薇に降る雨」「Amour それは・・・」11:00公演 ~会総見~


悠河さんの最後の会総見となったこの日。
いちいち「最後の○○」と考えてしまうのが切ない・・・
幸せなお席にjupieさんYOUママさんと仲良しメンバーが並びのお席
会総見は皆ツボが同じなので楽しい
もう早々に回想シーンやら社交クラブやらから涙涙が。
ダメだ・・・なんか涙腺が壊れちゃったみたい

君島十和子さん一家&スッシーさんの妹さん:達つかささんがご観劇


「薔薇に降る雨」

社交クラブ
飲みすぎのようこイヴェット
「いい加減にしろよ」って言い放つみっちゃんフランシスの怒り度が、
最近UPしているように見えます
悠河ジャスティン銀橋ソロ
最上手席からだと、下手銀橋が良く見えなくて
そんなとき、本舞台に目をやると、みーちゃんアコちゃんカップルのダンス。
これがまた何とも切ないすごーくイイ踊りをしているんです
アコちゃんみーちゃんの背をクルリとして追いやろうとするところなんて、キュンと胸が痛む

回想:山道
悠河ジャスティンが靴のヒールをポキッとして、
ようこイヴェットがヒールのない靴を履いている時
折ったヒールを手の中でポンポンッとしているあの仕草が好き

回想:ダンスパーティ
ダンスパーティは、もうずっとそのまま踊っててっていうくらい好き
悠河ジャスティン率いる男の子チーム→ようこイヴェット率いる女の子チームが踊った後、
カップル勢ぞろいしてみんなで踊るところで
ようこちゃんがカクンッとフロアに手をついたように見えました。
バランス崩したのかしら
ま、その後 何事もなかったように普通に踊っていましたけど

アコちゃんはホントにダンサーなんだなぁと思います
一番上手側で踊っているアコちゃんカップル。
最後のキメッのところのアコちゃんの反りっぷりが、他のカップルと全然違う
背筋が強いんだろうなぁ~
すごい!

回想:デート
悠河ジャスティンようこイヴェットの腰に手をやる感じがすごく好き
「あっちに○○が見えるんだ」って指差してようこイヴェットをエイッと押し出す感じとか。
「絵でも見よう」ってとようこイヴェットの腰に回した手でトントンッとする感じとか。
ただ腰に手を回しているだけなのに、そこに色んな表情がある何気ないところが好き
あぁいうの、女の子がしてもらったら絶対嬉しいもん
少し前まで、ようこイヴェットが初めて腰に手を回されたときに、
ちょっとビックリしたように、
そしてすごく嬉しそうに回されたジャスティンの手を見るお芝居をしていたんですが。
最近、アレ見ないのよねぇ
好きだったんだけど

回想:夜会
みっちゃんフランシスアリスベロニカを連れ出すのを見た公爵夫人
「うちの孫をたぶらかさないで」
みたいなことを、イヴェットママに言います
まったく感じ悪いんだから ←褒めてます
さらに、今年社交界デビューするというようこイヴェットにも
「まぁ、アナタが。それは楽しみだわ。」
これまた嫌味っぽく言ってます。
さすがの役作り

社交クラブ
大劇場公演の時と比べて大幅に役作りが変わったようこようこイヴェット
「送ろう」という悠河ジャスティンに、
「どうして?あなたが?」と問うようこイヴェット
大劇場公演の時のような悪酔いをしていないイヴェットが言うと、
必死でジャスティンを拒絶しているように見えます
再会したら、思いが再びこみ上げてきちゃうのがわかっているから。
あえて冷たい対応をしているような。
「みなさぁ~~ん、私 何かご迷惑をおかけしました?」
大声をあげるのを公爵夫人に咎められて。
大劇場公演の時は、ちょっとふて腐れたような表情を見せたようこイヴェット
東京に来てからは、ハッと口元に手を当てて慌てて謝罪するという感じ。
貴族の娘として、必死で家を守ろうとする意志が見え、それが余計に辛く感じます
大劇場の悪酔いしているイヴェットが好きだったけど、
お芝居を変えた意味が、少しわかるようになりました

街路
このシーンのラスト。
「もう理屈はいい、この頭から消してくれ」
あの熱い熱いKiss
息を飲むって、こういう瞬間のことだよなぁ・・・と思います。
だって、ジャスティンイヴェット下手に行っちゃってからは、ずっと息を詰めてお芝居ガン見
二人がはけて、ようやく呼吸することを思い出した、くらいの勢いです
あの熱いKissも、大劇場の頃は片手は腰をグッと引き寄せて抱きしめてたと思うんです。
今は、完全に両手小さいようこイヴェットの頭をホールド。
さらにグッと左手で引き寄せるところとか。
なんか、とにかくすごい
男役・・・とかそういうことを全部超越してて。
大和悠河ジャスティンの境がわからなくなるんだよなぁ、最近

