元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








宙組「カサブランカ」 11/30 12:00公演&12/1 16:30公演


悠河さんが卒業してから、蘭とむさん「逆転裁判」バウホールには来たけど
大劇場の方に足を運ぶのは初めて
新人公演に合わせての遠征です飛行機
なんとなく浮足だった気持ちと、ちょっぴり切ないような気持ちと
なんともくすぐったい気持ちを抱えて客席へ

映画「カサブランカ」の舞台化ということで。
観劇前に映画を観ておこうって思っていたんだけど。
まったくもってそういう時間がとれず手書き風シリーズ汗1
結局のところお話とかもほとんど知らない状態での観劇となりました・ため息
名作と言われる「カサブランカ」ですが。
その楽曲とか名セリフは知っているものの、ストーリーって知らないのよね

開演前の舞台。

新生宙組大劇場お披露目公演
前任トップさんファンとすると、なんとも形容しがたい気持ちであるのも正直なのですが
最近では、悠河さんのセカンドステージの活躍が楽しみになり
ある意味、純粋に宙組を応援したいという気持ち。
今までは、ずっと悠河さんロックオンっていう感じでね
なかなか下級生たちを観てあげられなかったし
そんな偏った見方ではなく、舞台全体として「大好きな宙組の舞台を楽しめた」という感じです。


新人公演観劇前に、本公演2回を観劇しました。
宙組 「カサブランカ」 11月30日13:00公演 2F7列サブセンターブロックにて
宙組 「カサブランカ」 12月01日13:00公演 1F24列センターブロックにて


舞台全体としては、"明るい"感じでは全くなく手書き風シリーズ汗1
作品の性質上、舞台美術的にも衣装的にも、あまり明るい色が使われていないので
とても大人っぽい印象で、落ち着いた感じです
ユウヒさんのお披露目として上手くハマっている感じです
悠河さんがいた頃のキラキラッっていう宙組とは違うけど。
あのキラキラを経て、大人に成長したという感じの宙組・・・っていう感じかなぁ
キャストとしてのお話は、後述するとして
すごく印象的なのは、やっぱり舞台美術作りかな
映像の使い方がとてもイイ感じで
盆の使い方なども含めて、とても立体的な感じで良かったです
今回の観劇では、2F席1F席の両方から観ることができ、
どちらもそれぞれの楽しみ方ができる舞台づくりが面白いですお?

もうひとつ、絶対書いておかなければならないことは注意
宙組のコーラスの良さ
まとまり感、広がり感、力強さ。
この宙組の大コーラスが、結構随所に出てくるので。
そのたびに、ゾワゾワと鳥肌が立ちます
やっぱり、ことコーラスにおいては、
の右に出る組はないんじゃないかなぁ~って思うのだなぁ♪

キャスティングとしては。
まぁ、上手くハマっていると思うんですけどね
クールクールで、だけどどこか底に熱い炎何かをもっているという感じのリックユウヒさん
大人な熱さ頑張るぞ。おーっ。 優しさハート 包容力LOVE を持っているラズロ蘭とむさん
芸達者なjumee☆point1aみっちゃんが演じるルノー大尉
悪役で悪魔ハート メチャクチャ格好イイ シュトラッサー少佐ともちん
落ち着いた女性アップロードファイル の感じが上手く出ていたすみ花ちゃんイルザ
でも・・・矢印
主要メンバーキャストはそれくらいのところで
上級生であっても、全然役らしい役じゃなかったりして、物足りない印象もあったりして顔
でも、舞台上には常に人がいっぱいいるような感じだから、
もうちょっと観劇回数が増えたら、見方が変わるかな

