元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








The Musical「AIDA アイーダ」の瞳子さん


瞳子さん宝塚退団後、女優さんとしての初めての舞台「アイーダ」
初日が開けて翌日の舞台をYOUママさんと二人で観てきました。
お席は想像以上に良いお席で、席に着いた時はびっくりじー&ラッキー犬
宝塚版アイーダ王家に捧ぐ歌
CS放送を観ておこうと思っていたのに、時間がなくて観ることができず
結局、全て初見という状況でのアイーダとなりました。
なので、宝塚版の違いも何もわかりません
会場で売られているプログラムも買ってみました。

「アイーダ」プログラム☆瞳子さんがいっぱい♪

やっぱり宝塚はそういうところで良心的なのね~と。
チケットにしろ、プログラム一つとっても、お値段UPです
まぁ、その分、プログラムも贅沢な作りになっていますが
女の子になった瞳子さん、ホントに美しい

ロビーにはお花花束が沢山ありました。

「AIDA」祝花♪

主役瞳子さんには色々な人からのお花
星組一同あすかちゃん(遠野あすか)・ちえちゃん(柚希礼音)・ゆう君(真飛聖)・瀬奈さん彩吹さん
わたるさん(湖月わたる)・オサさん(春野寿美礼)、
唐沢寿明さん篠山紀信さん神田正輝さん etc・・・。
やっぱりあすかちゃんからのお花が来ているのを見ると、なんか和みます

瞳子さんへのお花



女優の瞳子さん
なーんの違和感もなく、すごくキレイなAIDAを熱演
お歌は、もう言わずもがな。
安定感があるし、伸び伸びとした歌声は健在
現役時代にも、一度女役として取り組んだことのある「アイーダ」という役は、
退団後初の女優デビュー作品としては、
ファンの人にとっても馴染み深くて、親切だったのではと思いました。
瞳子さんファン、あるいは星組ファンの人たちは、
どんな風にご覧になったのでしょう
宝塚の「アイーダ」をご覧になっている人たちは、新しい「アイーダ」を、
どんな風にご覧になったのでしょう

終演後の感想は。
「あー、やっぱり私、宝塚が好きなんだなぁ」
という感じ
一般ミュージカルというものを、あまり多く観ていない私にとって、
キャスト陣の顔馴染みが薄くて
なんとなく落ち着かない・・・っていうのが正直なところ
宝塚の舞台と違って、華やかさとか豪華さとか、そういうモノがウリになるわけではないし注意
出演者人数もものすごく少ないし、だからこそ"群舞"とか"大コーラス"とかがないし注意
宝塚組制度における贔屓目とかがないし注意
(組の団結力に感動~とか。下級生の誰ちゃんの成長っぷりにキュンとか。)
つまり、作品そのものにグッと引っ張り込む力が必要になってくるんだなぁ~と感じます。
周りを固めるキャスト陣は、さすがその実力で舞台に立っている人ばかりという感じで。
観ていてとても安心感があります
特にリアル男性が出演されている分、やっぱり殺陣ダンスの迫力は言うことナシッスゴイ
圧巻という感じでした

舞台の大きさが、宝塚の舞台と比べてグッと狭いのに対して、
舞台美術が結構大モノで、ドドンとピラミッド置いてみました▲建造物:ピラミッド。みたいな
そのピラミッド▲建造物:ピラミッド。が若干転換したりするんだけど、案外単調というか・・・
舞台の変化がないので、観ていて少し飽きちゃうなぁ・・・みたいな印象です。

<瞳子さんアイーダ>
一番ドキドキしちゃうのは、やっぱりラブシーンのあり方jumee☆LoVe1
・・・ってソコ
ラダメスとのラブシーン
kissシーンはあったけど、いやらしさがナイっていうか、すごい爽やかな感じで
これならファンの人も嫌悪感抱くこともないんじゃないかなぁ~って
でも、とにかくいっぱい抱き合ってましたね

初日明けて2日目。
まだ舞台衣装にもなれていないのでしょう
瞳子さんのお衣装、シフォンぽい感じの生地で、裾が裂かれたようにカットされているのですが。
靴のヒールに裾がひっかること、ひっかかること
瞳子さん、度々ケンケンしてました
瞳子さんアイーダ
とても女性らしい甘い表情を見せたり、こわばった表情を見せたり、悲しい表情を見せたり。
非常に表情豊かに表現されて、すごく良かったと思います

伊礼彼方君ラダメス
すごい若い伊礼彼方君
出てきた瞬間は、瞳子アイーダとの釣り合いが「ん?」という印象もありましたが、
すごく包容力があって、瞳子アイーダを抱きしめるところとか。
瞳子さんがすっぽり入っちゃうあの胸板に、あの美形な甘いお顔立ち
ドキッとしますよね
でも、始終上半身裸ってね・・・なんか少しこそばゆい
ガッチリ筋肉な胸板は、すっごいカッコイイです
そして、ダンスもジャンプ力が高くて、すごいパワフル
瞳子さんとのデュエットの相性も良かったです

ANZAちゃんアムネリス
可愛くて、でも気品があって
透明な歌声もすごくステキでした
王女としての凛とした感じと、ラダメスを愛する愛らしさとふんわり
両方を上手に併せ持っていて。
特にラスト
愛するラダメスを処刑しなければならない悲痛な想いは胸に迫り、ウルッとさせられました。

他のキャスト陣たちは。
沢木さんアモナスロ、なんかすごい濃い~キャラで。
「鳩ちゃん、鳩ちゃん」って狂気を演じているところなんかは、気味悪いほど
宮川さんウバルド野性味溢れるっていう感じ。
まぁ、何よりビックリしたのは。
二幕で登場してくる陽色萌さんのものすごいセクシーなお衣装。
なにもそこ・・・そこまでのTバックじゃなくても・・・
って、陽色萌さんって、元ジェンさんなんですね。

まぁ、これからはきっと宝塚以外の舞台を見にいく機会も増えていくだろうし。
より忙しくなるわ~という感じなのですが
改めて、宝塚ってすごいよなぁ・・・って振り返る良い機会でもありました
だって。
宝塚って、この手の作品を作るのに、一ヶ月程度のお稽古で舞台に上げるんですもんね~
さらにこれにショーがついてくるわけだし。
でも、それができるのも「組制度」があって、
お互いにコミュニケーションが取りやすい環境が整っているからなのでしょうね~
うん、やっぱり宝塚って、独特の世界だわぁ~
スポンサーサイト







2009⁄08⁄30 20:30 カテゴリー:瞳子さん☆安蘭けい comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。