ジャスティンのオフィス
オー蘭寿男爵とのやりとりを見ているだけで、なぜか涙が出てきちゃうんだよ涙
歌いながら、二人で顔見合わせてクイッと笑うところとか。
なんか、その空気感がすごく良いんだもの
そうそう
悠河ジャスティンが両足をポーンとデスクの上に放り出すヤツ。
あれ、ホントに悠河さんの長い足を最大限に活かしたイイ振りだなぁ~、
って思ってみていたんですけど
あの長い足をシュッとキレイに折りたたんでデスクの下に引っ込めるトコもイイんです

クリストフからの依頼が成立したとき。
オー蘭寿男爵はチョイチョイとようこイヴェットとの関係をけしかけていますけど
このとき、ホントにジャスティンはその気がない感じなんですよね。
「結婚してからじゃ手遅れになる、ですか?」
というオー蘭寿男爵にも、まるで仕事しか興味ないような「え?」を返してますし。
そのクセ、ヘレンからのTELにはちょっと嬉しそうな反応になる
「ヘレン?あぁ、ヘレン
ちょっと口元がほころんじゃったのの照れ隠しに咳払いしてみせたりして
でも、その前の晩はイヴェットと○※▼☆□・・・・
男ってわからないなぁ・・・・

イヴェットの屋敷
「伯爵家なんてどうでもイイ」
というみっちゃんフランシスに言って聞かせるようこイヴェット
「先に生きた大勢の人たちが多大な犠牲を払ってこの家を守ってきたから。
 あなたは次の代にそれをつなげていかなければならない。」

お芝居を見ている私とは別次元で、"この家""宙組"に脳内変換している自分がいる

幸せになるコツは何?わかるようで わからない
 幸せは私の願い けれど一人じゃムリね

なんかこのコーラス涙を誘うときがあるんだよね・・・
いいことばかりあればいいな 楽しいのがいいな

エストールのアパート
悠河ジャスティンまさこエストール
この緊迫した空気っていうのはすごい
あのジャスティンの迫力ったら、
昨年のマッカーサー「黙ってていただこう!」以上なんじゃないかなぁ
あの大柄のまさこちゃんジャスティンの前で小さく見えさえするもの
まさこちゃんの投げ飛ばされっぷりもどんどん上手になっています

イヴェットの屋敷
いやぁ、みっちゃんフランシスの弾けっぷりがどんどん激しいことになっていて
思い切り客席の笑いをさらっていきます
一体何パターンの「Hold me Tight~~~♪」があるんだろ
今日は演歌調
「ほぉぉぉみぃぃぃ~~~~っ。
 たーーーーあぁぁぁぁん、あぁぁぁん・・・ん?」

お隣のjupieさんも、そのお隣のYOUママさんも共に大爆笑

ヘレンのアパート
どうも、ヘレンという女性にイライラしてしまう最近の私
「車を作りたいんだ」
夢を話し始める悠河ジャスティンに、「えぇぇと目を輝かせる美羽ちゃんヘレン
彼が夢を話すのをあんなに嬉しそうな楽しそうな顔で聞いているクセに
話がいざアメリカ行きという自分の身に降りかかると、とたんに顔色が曇る
「母はどうするの?」
結局勇気のない自分をお母さんを口実にしているだけじゃないか・・・と思っちゃう。
ジャスティンは、まぁ・・・フィアンセがいながらイヴェットと・・・っていうこともあって、
それはまぁムムム・・・・って話だけど。
それでもすごいヘレンのことをちゃんと考えてると思うんです。
「不安なら生活の基板が出来てからでもイイ。」
「僕も考えてみるよ、アメリカじゃなきゃできないことでもないだろうし。」

自分の夢とヘレンとの生活と、色々歩み寄って考えようとしてるのに

エンディング
悠河ジャスティンようこイヴェット銀橋を歩くラスト。
本舞台では数組のカップルjumee☆BFandGF4がダンス。
一番初めの悠河ジャスティン銀橋ソロの時に、
切な顔で踊っていたカップルみーちゃんアコちゃんは、
すごく楽しそうに幸せそうに踊っていますふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
楽しげに足を前後に振るアコちゃんの振り付けが好き


「Amour それは・・・」
会総見ということだから、というわけではないと思います。
千秋楽が近づくにつれて、悠河さんの笑顔が本当に幸せそうふるーつ☆Cultivation・ドキドキハートに輝いています
それを見て、幸せで胸がじわ~っと温かくなるのをしっかり感じることができました
幸せすぎても涙って出るんだ・・・涙
超上手席から、指揮の御崎先生の横顔が見えます。
「雨に唄えば」で指揮をする後姿が格好良くてステキだなぁ~って思っていましたが。
今回もとってもステキな笑顔で舞台を、
そしてオケを見ながら指揮棒を振っている御崎先生の横顔に、
思わずなんだかジーーーーン


スパークリング
大ちゃん、頑張ってます
すんごい一生懸命キザったり、客席釣ったり。
多分、方法は模索中っていうか・・・
"やりすぎ"っていうところまで、まずは突き抜けないと、
"頃合の良いところ"ってわからないと思うから
今はアレでいいんだと思います

Amour それは・・・
王子のポエム、すっごいイイよなぁ~。
こういうの、くすぐったくなっちゃう人もいるじゃないですか
だけど、なんか王子のポエムはフワ~~~ンと包まれるような気持ちになるんだよなぁ~
その隣のピンクのページたちもすっごいキュートなお顔をしています

