FC2ブログ

 元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
NOW ON STAGE:東京大劇場公演「Passion愛の旅」


「ショー”Passion愛の旅”はどうでしたか?大劇場では。」
という悠河さんの振りからショーのお話がスタート
面白かったね。
色んな場面があって。

など、思い思いにお話する皆。
とても宝塚的なショーに仕上がっている今回の「Passion愛の旅」
宙組ではずっとちょっと違ったタッチのショーが多かったということで、
宝塚らしい燕尾で始まるショーは珍しいというお話。
やっぱり男役さんの燕尾から始まるオープニングというものは
出演している皆にとっても神聖なものなんですね
「男役が黒燕尾から始まるっていうのが、なんか初めてというか。
 だから下級生もすごく振り付けの時から気合が入っていたのを思い出します。」

とお話する悠河さんですが、
その悠河さんがこの燕尾の場面に出ていないというのが何とも残念です・・・



「Passionの唄もすごく覚えやすくて♪」
という悠河さん
ホントにその通りですよね~
公演が始まる前から、
「帰りには唄を口ずさんで帰って欲しい」っていうようなコトを話していたのを思い出しますが、
まさにその通りの感じで
公演帰りにも歌ってるし
お家でお料理したりお掃除したりしながらも、実は結構回ってたりします
「あのね、お客様ね~。
 ”Passion にゃにゃにゃにゃ~にゃ、Passionにゃにゃにゃにゃ~にゃ”って。」

轟理事、よくご存知で
それを聞いた悠河さん、大爆笑です

NOW ON_Passion vol.1

いやぁ、、、すみません
その通りです
「えっと、そこはしっかりわからないのかな。ま・まずい・・・」
と軽く胸を痛めるのはまりえ組長さん
でも、ジェンヌさんたちも結構間違えているようですよ
「よくよく間違えます・・・。私も途中で一日だけわかんなくなっちゃった日があって。
 えっ・・・?って。
 わからなくって、一緒に歌ってるマサミに。
 見て(目で)、何?何?って言ったら、大きい声で歌ってくれて」

そんな風に白状したのは悠河さん
どこの男役さんの声かと思った
そういえば、マサミの声しか聞こえない日があったよね
むっちゃ太い声で、皆でわぉ~って。
どっちが歌ってるかわからないくらいの男役バリの声が
なんだ、タニが止まってたんだ
いやぁ、何だったっけかなって

一通り、皆で大盛り上がりとなりました

そしてお話は大空の場面に。
「ホントに舞台に行ったらセットが何もなくて、
 斜めにシューッというのだけで、うぁわ~♪って。
 だから踊ってるとすっごい気持ちイイんですよ、舞台一面何もなくて。
 ただ、すごくシンドイはシンドイんですけど、気持ちイイです。」

そうお話する悠河さんですが、大空の場面はホントに気持ち良さそうだもん
シンドイだろうなぁ~っていうのもわかるけど、
皆がキラキラの汗をかきながら楽しそうに踊っているのを見てると、
こちらも気持ちよく楽しめるんです
「マサミがすんごい雰囲気が良くなったの。
 昨日褒めてあげようと思ってすっかり忘れてたわ」

轟理事に褒めてもらって、とっても嬉しそうにする美羽ちゃんが可愛い
「セリが上がっていって二人で踊るんですけど、
 そこがなんか雲の上で踊っているみたいな感じで。
 ちょっと怖かったりもするんですけど」

フフフ、悠河さん、ちょっと高いところ苦手なのかも
前作「バレンシア~」のオープニングも、
高い台の上での踊りを少し怖がってたという話を聞いたことがあります
まぁ、結構な高さがありますから、高いところが苦手でなくても怖いかもしれませんよね
そんな爽やかな空の場面を見ながら、
轟理事は半分歌いながら半分踊りながら 花道でスタんばってるそうです
轟理事、下級生の頃から色濃い場面が多くて、爽やか系は回ってこなかったそうです
「お稽古場からイシちゃんね、ずーっと唄ってらっしゃいましたもんね。
 ”いいね、この場面”って言ってね」

スッシーさんの振り(?)を受けて、轟理事、歌ってました
しかも振りつき
「飛んで行くぅ~
・・・
ホントにやりたいらしい

NOW ON_Passion vol.2

続いて砂漠の薔薇の場面のお話。
悠河さん「イシさんの次の場面も不思議な感じでしたね、皆さん衣裳着けて踊ったら。」
東京公演では、この薔薇の演出が変更になるとのこと
大劇場公演では、キレイな薔薇の方にラメをつけたりしてあったようだけど、
遠目には枯れた薔薇との違いがわからなかったみたいという理由から、
今度は花びらが散って消えモノになるそうです。
枯れた薔薇がわからなかった、ということはなかったけど、
確かにあの花びらが散ったらまた印象がグッと変るかも
轟理事「ね!聞きたかったの!
     まりえちゃんがセリ上がりしてきた時とセンターで"ほら~"ってやった時。
     あの照明っていうのは?」