ユウヒさんリック
なんていうか
アテ描きかと思うほどに、見事ハマってましたね
前回の博多座公演茨木も、ユウヒさんにハマってるなぁ~って思いましたが。
すごく作品に恵まれているなっていうのを感じます。
でも、やっぱりちょっと気になるんだよね、ユウヒさんのしゃべり方
舌が長いのか短いのか。
見慣れたら、聞き慣れるかな
お歌は、上手で
ヒヤヒヤすることなく (←って誰のコトかな) 安心して聞いていられますにこ
すごく難しいだろうなぁ~っていうメロディラインも、巧みに歌いきってましたし。
すみ花イルザとのデュエットも好き
幕開き上手セリ上がりのトレンチコート姿
煙草たばこをくわえる口元もやけに色っぽかったりするしポッ・・・
銀橋を歌いながら歩いたあとに、ポイッと投げ捨てる仕草とかも、カッコ良かったアップロードファイル
ハートクールな男。
ハート愁いのある男。
ハート渋みのある男。
そういうの、ホントにユウヒさんの為にあるような気がしますよ
美しさの性質は、悠河さんと全然違うんだけど、やっぱりキレイ
あまり笑顔を見せない、世の中に冷めちゃった感じのリック回想シーン
過去でイルザに恋をするユウヒリック「恋しちゃってますっ♪」っていう笑顔とか。
すみ花イルザと手を繋いで銀橋を走る姿が愛らしいにこっ
この演じ分けがイイ感じですね
すみ花イルザを抱きしめる姿が好きです。
ユウヒさんの手が長いのか、すみ花イルザの背中に回したあの腕というか手のニュアンスに、
キュン胸キュンときます。

すみ花ちゃんイルザ
これはもうねぇ・・・かおまる
すみ花ちゃんがどうこうっていう以前に
"イルザ"という女性が理解できない
イイ男二人のどちらにも「愛してる」って怒
はぁ????イラって感じで。
「もうどうしていいかわからない」ってユウヒリックの前で泣き崩れる姿とか。
観ていてイライラしてしまってぐちゃぐちゃ
だから、、、すみ花ちゃんごめんねごめん
どうにも好意的な目で観てあげられなくて汗
お芝居上手さんというのは、博多座公演を観てハッキリ認識していたのですが。
泣き姿とかが、上手いからこそ
イライライラ・・・・ぐちゃぐちゃ
もう少し経ったら、冷静に観れるかなぁ

蘭とむさんラズロ
真っ直ぐに完成されちゃってるっていうか
成熟しきっちゃってるっていうか
「逆裁」の熱さ全面っていうのと真逆で。
抑えた力強い熱さファイト とか、すみ花イルザに対しての優しさハート とか。
ものすごく格好良くて 惚れ惚れ と大好きなんだけど。
出来上がっちゃってる感が強いんだなぁ
細かいところもすごく作りこんでて
地下集会に向かう前の、銀橋でのすみ花イルザとのシーン。
別れ際に、繋いだその手をクッと一度強く握りしめるトコとか
地下集会で追われてリックカフェに逃げ込んできたところで、
警察に踏み込まれて手錠をかけられちゃうとき。
ケガした左手に手錠をかけられる瞬間に「イタッ!jumee☆hurt1aっていう表情をするトコとか
いちいち、好きLOVE
なのですが
セリフを歌で語る、みたいなのが苦手でjumee☆faceA175
あの地下集会の場面。
「いまもファシズムと闘って命を落としている同志たちのために祈ってください。黙祷。」
みたいなヤツを歌っちゃうトコ
なんでソコ、歌っちゃうかなぁ・・・トホホ みたいな。
普通にセリフにして欲しかったよ・・・えww

みっちゃんルノー大尉
正直、今回私的に一番イイの、みっちゃんかも
とっても難しい役だと思うんですけど、
器用に演じているみっちゃん「サスガ!を感じずにいられませんでした。
小手先の芸だけに頼らない演技力もあるし
すっごい肉厚な肉布団を巻いて、小ズルいエロオヤジ想像大尉
でも、最後はすごくイイとこ持ってくんだよね~
ラストシーンの「犯人を捜し出せ!」に思わず泣いちゃったもんねなきべそ
始終調子のイイ、ズル賢い中年オヤジなんですけど
カッコイイんだよなぁ
しかも、面白い
歌ウマみっちゃんのお歌のシーンはあまり無いので残念なのですが
ソロ歌の一場面は、みっちゃんのお歌堪能できます
最後に煙草たばこをくわえながら歌うあの感じがカッコいいですっ