フロリダ
キャーーーーン
蘭とむさん銀橋登場が目の前~~~っ
帽子のツバの奥でこっち見てる瞳がセクシーすぎっ
そして、あの腰
ヤバイっ
センターから登場の悠河さん、相変わらず格好イイしメロメロ
ソフト帽をちょっとナナメにかぶって、
そのすき間からニヤリと色っぽい笑顔と視線を送ってくるあのお顔
「ちゃんと見てるよって感じで、結構たっぷり見てくれるんだもの
思わず息が出来なくなる
悠河さんようこちゃんに自分の帽子を預けて少し後に下がるとき
悠河さんを挟むようにいるみっちゃん蘭とむさんは、
客席に背中を向けて顔を見合わせています
この時のみっちゃんのお顔がぁぁ~
最高にイイッ
後を向いちゃってるから、
多分上手席からじゃないとこのみっちゃんのお顔は見れないと思うんだけど
本当に楽しそうに蘭とむ兄ちゃんと顔を見合わせて笑ってるのだぁぁ
残念ながら蘭とむ兄ちゃんのお顔が見えないのが悔しい・・・

ラモー
白燕尾の悠河さん、すっごい優しい笑顔で客席を見つめます
その優しい瞳と目があって(・・・という気がして)幸せに包まれましたふるーつ☆Cultivation・ドキドキハート
下手からピンクの衣裳で出てくるようこちゃん
このようこちゃんのお顔が、悠河さんを真っ直ぐに見つめてくれていて。
クルックルッと回転しても、瞳は悠河さんから離れないみたいな。
本当にラブラブな素敵なカップルだなぁ~って思います

SHE・・・
会場を包み込むような蘭とむさんSHE・・・には毎回泣かされます涙
SHE=悠河さんの図が完全に脳内で成り立っていて
あるときは春風のように、あるときは木漏れ日のように。
なんでもない毎日を悠河さんが彩ってくれたんだなぁ~って。
悠河王子は、ポラリス(=北極星)のように。
いつも私たちの、宙組の道しるべとして輝いてくれたなぁ~って。
出会い別れ笑顔と・・・。
本当に、全てが愛する思い出です・・・

夢アモール
退団者4名がみっちゃんが愛を込めて歌う中を踊るあの姿は、なんとも表現がつきません。
身体いっぱいに踊る悠河さんの笑顔。
音や空間を感じながら踊っているのが見て取れるようこちゃん
寂しさと幸福感の入り混じったお顔で踊っているえりこちゃん美羽ちゃん
そして、それを優しい瞳で真っ直ぐに見つめている宙組子たち
悠河さんようこちゃんに出会うまで、「宝塚なんてってちょっとナナメに構えていた私
あぁ、この二人が宝塚にいてくれる間に出会えてよかった・・・と思います

ロケット
お気に入りのモンチちゃん
まぁ、あの"顔芸"とも言われちゃうほどのお顔なのが気にはなりますが
まだまだ研3
少しずつナチュラルに修正されると思っているのですが
そのモンチちゃん
ロケットでは6名で踊るとき、ド・センターで踊ってます。
その時のピルエットの回転の早いこと&キレイなこと
見とれている間に終わっちゃうのが寂しい・・・

ヘミル
上手花道からセリ上がってくる悠河さん
ついついこちらを見ちゃうんですけど。
その直前のロケットの子たちのお顔もイイですよ~
セリ上がりの悠河さんを指し示す下級生たちのあのお顔。
本当に自分のトップさんを愛してるなぁ~ってお顔です。
それって。
きっと悠河さんがいつも下級生にまで目をかけ愛していたからだろうなぁ~って思うのです
銀橋を歩き出す悠河さん
優しい瞳で客席を見つめて大きくゆっくりと一つまばたき。
あの瞳と目が合った瞬間、ポロポロポロッ・・・と涙が落ちた。
悠河さんヘミルを歌う中、本舞台では赤いドレスのようこちゃんが。
そのようこちゃんの表情を見ているだけで、涙が止まらなくなります
なんてステキな顔で踊るんだろう・・・

パレード
悠河さん、最後に大羽を背負って大階段を降りてきて。
必ず下手にいる蘭とむさんと瞳をあわせて微笑みます顔文字
どんなときも
たとえ、少しばかり歩きすぎちゃったときでも、
頭をひねってでも蘭とむさんと笑顔で目を合わせます。
その二人の表情が最高にイイ
「今日の公演もありがとう」
お互いにそんな気持ちが溢れるようなお顔です
悠河さんのお辞儀、見ていて気持ちイイ
バサッとね。
誇らしげにあの大羽を羽ばたかせる悠河さんの姿は、いつ見ても幸せだったなぁ
以前から、悠河さん大羽を背負ってのお辞儀はとんでもなく勢いがあったのですけど。
最近は、それが今までの比じゃない気がするんです
もう背負うことのない大羽の感触を身体でしっかり味わっているかのように
スポンサーサイト






ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2009⁄06⁄27 14:30 カテゴリー:東京公演 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。