まりえ組長さん「あぁ、なんか七色に」
轟理事「!変ったよね?自分の目がおかしいのか?記憶が飛んでたのか?と思った」
そうなんだ
私自身も、あの虹色の照明に気づいたのは、
公演が始まって一ヶ月以上経った2回目の公演の時で。
人の記憶って危ういものだわなんて私自身も思ったけど。
なんだ、もともとは虹色じゃなかったんだぁ~。
どうやら、ブルーライトが来た日があったり、赤っぽい日があったり、
照明さんも色々お試ししていたようです
轟理事「私を誘うときにブルーがグワァ~ッと顔にあって。
     そこまでしなくても充分妖しいです・・・」

まりえ組長さん「いやいや、きっと爽やかなんだわ(笑)」
あはは
みんな笑ってますけど

「で。熱く始まると思いきや、三人でナンパしまくってますね~」
と、轟理事の振りで中詰めのお話に。
「あそこ、銀橋を三人で通るときにお客様にちょっとかけたりするんですけど。
 私が手を差し伸べるんですけど、たいていの人は「う、うっ」ってひいちゃうんですね。
 でもある日、ホントに持ってくださる人がいて、
 舞台にお乗せしようかと思う日もあったんです。
 そんなお客様の反応も毎日新鮮で♪楽しかったですよ☆」

私たち観客もすごい楽しい場面を、悠河さんも楽しいって言ってくれるのって嬉しいなぁ~
スッシーさん「花道でも熱い方が一人いらっしゃいますよね。」
まりえ組長さん「私もいつもね、発見するの。銀橋をグルッと皆で回ってるとね。」
スッシーさん「白と黒の・・・。」
まりえ組長さん「そう、すごい熱く踊ってるのね」

うそぉ~、轟理事
そこでも踊ってるんだ
悠河さん「えーーー、そうなんですかぁ?えーー、知らなかった~」
轟理事「知らなくていいわよ」
悠河さん「え!見ようっ♪」
・・・見れるのか

NOW ON_Passion vol.3

みんなでフィナーレナンバーのお話を一通りしたあとは
お待ちかねのあの場面
「男役さんが銀橋でバッと終わるし。で、その後はニョニョニョが出てくるし。」
轟理事に指指されたのは悠河さん
なんと
東京公演に向けて、悠河さんは新たなカツラを用意されたんですって
ちゃんと轟理事にも見てもらってチェックしてもらってるそうです。
「何でも似合いそうっていうのがあって。
 外国のファッション雑誌とかを見て、日本人の発想では多分思いつかないであろう、
 多分似合わないだろうというモデルさんたちでも、
 大和君だったら絶対それをかぶりこなせるだろうし」

男役でありながら、こんなにマメに色んなカツラを用意するのも珍しいと、轟理事も絶賛。
外国のファッション雑誌からアイディアを持ってくるというのは、さすが悠河さんだよなぁ~
舞台用のカツラは、
型崩れしないように固められる形であること、そして脱着がスムーズにできること。
そんな条件があるそうで、そういう中で作っていくのは難しいのだそうです
「せっかくの女役なので楽しみたいな、と思い。いろんなのをかぶってみたいなと思って。」
そう話す悠河さんから、
東京公演では別バージョンをお見せできるのではと宣言がありました~
このシャルマンのシーンは、演出の先生からも「粘っこくやって」という指示があったそう。
悠河さん「もっとネバ~ッと!って、ずっと、ずっと。」
轟理事「でも不倫じゃないからぁ~!って」
そんなお稽古の甲斐あって、色っぽく
言われてみれば粘っこいシーンに仕上がってました
そんな色っぽい悠河さんですが、やっぱり奈落では・・・
轟理事「相変わらずスカート持ってガッシガッシと。」
悠河さん「マサミと一緒で、ガーーーーッと来て」
奈落到着で轟理事に指差しチェックされて、あわわわわ・・・って慌てて閉じてるそうです

NOW ON_Passion vol.4

結局、最後に男役に戻って組むところについては、
悠河さん轟理事も自分たちでも不思議だなって思いながら、
"お客様の想像にお任せして"不思議な感じで通すみたい。
うむ。結局最後まで謎のままか・・・

全体を通しては、宝塚的であり、大人っぽく
そして、まりえ組長さん「Passion納豆の旅」と命名したように、粘っこく
プロローグで納豆菌を振りまき
大空の場面では水分を加え
中近東の場面で発酵させ
中詰め辺りではイイ発酵の具合になり。
納豆菌がネバーーーッとなっているフィナーレナンバーに行って。
二人のデュエットの時なんかはホントに出来上がりいただきます

NOW ON_Passion vol.5

この後、マリエ組長さんの卒業のお話とようこちゃんのお話となりましたが、
長くなりすぎたのでこの辺で一度・・・
スポンサーサイト









ジャンル:学問・文化・芸術 テーマ:スミレ話@宝塚歌劇団
2008⁄04⁄04 23:59 カテゴリー:CS:宙組 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

03 | 2020/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2020 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin