元宙組トップスター:大和悠河さん大好き♪悠河さんの古巣:宙組も引き続き熱烈応援中のウキウキなブログです♪
スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。






--⁄--⁄-- --:-- カテゴリー:スポンサー広告
▲pagetop








「カーテンズ」 2/7 18:30~公演


「カーテンズ」二回目の公演を観てきました
いやぁ・・・・。
昨日の初日というのは。
やっぱり初日ならではの硬さもあったんだと思います
だって
二回目公演の方が断然良かった
さすがよね
悠河さんって、そりゃもうちゃんとやってくれる人だってのはわかってましたけど
一回目よりも二回目、二回目よりも三回目。
常により良いものを求めて舞台に立つ人だってわかってましたけど
これほどハッキリそれを感じれたっていうのもスゴイッ
いやぁ~、良かった

・・・って
二回目観劇をする前までの私を知っている人には。
「どの口がいうか!」
と叱られそう
だって
二回目終演後の自分の感想が、あまりにも初日と違っていて
自分で自分に笑っちゃったんですもの

で、どのくらい良かったかって言うと。
帰路、東京駅まで帰ったのに
まっちゃんからTELがあって、
そのまま有楽町まで逆戻りして
二人で飲んで帰ってきちゃったくらい

どんどん良くなっていく「カーテンズ」が嬉しくて、乾杯☆

なんか、この二回目の変化について、誰かと話さずにはいられないくらい
ググッと良くなっていたという興奮は、
飲まなくちゃすまされなかったんですものぉ

まっちゃんと二人で有楽町高架下でご飯☆



なんて言うのでしょう
何が変わったって言うんじゃなくて、カンパニー全体の雰囲気がほぐれたっていう感じ
悠河さんだけじゃない
二回目を観てから言えることは、やっぱり初日の公演は、
ヒガシ君をはじめ、あの鳳蘭さんでさえ緊張されていたんだろうなぁ~ということ。
鳳蘭さんは、二回目公演では
セリフをつっかえてたり、歌詞を忘れちゃったりもあったんですけど。
それを払拭できるほどに、初日以上に良いテンションだったし
カンパニーのまとまり感が見えるような雰囲気があって
一番ソレを感じたのは、フィナーレナンバーの時。
ヒガシ君を中心に踊るのを、女性キャストたちは後ろで見ていたりするんですけど。
その時の後ろの雰囲気がすごい楽しげで良かった
なんなら、悠河さんも踊らせて欲しかったけどね・・・

悠河ニキの声は、相変わらずあのソプラノです。
それを受け入れる・・・っていうか、慣れるのにはやっぱり時間はかかりそうだけど
でも、音響ボリュームも少し上がっていたのかもしれないけど、
悠河ニキの声は、あの裏声ながら、初日よりも少し落ち着いて聞けました。
・・・って、私自身の覚悟があったからかな

他の実力派揃いのキャスト陣に比べたら、悠河ニキのお歌とかね
ハハハ・・・ってコトも、ありますさ、そりゃ
でも、悠河ニキの機微が見てとれるような感じになっていたし
   これは、私自身が2度目の観劇で、ストーリーがわかってきたから、
   単にそこに目が向くようになった、という理由なのかもしれないけど
   悠河ニキ初日から表現していたのかもしれないけど。
そういう意味では、やっぱり観劇って1回じゃぁダメだなぁ・・・ってコト。
でも、その反対に。
世の中の多くの人たちは、観劇は1度しかしないもんじゃないですか
だとしたら
その一回で、善し悪しを判断しちゃう人だっているという、厳しい世界だなぁとも思います。
演出家キャストたちも、その一回でちゃんと伝え切れるようにならなくちゃいけないって思うし
でもやっぱり。
是非是非、色んな人に一度だけじゃなく、二度三度見て欲しいなぁ・・・と思います。

演出も、すでに二回目で変わったトコがあります
一幕最後の幕降り。
初日の幕降りが、ちょっと微妙な感じで
客席は拍手タイミングがわからなかったんですよね
「え、、、ココで拍手するのって、ちょっと微妙・・・・」って
そしたら
二回目公演では、一幕の幕降りで、ヒガシチョーフィのセリフが加わった
あ、コレで拍手できる
この演出家の早々の対応に拍手です

あと
2幕終盤のヒガシチョーフィ悠河ニキとのKissシーン
初日では、ヒガシチョーフィが客席側に持った帽子で二人のお顔を隠してましたが。
二回目公演では、隠さずにKiss
わぉ
私個人的には、ヒガシチョーフィ悠河ニキのほっぺに手をあてるあの仕草にクルなぁ~
アレ、好き

というわけで
二回目にして、少しずつ変化を見せている「カーテンズ」です。
悠河ニキにおいていえば、俄然良くなっているといっても。
まだまだ課題もあるよなとも思います。
例えば、私から見ていると。
悠河ニキヒガシチョーフィに恋するっていうのが、あまりにも唐突に感じられるので
もうちょっと、どのタイミングで恋が始まったのかって見てみたいし。
悠河ニキのコメディの部分も、もっともっとやれると思います
これから3週間後の千秋楽までの間に、いったいどんな変化を見せてくれるのか。
楽しみで仕方ないという感じです
スポンサーサイト







2010⁄02⁄07 23:59 カテゴリー:CURTAINS:観劇 comment(0) trackback(0)
▲pagetop












コメント




コメントを投稿












管理者にだけ表示を許可する



トラックバック


trackback URL


| HOME |

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近の記事


最近のコメント


カテゴリー


パスワード設定記事について

パスワード記事に関しましては、実際にお顔合わせをしたことのあるお友達、およびブログ内コメント欄やBlog拍手でのコメントやり取りのおつき合いのある方のみPASSを発行しています。
下記メールフォームよりご連絡ください。
「はじめまして」の方はまずBlogにて仲良くして下さいませ。

月別アーカイブ


リンク


プロフィール

まゆ

Author:まゆ
2007年秋、
初めて宝塚の舞台に出会い、
以来宝塚大好きです。
特に宙組、特に大和悠河さんLOVE☆
コメント大歓迎!
宝塚のお話、色々できたら嬉しいです。
<大~好き★>
宙組:大和悠河さん
<好き☆>
花組:真飛聖さん
雪組:水夏希さん、音月桂さん
宙組:蘭寿とむさん、陽月華さん、悠未ひろさん、寿 つかささん
<気になる♪>
宙組:北翔 海莉さん、七帆 ひかるさん
星組:安蘭けいさん、遠野 あすかさん


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


ブロとも申請フォーム


ブログ内検索


RSSフィード


FC2カウンター


▲pagetop



Copyright © 2017 越望-Cosmo-Diary. All Rights Reserved.
template by nekonomimige material by blannoin
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。