ともちんシュトラッサー少佐
悪役です迷彩服

めちゃくちゃ、カッコいい~~~っ
あのドイツ軍の制服の似合うこと似合うこと
あの大きな体にスマートに合っているんです
そして、あの髭
髭面じゃないともちんのお顔を忘れそうになるくらいすごく自然にお髭が生えていて
なんていうかなぁ。
悪役だけど、上品なのね
そして、ともちんはお目目の形がとてもキレイで。
そのお目目で眼光鋭くギロッと見られるとドキッとする。
正面から睨むというよりも、口元のお髭をムニッとゆがめながら、横目で睨む姿
ホント、悪ですよ~
そんなともちんシュトラッサーですが。
最後はユウヒリックに撃たれて死んじゃいますの
ともちんお披露目公演のたびに殺されちゃうのねかおバレンシアの熱い花

まだまだ色々書きたいキャストもあるのですが
ボリューム膨らみすぎちゃったので、ひとまずこの辺で
が・・・
一応、要チェックのモンチちゃんのことは書いておかないとね
「駅員」という役に、観劇前はちょっとショボン・・・がっくりって感じだったの。
だって、同期のリク君愛月ちゃんも役名もらってるのに・・・って。
でも
実際に舞台を観たら、色々ビックリ
「リスボンまで乗せてくれ~っ!」の叫びはモンチちゃん
2年前、「パパって格好いいね。」って叫んでた少年からの成長っぷりを観たら嬉しかった
しかも
歌、ソローーーーッアップロードファイル
リックのカフェの場面冒頭、萬さんサムの歌を歌い継いでのソロ
「待って待って、待ち続けて、永遠に出られない」
上手~~~
眉毛が完全に八の字になっちゃってるのも、モンチちゃんらしくてイイ
グレーのスーツで一人飲んだくれているモンチちゃん
実は、メイン役(?)の駅員さんより、こっちの方が好き
だって、駅員さんモンチちゃん、まるで中学生(笑)
ま、モンチちゃんの学ラン姿が見れると思ってませんでしたけど


ショー好きな私にとって、一本モノっていうのは、どうにも物足りなくて仕方がないアップロードファイル
しかも、ショーの作り方も
なんか、消化不良って感じなんだよねぇ
一本モノでも、「太王四神記」ショーとかはすごい良かったんだけど。
なんなら、「逆裁2」フィナーレショーの方が楽しめた、っていうくらい。
でも。
ダンサーな蘭とむさんを堪能できて、これは嬉しい
だって、あれそれでイイのっていうくらい、ユウヒさんの"ないがしろ感"が
あまりダンサーではないユウヒさんが全面に出てくるよりは、
すっかり蘭とむさんに任せちゃってるこんな作り方の方が、見てても安心ですけどね
全員リック(笑)のダンスとか、すごい好き~ぽ…v
ショーのスタートは、みーちゃん大ちゃんカチャ三人口銀橋
銀橋中ほどでは、カチャセンター位置に入ります。
ちーちゃん・・・。
なんか、苦い現実を突きつけられた感じで切ない涙
その三人がハケたところの本舞台は、ロケット
お衣装は、新調かなぁ
すっごい上品な感じで、好きなお衣装です
でも、お芝居で出てくるカンカンが豪華すぎて、ロケットとしての仕上がりは、ちょっとつまらないかな。
ロケットセンターりく君
短いソロ的振りもあるし、最後はスポットライト当たってるし
大活躍なりく君です。
もともとすっごい踊れる子だからね~。
その後、ムーア人の戦士のダンスは、大人なキラキラが溢れてます。
もちろん、蘭とむさんがカッコいいラブ
蘭とむさんのターバン姿、好きなんだよね~
娘役大階段の中を降りて来るユウヒさん
大人な雰囲気がステキなんだけど、なんでこのお衣装なんだろう・・・はてな
ワイン色のベルベット地のジャケットで、素敵なんだけど・・・
その前のキラキラなムーア人や、そのあとの白ジャケの男役群舞に飲まれちゃいそうで
トップさんならではのキラキラ衣装が良かったなぁ~
デュエットダンスのお衣装は好き。
黒というか、紫がかった黒のお衣装がキレイです
リフトの最後、すみ花ちゃんを降ろすとこは、もうちょっと安定感が欲しいところですが
すみ花ちゃんと組んで踊るときのユウヒさんの笑顔がイイですね
個人的に嬉しいのは、パレードの時のWトリオのコーラス上手にモンチちゃんの姿
今回はお芝居からフィナーレから、歌押しのモンチちゃんが楽しめます
スポンサーサイト







2009⁄12⁄01 18:00 カテゴリー:カサブランカ comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。